日立マクセル「オゾネオ(ozoneo)USBタイプ」レビュー コンパクトでどこでも消臭!

以前インテリアタイプのオゾネオを購入しましたが、思いのほか使い勝手が良かったためUSBタイプのオゾネオも購入してみました。

USB電源さえ確保すればどこでも使える

USBタイプのオゾネオはUSBメモリのような形状をしており、USBアダプタやパソコンに挿すだけで使えるようになります。

電源はUSBコネクタから供給されるので、場所を選ばずどこでも使用できます。電源スイッチなどはないので刺すだけでオゾンが発生します。

USBタイプは据え置き型のオゾネオプラスやインテリアタイプと違い、小さくて軽いのでいろんな場所で使用することができます。現在このオゾネオはクローゼットのポールにぶら下げて使用しています。他にも、会社のロッカーや下駄箱とかそういうところにもいいかもしれません。

低濃度オゾン除菌消臭器 日立マクセル「オゾネオ(ozoneo)」レビュー

2016.09.27

USBは収納できます

本体を引っ張るとUSBコネクタが隠れる。

USBコネクタ部分は収納できるので、持ち運びしてる時でもコネクタが変形したりコネクタで他の荷物を傷つけることがありません。

電極プレートの手入れも簡単

白い部分のラッチをつまんで引っこ抜くと電極プレートを取り外すことができる。

電極プレートは本体後部のラッチを外すと簡単に手入れをすることができます。

動作中

オゾン発生中のオゾネオ。写真じゃちょっと見にくいかもしれないが、電極針の先が放電して光っている。指を近づけるとオゾン風を感じる事ができる。

オゾネオの動作中は電極針の先端からオゾンが発生します。放電中は電極から若干の風とオゾンの臭いがします。動作音はまったくしません。

オゾンの発生量はちょっと少ないかもしれませんが、ロッカーや下駄箱などの場所であれば屋内プールのようなすさまじいオゾン臭がします。設置場所を選べばかなり効果はありそうです。

モバイルバッテリーでも動くかな?

モバイルバッテリーでも使用できるが、数分でOFFになってしまう。モバイルバッテリー自体の電源が落ちてしまうため、勝手に電源がOFFにならないモバイルバッテリーを使う必要がありそうだ

オゾネオはモバイルバッテリーでも動かすことは出来ます。

ただ、オゾネオの消費電力はスマホの充電と比べると小さいためオートパワーオフが働いてしまいます。オゾネオを動かすにはインテリジェントじゃないモバイルバッテリーが必要のようです

低濃度オゾン除菌消臭器 日立マクセル「オゾネオ(ozoneo)」レビュー

2016.09.27