海外製のコードレス投光器M18™ TRUEVIEW LED Stand Lightが面白い!

海外の電動工具オンラインカタログを見ていたら面白いコードレスライトを見つけたので紹介します。

M18™ TRUEVIEW LED Stand Light。アメリカの工具メーカーであるMilwaukee製のスタンド付きの高光度LEDライト投光器です。

Milwaukee_2130_20

五秒で設置できるコードレス投光器!

107930_milwaukee_18v-standlight_m18sal-0_main

今回紹介するのは、アメリカの工具メーカであるMilwaukeeのM18 ROCKET LED Tower Lightというコードレスタイプの投光器です。

投光器について簡単に説明すると、夜間の屋外や照明の設置されていない内装工事などに使われる、作業場を照らす簡易的な照明器具のことです。

投光器にも様々な種類があり、エンジン発電機やAC電源を使うものがほとんどでしたが、最近ではリチウムイオン電池を使ったコードレスタイプの投光器も販売されるようになりました。

このMilwaukeeのM18 ROCKET LED Tower Lightはコードレスのライトの中でも非常に明るい高光度LEDに加え、すぐ設置できるような投光器専用のLEDライトになっています。

このスタンドは最大で7ft(2.1m)まで伸ばすことができます。コードレスタイプの投光器で2mを超える高さの物はなかなかないので、どうしても高いところをから照らせる投光器が欲しいなんて人にはオススメです。

その明るさはなんと2,000 ルーメン。私の知る限り一番明るいライトです。

 

国内メーカにはない高光度スタンドタイプなのがポイント

22552-4

一応、国内メーカでも投光器タイプのコードレスLEDライトというのは販売されています。

しかし、マキタのML805は別売りのスタンドをしなければならず、日立工機のUB18DGLはカメラの三脚を取り付けて簡易的な投光器として使うタイプです。根本的にはどちらもハンディタイプのライトであるため、投光器として使うには別売りのスタンドを必要とします。

その点M18™ TRUEVIEW LED Stand Lightは投光器専用のLEDライトとなっていますので、組み立てや設置が簡単に行えるというメリットがあります。すぐ設置できて撤収も簡単ですので、屋内の暗い作業場での配線や設営撤収などの移動が多い作業場では重宝するかもしれません。

また、明るさも国内メーカのライトとは比べ物にならないほど明るく、カタログスペック上では2000ルーメンもあるようです。

製名 M18™
TRUEVIEW
LED Stand Light
ML805 UB18DGL
外観 2130-20_1 mo805 ub18dgl
明るさ 2000lm 750lm(1150lx/50cm) 1570lm(250lx/1m)
スタンド スタンド仕様 別売り カメラ用三脚を用意
メーカー Milwaukee マキタ 日立工機

 

購入方法とバッテリーの問題さえ解決できれば…

m18tlsl

日本では販売されていないMilwaukeeの製品なので入手はちょっと難しいですが、電源回りの問題が解決できる非常に明るい投光器という製品はかなり魅力的ではないでしょうか。

値段はAmazon.comで$200と若干高めで手間と価格に見合うかと言われると、正直なところ難しいところではありますが…

さらに、別途Milwaukee専用の18Vバッテリーと充電器が必要になるので、日本での使用はさらに難しくなっています。(充電器はアメリカ120V仕様であれば日本でもそのまま使用できそうです)

Milwaukeeのバッテリーと充電器を揃えてまでこのコードレス投光器を買えるか?と考えてしまうとやはり難しいですね(^^;

ただ、国内製品にはない高光度LED採用のライトとワンタッチで設置できるスタンド、更に5年保証もついているので、一度買ってしまえば様々な現場で使えるコードレスライトであることは間違いありません。

日本の工具メーカからもこのようなライトが出てくれれば面白いのですが。