VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2020年7月5日

高精度な金属切断をしよう! SK11 ディスクグラインダースタンドレビュー

高精度な金属切断をしよう! SK11 ディスクグラインダースタンドレビュー

精度の高い金属切断をしたいと思い、ディスクグラインダーを取り付けられるSK11のグラインダースタンドを購入しました。

SK11 ディスクグラインダースタンドで手軽な金属切断

研磨や切断によく使われるディスクグラインダーですが、グラインダーの切断作業は工具作業の中でも危険な作業に分類されます。切断砥石で切断作業を行う場合は、最低限のルールとして切断用砥石を使用して、切断用の専用カバーを装着しなければいけません。

グラインダ用の切断砥石はよく販売されていますが、切断用の保護カバーは販売コーナーの端のほうに置かれていて、販売していることにも気づかない方も多いと思います。

個人で行うDIYは環境や道具が揃っている作業場などと違い、限られた道具で時間をかけて作業するしかありません。少しの油断が大事故につながることにもなりますので、できるだけ安全な環境で作業を進めたいものです。

少しでも安全な金属加工を行うために、SK11のディスクグラインダースタンドを購入しました。これなら高い安全性効率の良い金属切断作業を両立することができます。

created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥2,936 (2020/08/11 08:57:31時点 Amazon調べ-詳細)

グラインダーを取り付けてみる

SK11のディスクグラインダースタンドに取り付けできるグラインダーは、切断砥石径が100mm125mmのグラインダーです。グラインダーはハンドルを取り付ける部分2つとボディを押さえつける2つの計4か所で固定されます。

写真では日立工機製のG14DSLを取り付けてみたところです。

藤原産業ディスクグラインダースタンド

グラインダの固定はボルトでがっちりと固定されてしまうので、一度取り付けると外すのは少し手間がかかります。グラインダーとスタンドは垂直になるよう微調整が必要になるので、取り外すと再調整が必要になります。

切断砥石を取り付けて鉄板を切断してみる

切断は台座のバイスに材料を挟み込んで、ハンドルを下げるだけです。

藤原産業ディスクグラインダースタンド

グラインダは火花が一番出ているときが一番効率よく作業できているらしいです。

ちなみに今回使ってるのはコードレスグラインダなので効率よく作業することは難しいです。正直なところ、充電式の工具ってのは100Vで動く工具と比べるとかなり貧弱です。(最近出始めたブラシレスタイプはだいぶマシになったようですが)

100Vのグラインダはぐいぐい押し込んで力を加えても回転数が落ちないので適当に使ってもストレスなく切ることができますが、充電式のグラインダは力の加減を少しでも間違えると切断に必要な回転速度を維持することができず、うまく切削作業を進めることができません。なので、充電式グラインダは火花の量を見極めながら回転数を落とさない程度の絶妙な力加減を必要とします。

切断した材料はまっすぐ切ることができました。このグラインダースタンドは砥石部分をカバーで覆ってしまうので、万が一砥石が破裂しても作業者を守ってくれます。

藤原産業ディスクグラインダースタンド

使ってみた感想

グラインダを使うとき、一番重要なのは材料をどのように固定するかだと思います。DIYでは移動式の簡易作業台を持って来たり足で踏んでの固定など、少し危険で非効率な作業となってしまいます。

このグラインダースタンドはバイスで固定し、ハンドルを下げるだけで切断できるので、頻繁に切断作業を行う方にはお勧めです。スタンドでしっかり材料を固定できて切断砥石のような砥石を覆うカバーが付いているので、手持ちのグラインダーをそのまま安全に切断作業専用グラインダにできるのは大きなメリットです。

今回の記事では、14Vコードレスのグラインダを取り付けましたが、切断作業は比較的負荷の高い作業なので、丸棒鋼材や全ねじなどの切断は若干時間がかかってしまいます。実際にグラインダースタンドに取り付ける場合には18Vのブラシレスグラインダや800W近い出力のAC式グラインダなどがおすすめです。

この記事で紹介したアイテム

created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥2,936 (2020/08/11 08:57:31時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥5,296 (2020/08/11 04:43:16時点 Amazon調べ-詳細)

Return Top