VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

日立工機

Tagged
プロトタイプなマルチボルトや新市場開拓 ロボット芝刈り機|HiKOKI特許特集

プロトタイプなマルチボルトや新市場開拓 ロボット芝刈り機|HiKOKI特許特集

前回のマキタの特許特集に続き、今回はHiKOKI(旧 日立工機)が出願した特許について紹介しよう。 HiKOKIの特許は実用的・機能的に性能を向上させる特許についての出願内容が多く、マキタと比べると新分野参入を感じさせる特許は少ない印象がある。 2016年から2017年の間にかけては、現在のマルチボルトの原案を思わせる...
HiKOKI 電動パワーブラシ「SW16V」縦回転で汚れを落とす!

HiKOKI 電動パワーブラシ「SW16V」縦回転で汚れを落とす!

電動工具ブランドHiKOKIを展開する工機ホールディングスが2019年12月に販売するのは、電動で回転するブラシを搭載した清掃用ブラシ パワーブラシ『SW16V』です。SW16Vは業界初となる縦回転の電動ブラシを搭載しているのが特徴、左右に振られ難く取り回しに優れた電動ブラシです。
「全ネジトリマー」で全ネジ・寸切の切断バリを簡単除去

「全ネジトリマー」で全ネジ・寸切の切断バリを簡単除去

全ネジトリマーはダイスに樹脂のボディをつけて回しやすくしたネジ山修正ツールで、バリやネジ山が潰れてナットが掛からなくなっても、簡単にネジ山を修正できてナットが掛かる状態にできます。他にも、ナットの取り付け前に塗装してしまった全ネジもトリマを使えば削ることができます
HiKOKI「マルチボルト」とマキタ「40V MAX」の違い、次世代36V電動工具の違い

HiKOKI「マルチボルト」とマキタ「40V MAX」の違い、次世代36V電動工具の違い

これまでの電動工具は18Vが主流ですが、2019年10月にマキタが「40V MAX」を展開したことで、マキタ、HiKOKI(日立工機)による国内大手2社の電動工具36V化の路線が明確になりました。 この記事では、電動工具36V化のメリットと、電動工具国内2大メーカーのマキタとHiKOKI(日立工機)がそれぞれ展開する3...
なぜ、日立工機は社名変更したのか。新ブランド「HiKOKI」との違い

なぜ、日立工機は社名変更したのか。新ブランド「HiKOKI」との違い

日立工機は2017年に日立製作所からKKRグループへと移り、2018年6月に正式に社名とブランドの変更が行われ、電動工具に冠するブランド名は「HiKOKI」と代わりました。日立工機は長年慣れ親しまれた工具ブランドをなぜHiKOKIに変更したのか、日立製作所との資本関係はどうなるのかについて解説します。
【2019年版】HiKOKI(日立工機)のインパクトドライバー厳選!おすすめ2選

【2019年版】HiKOKI(日立工機)のインパクトドライバー厳選!おすすめ2選

「パワー」が強いHiKOKIのインパクト HiKOKI(旧日立工機)のインパクトドライバは、「パワー重視」のモデルになっているのが特徴です。 日立工機の時代よりスペック重視で開発されてきたインパクトドライバは、同時期に販売されていたインパクトドライバの中でも常に高いスペックを備えていました。現在は、ビットの性能やメカ的...
HiKOKI UC18YTSL 4つの電池を一度に充電!ACタップ内蔵で現場に便利な充電器|HiKOKI新製品

HiKOKI UC18YTSL 4つの電池を一度に充電!ACタップ内蔵で現場に便利な充電器|HiKOKI新製品

HiKOKIから2019年4月に新型のマルチポート充電器『UC18YTSL』が発売された。この充電器はHiKOKIとして初となる複数のバッテリーに対応した充電器で、最大4つのバッテリーを同時充電することができる。UC18YTSLにはUSB出力機能やACタップなどを内蔵しており、現場で役立つ充電ステーションになりそうだ。
HiKOKI コードレスチップソーカッター「CD3605DA」パワフルな36V 切断速度は1.5倍

HiKOKI コードレスチップソーカッター「CD3605DA」パワフルな36V 切断速度は1.5倍

コードレスチップソーカッター『CD3605DA』は、HiKOKIの36Vバッテリーシリーズ、マルチボルトバッテリーを使用する新型のチップソーカッターだ。CD3605DAは、マルチボルトによる36V化によって「切断スピード」「重負荷時の粘り強さ」が大きく向上している。これにより、切断スピードは約1.5倍となり、押しつけ荷...
HiKOKI コードレスサーチライト「UB18DA」遠くまで照射できる圧倒的な大光量!

HiKOKI コードレスサーチライト「UB18DA」遠くまで照射できる圧倒的な大光量!

コードレスサーチライト「UB18DA」は、電動工具メーカーの販売するコードレスライトとしては、圧倒的な最大光束2,500mlだ。狭い場所を照らす「スポットモード」、広い場所を照らす「ワイドモード」、両方合わせた「スポット+ワイドモード」、長時間の点灯に最適な「ワイド(ECO)モード」の4モードを搭載し、用途に応じた様々...
『NR1890DC』電動釘打ち機の時代がすぐそこに!コードレス電動フレーミングネイラ|metabo HPT製品情報

『NR1890DC』電動釘打ち機の時代がすぐそこに!コードレス電動フレーミングネイラ|metabo HPT製品情報

今回紹介するのは、Metabo HPT(旧 日立工機USA)で販売されているコードレスフレーミング電動釘打ち機『NR1890DC』だ。工具本体の中にあるシリンダ内の空気を圧縮する構造となっていて、バネを使用した一般的な電動釘打ち機よりも力強い打ち込みが可能になっているのが特徴だ。そのため、ピン釘や仕上げ釘よりも太くて長...
【HiKOKI (旧日立工機)新製品】C7RSHD/C3607DRA|クラス最高水準の低騒音!堅実に進化した卓上スライド丸ノコ

【HiKOKI (旧日立工機)新製品】C7RSHD/C3607DRA|クラス最高水準の低騒音!堅実に進化した卓上スラ...

HiKOKI(旧 日立工機)から、新型190mm卓上スライド丸ノコのC7RSHDが発売された。また、マルチボルトシリーズとして待望のコードレス卓上スライド丸ノコC3607DRAも発売され、マルチボルトシリーズの製品も充実してきた。 今回は新しくなった新型の卓上スライド丸ノコについて、前機種C7RSHCとの違いも含めて解...
電動工具メーカーのバッテリーを使えるコードレスライト【日動工業|マルチチェンジャー】

電動工具メーカーのバッテリーを使えるコードレスライト【日動工業|マルチチェンジャー】

株式会社 日動工業からバッテリー脱着式チャージライトBAT-HRE20Sのバッテリーアタッチメント マルチチェンジャー「BAT-MC01」が発売されました。日動工業専用のバッテリーのほか、各社電動工具メーカーのバッテリーに対応した充電式ライトです。 4社の電動工具用バッテリーに対応する充電式投光器 今回紹介するのは、日...
BSL36B18スペック

HiKOKI BSL36B18 国内電動工具、史上最大容量8.0Ahの電動工具バッテリー|HiKOKI新製品

日立工機から新型大容量バッテリーBSL36B18が発売された。この新型バッテリーは大型の21700サイズのリチウムイオンセルを採用することで、従来のバッテリーよりも大容量の18V 8.0Ah(36V換算で4.0Ah)のバッテリーとなっている。 国内電動工具史上 最大容量のバッテリーBSL36B18 このBSL...
Return Top