いろんなビットを差し替えできる! 玄人魂(プロコン)差替ドライバ 220Wレビュー

IMG_5752

電動ドライバで使っているトルクスや六角ドライバーのビットと同じサイズのものを手工具用に買いなおす余裕もないため、6.35六角ビットを差し替えられる手回しドライバを購入しました

グリップが軽く使い心地に違和感がない!

 

従来の差替ドライバといえば、専用のビットを磁石で固定する方式でガタガタしたり、グリップが変な形してたりなど使いづらいものでした。

実際、普通の差替ドライバは使ってみると回してるときにカチャカチャ音がなって違和感があります。重心がおかしいので普通のドライバーよりも疲れる気がするのです。

しかしこの玄人魂、グリップが非常に軽く、ビットを取り付けると重心も普通のドライバーと何ら変わりがない感覚で使うことができるんです!

IMG_5762

このW220は差し込み口の中にあるボールベアリングにビットのくぼみにはめるのが本来の固定方法なのですが、それだとビットが若干ガタついてしまうのでグッと差し込んで完全に固定して使ってます。

IMG_5755

 

ただ、軽いのが利点のW220ですが、金属部品がほとんど使われていないため、トルクをかけすぎてしまうと壊れてしまいそうなので、長い木ネジやボルトの本締めには厳しそうです(^^;

 

(2016/04/28追記)

VESSELのカタログを見てみると、ビット差し込み穴の周りの部品が樹脂から金属に変更されてる様子。これならトルクをかけても壊れないかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。