VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

業界動向

工具業界や今後の業界予測など、広い視野で業界動向をまとめるカテゴリです。

通販サイトで人気の電動工具メーカー「KIMO」とは

通販サイトで人気の電動工具メーカー「KIMO」とは

Amazonで電動工具を検索すると、上位のページにKIMOと呼ばれる電動工具メーカーの製品が並びます。低価格で性能も良さそうでシリーズ展開もされていて魅力的に見えますが、本当に使える製品なのか気になるところも多いと思います。本記事ではKIMOの製造国や販売元、メーカーの評価について解説します。
Makita、「64V MAX」新型の大型バッテリーBL6450Bを投入か

Makita、「64V MAX」新型の大型バッテリーBL6450Bを投入か

※本記事の内容については未確認の情報も多いため、株式会社マキタ及びマキタ販売店への問い合わせはお控え下さい。 「64V MAXシリーズ」40V MAXを超える大型バッテリー 中国のフォーラムサイト「MyDigit」で投稿されたのは、マキタの試作品バッテリーと推測される製品「BL6450B」です。 この情報は2019年6...
10.0Ahの大容量バッテリー販売も間近、SAMSUNG INR-21700-50S

10.0Ahの大容量バッテリー販売も間近、SAMSUNG INR-21700-50S

長らく電動工具用バッテリーの容量増加ペースは停滞していたが、ようやく電動工具向けの新たな高性能リチウムイオンバッテリーセルの新情報が入ってきた。 SAMSUNG SDIの展開するリチウムイオンバッテリーラインナップに、ハイレート充放電対応の『INR21700-50S』が加わり、18V換算で10.0Ahもの大容量に対応す...
プロトタイプなマルチボルトや新市場開拓 ロボット芝刈り機|HiKOKI特許特集

プロトタイプなマルチボルトや新市場開拓 ロボット芝刈り機|HiKOKI特許特集

前回のマキタの特許特集に続き、今回はHiKOKI(旧 日立工機)が出願した特許について紹介しよう。 HiKOKIの特許は実用的・機能的に性能を向上させる特許についての出願内容が多く、マキタと比べると新分野参入を感じさせる特許は少ない印象がある。 2016年から2017年の間にかけては、現在のマルチボルトの原案を思わせる...
HiKOKI Web修理受付、「無償修理」が対象になりサービスを拡充へ

HiKOKI Web修理受付、「無償修理」が対象になりサービスを拡充へ

電動工具ブランド「HiKOKI」を展開する工機ホールディングスは、2019年2月3日からWebサイト上の修理受付サービスを拡充し、「無償修理」への対応と「電動工具の集荷修理サービス」を開始する。 従来の修理依頼では、購入した販売店から修理を依頼するのが一般的だったが、販売店の所在地が遠いケースなどがあり、地域ごとに工具...
電動工具バッテリーの充電電力とUSB PD

電動工具バッテリーの充電電力とUSB PD

電動工具のバッテリーは大容量と急速充電性を兼ね備えており、電動工具以外にも様々な製品に使用できるのが特徴だ。特に、2019年に日本を襲った大型台風では各地で水害・停電が発生したが、USB充電やラジオに使える電動工具バッテリーが災害時の防災グッズとして一躍注目を浴びた。 汎用的なポータブル高出力電源として注目を集める電動...
京セラインダストリアルツールズ、新たな電動工具ブランド「KYOCERA(京セラ)」を展開

京セラインダストリアルツールズ、新たな電動工具ブランド「KYOCERA(京セラ)」を展開

京セラインダストリアルツールズ株式会社は2020年1月14日に、プロユーザー向けの新しい電動工具ブランド「KYOCERA(京セラ)」を新たにラインアップに加えると発表した。新たな電動工具シリーズは親会社である京セラの名を冠したシリーズで、2020年1月下旬よりKYOCERAブランド製品を順次発売する予定。
工具メーカー『TTI』とは。世界の工具ブランドを買収し急成長を続ける香港企業

工具メーカー『TTI』とは。世界の工具ブランドを買収し急成長を続ける香港企業

近年、工具市場において急成長を続けるメーカーが存在しているのをご存じだろうか。工具メーカーは業界構造的に保守的なユーザー層が多く、シェアは大きく変わらないのが定説と考えられていた。しかし、その中で毎年売上額を伸ばし、シェアを順調に伸ばしている企業が存在する。今回は成長を続ける香港の工具メーカー『Techtronic I...
電動工具の2010年代を振り返る(5) 国内電動工具メーカーの動向と2020年代

電動工具の2010年代を振り返る(5) 国内電動工具メーカーの動向と2020年代

これまで、電動工具メーカーの動きついて世界的な市場動向から解説したが、最終回となる今回は日本のメーカーの歩みを解説する。 日本の電動工具市場は金物屋などの地域密着型の販売形態が依然強く、諸外国とは異なるマーケットを形成しているのが特徴だ。そのため、先進国市場の中ではStanley Black & Deckerや...
電動工具の2010年代を振り返る(4) この先、日の丸電動工具はどうなるのか

電動工具の2010年代を振り返る(4) この先、日の丸電動工具はどうなるのか

前回までは、電動工具を取り巻く技術的な面について解説した。 電動工具は建築業界や土木業界の景気に大きく左右される業界でもある。今回は、海外メーカーとの違いや、国内建築事業にフォーカスを当てて、国内の電動工具メーカーの動向について解説しよう。 電動工具の2010年代を振り返る(1):全ての始まり「リチウムイオン」が中心に...
電動工具の2010年代を振り返る(3) 長寿命化と高効率を実現する「ブラシレスモーター」

電動工具の2010年代を振り返る(3) 長寿命化と高効率を実現する「ブラシレスモーター」

前回まではリチウムイオンバッテリーの発展と電動工具メーカーの関係性について解説した。しかし、充電式電動工具が普及した背景となるブラシレスモーターについても語らないとならないだろう。今回は、ブラシレスモーターの発展と今後の展開について解説しよう。 ブラシレスモーターが日本の電動工具市場で初めて登場したのは、2007年の日...
電動工具の2010年代を振り返る(2) 全ての始まり「リチウムイオン」が中心に動く時代(後半)

電動工具の2010年代を振り返る(2) 全ての始まり「リチウムイオン」が中心に動く時代(後半)

前回、リチウムイオンバッテリーの発展が電動工具メーカーに大きな影響与えるまでの製品に発展するまでを解説した。 事実上、電動工具の発展は「リチウムイオンバッテリーの発展」の外部要因に依存しきっていた形になっていたのだが、2010年代の末になると、その状況も終わりが見えてくるようになった。 今回は、リチウムイオンバッテリー...
電動工具の2010年代を振り返る(1) 全ての始まり「リチウムイオン」が中心に動く時代(前半)

電動工具の2010年代を振り返る(1) 全ての始まり「リチウムイオン」が中心に動く時代(前半)

電動工具業界を振り返ると、2010年代はまさに発展と波乱の10年だったと言えるだろう。 リチウムイオンバッテリーとブラシレスモーターの普及、そしてメーカー再編など、製品の技術的な進歩だけではなく業界自体が大きく動く波乱の10年と言える。 そこで本シリーズでは、全個体電池や電動工具のスマート化を控える2020年代を前に、...
マキタが40V MAXを新しく展開した理由【電動工具コラム】

マキタが40V MAXを新しく展開した理由【電動工具コラム】

2019年10月に突如発表されたマキタの40V MAXシリーズですが、パワーや防水機能の搭載が評価され、市場の反応は概ね好評のようです。シリーズの発表と同時に予告された8製品についても非常に早いペースで展開が進み、12月をもって全機種の販売が開始されて第一弾のシリーズ展開としては成功を収めたと考えられます。今後、40V...
Return Top