ビットが外れなくなった時の修理法(ビットの抜き方)【電動工具】

インパクトドライバを使っていると、ビットが噛み込んで外れなくなることがあります。

今回はビットが取れなくなるメカニズムの解説と、取り外しのテクニックを紹介したいと思います。


ビットはどうやって固定している?

bit10

電動ドライバのビット固定部はどこのメーカーでも同じような構造をしています。ビットの固定に使われる重要な部品はアンビル・スリーブ・スチールボールの3つです。

bit1

写真は電動ドライバーに差し込んだ時にビットが抜けないようにするための溝。この溝がビットを固定するキーポイント

ビットを固定するためのメカニズムを簡単に説明すると、まずビットを刺すとアンビル内部のスチールボールがビットの溝に入り込みます。そして入り込んだスチールボールをスリーブで押さえつけけることによって、ビットのくぼみに入ったスチールボールが浮き上がらなくなり、ビットが抜けないよう固定されます。

teamonforsakura_no-0000

ビットの窪みにスチールボールが入り込んで、スリーブで上から押さえつけることによってビットは抜けなくなる。

teamonforsakura_no-0001

ビットを抜くときはスリーブをずらすことで固定されたスチールボールがビットのくぼみから浮くようになり、ビットも抜けるようになる。

ビットが取れなくなる原因

ビットを噛み込まないようにするには、変なビットを使わないことです。

特にメーカー名もわからないような激安ビットなどはよく噛み込みます。また、高級ビットを使っていても、錆びていたり大きな傷の入ったビットを使用すると、ビットが取れなくなる原因になります。

ネット上では「ビットが抜けなくなった」という質問に対して、様々なビットの取り外し方の解説が見つかります。ですが、ベストな方法があるといういうわけでもありません。ビットが外れなくなる原因にも様々な理由があります、外れなくなった原因に対して最も適切な方法で取り外すのが一番なのです。

そんなわけでビットが抜けなくなる原因には様々な理由があるんですが、大体の場合、アンビルとビットの噛み込みスチールボールとビットの噛み込みという2つの原因に大別することができます。

 アンビルとビットの噛み込み

teamonforsakura_no-0016

最も多いのはアンビルとビットのカジリでしょうか。この噛み込みは、六角が当たる部分とアンビルが強く噛み込んでしまうために、ビットが抜けなくなります。

主な原因は、変なビットを使った・アンビルの中に異物が入り込んでいた・アンビルの寿命などが挙げられます。

取り外し方

この噛み込みは、ビットの角とアンビルの角が噛み込んでしまうために、ビットが抜けなくなってしまっています。そのため、噛み込んだビットを外すには噛み込んだ方向と逆の回転を加える必要があります。

具体的には適当な廃材打ち込まれた木ネジを緩めたり、ビットをバイスで固定して逆回転方向に軽く打撃させる事で簡単に外れます。

バイスでビットを挟んで打撃させる場合、強い打撃を加え続けるとバイスの口金が痛むので注意しましょう。ビットを固定するものがない場合ペンチやプライヤでもOKです

bit2

写真は参考図。写真では口金にゴムがついているが実際はゴムのついていない金属むき出しの状態で挟むのが望ましい。あまりにも強く打撃させ続けるとバイスが痛む(口金が傷つく)ので注意。

ビットとスチールボールの噛み込み

次に多いのはビットとスチールボールの噛み込みです。

海外サイズのビット・空気工具用ビット・折れたビット(両頭ビット)等の使用、ビットとアンビルの相性などを理由に発生します。

この噛み込みの原因は、スチールボールとビットの窪みの位置関係が良くない事に起因します。

teamonforsakura_no-0002

適切なサイズのビットであれば、アンビルの奥でビットを受けるため噛み込みは発生しない。

teamonforsakura_no-0003

海外サイズのビットは奥までビットが突き当らない、そのためスチールボールでビットを受けることとなる。ビットが押し付けられるとスチールボールの噛み込みや変形を生じる。

実はビットのサイズは2種類存在します。そのため、使用している電動ドライバーに適合しないビットを使っているとスチールボールとの噛み込みが発生してしまいます。

teamonforsakura_no-0015

一般的なビットサイズ。国内で流通しているビットはほぼ全てこのサイズ。ベッセルでは産業用Aタイプとも呼ばれる

teamonforsakura_no-0014

海外で主流のビットサイズ。日本のビットよりくぼみの位置が外側なのが特徴。国内でも空気工具などで使われる。ベッセルでは産業用Bタイプと呼ばれる

また、適切なビットを使っているのに噛み込んでしまう場合は、ビットの変更を検討したほうがいいでしょう。特に、両頭スクエアビットなどはビットメーカー各社でくぼみの位置が異なるため、電動ドライバーによっては噛み込みやすいとも聞きます。

また、スリムビットなどでも形状の違いなどで噛み込む場合があります。

この噛み込みが発生する場合、無理して使い続けるとスチールボールやスリーブを痛めてしまい、ビットが固定が出来なくなります。一度壊れてしまうと修理が必要になるので注意しましょう。

噛み込むビットかを見分ける方法

原理上、奥までビットを差し込んだ時に、アンビルでビットを受けることが出来ればスチールボールによる噛み込みは発生しません。

使えるビットか確かめるには、スリーブをずらしたままビットを奥まで差し込んで、元の位置にスリーブが戻れば大丈夫です。

bit6

上が日本サイズの片頭トルクスビット。下が海外サイズの片頭トルクスビット。

さて、この2種類のビットをそれぞれ取り付けてみるとどうなるでしょうか?

bit7

日本サイズのビットは奥まで差し込んでもスリーブが元の位置に戻る。

bit8

海外サイズのビットは奥まで差し込むと、入り込み過ぎてスリーブが元の位置に戻らない。このビットでも作業はできるがスチールボールを痛めてしまうため推奨できない。

このように海外サイズのビットは奥まで入りすぎてスリーブが元の位置にに戻らなくなります。こうなるビットはできるだけ使わないようにしましょう

また、日本サイズのビットでも、スチールボールの噛み込みが発生してしまう事があります。下の写真は日本製のスクエアビットとプラスの両頭ビットですが、スクエア側を差し込んで使うとスチールボールが噛み込んでしまいます。

bit3

ホームセンターで購入したプラス・スクエア両頭ビット。メーカー不明

くぼみの位置が悪いのか、単に日立工機のインパクトとは相性が悪いのか、奥まで入りすぎてスチールボールに当たってスリーブが浮き上がってしまいます。

日立工機のWH18DDL2。このビットでは噛み込んでしまいますが別メーカーのスクエアビットならちゃんと入ります

bit5

マキタのTD148D。こっちはビットを奥まで差し込んでもちゃんとした位置で固定される。日立工機とマキタではアンビルの寸法も微妙に違う?

取り外し方①(簡単な方法)

bit9

スチールボールで噛み込んだ場合、ハンマーなどでビットを色んな方向から軽く叩くことで、スチールボールがずれてビットが取れるようになります。

叩きすぎたり力を入れすぎたりすると電動ドライバーが壊れてしまうので、取れなくても程々のところで止めましょう。

取れない場合は先端を分解する必要があります。

取り外し方②(スチールボールを取り出す方法)

①の方法でビットが抜けない場合、ビット分解が必要になります。

通常、スチールボールの分解にはトメワプライヤーが必要ですがマイナスの精密ドライバーでも分解することが出来ます。

bit11

①マイナスドライバーでトメワを外す。

bit12

②トメワを外すとワッシャとスプリングが浮いてくる。この時点でスリーブが外れるようになる

スリーブも取り外せるようになるのでバネごと取り外す。この時スチールボールが落ちるので無くさないように。

③スリーブを外すとこの状態になる。スチールボールは落ちやすいので無くさないように。この時点でもビットが取れない場合はハンマーでたたいてビットを取り出す(取り外し方①と同じ要領)。

bit14

④ビットが取れたらスチールボールを穴に戻してスリーブをはめてバネ・ワッシャ・トメワを元通りに組み合わせて完成。

まとめ

ビットを固定するスチールボールやスリーブは、普通に使っている分には消耗することはありませんが、形の合わないビットなどを使うと直ぐに破損してしまいます。もしこの記事を読んで手持ちのビットに海外仕様のビットがあった場合、早めに修理に出しましょう。(ビット落下などは事故の原因にもなります)

もちろん、スリーブ・スチールボールなどの部品を自力で用意することが出来れば、自分で直してもOKです。

電動ドライバーの場合6.35mmのビットであれば殆どのビットを刺すことが出来てしまうため、気付かずに海外のビットや空気工具用のビットを使っている方もいるんじゃないでしょうか。

もし、海外メーカーのビットを使っていて、どうしても使い続けたいという場合、ビットピースというビットのサイズを合わせる部品が販売されています。海外仕様のインパクトを手配するより遥かに安く済むので、検討してみては如何でしょうか。

また、ビットが噛み込んでしまったからと言って、アンビルの穴(ビットの入る部分)に5-56などの、粘度が低く洗浄力の高い潤滑油は注油してはいけません。もし、ドライバー内部に入り込んでしまうと、グリスを洗い流してしまう事になるため、アンビルのカジリやハンマ摩耗の原因となってしまう事があります。