VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

電動工具

Tagged
US Makita新製品|ドライウォールサンダー XLS01Z

US Makita新製品|ドライウォールサンダー XLS01Z

Makita USAが2019年7月に販売するのは、コードレスのドライウォールサンダー「XLS01Z」だ。 延長管と粉じん吸い取り構造を持つドライウォールサンダーは、ドライウォール工法のなじみがない日本の住宅事情ではなかなかお目にかかることはない電動工具だが、米国の新築工事などでは多用される一般的な電動工具だ。 本記事...
テスターでできる電動工具のバッテリー診断方法

テスターでできる電動工具のバッテリー診断方法

電動工具のバッテリーであってもリチウムイオンバッテリーそのもののの特性を知ることで、テスターを使った簡易的なバッテリー診断を行うことができます。 この方法はバッテリーの状態を診断する方法ですが、バッテリーの故障自体は充電器に装着した時にエラーとなって判別できますし、診断したからと言ってメーカーへの問い合わせやバッテリー...
USBで充電できる電動工具バッテリーGoPak|Black and Decker製品情報

USBで充電できる電動工具バッテリーGoPak|Black and Decker製品情報

今回紹介するのは、米国に本社を持つ世界トップシェアの電動工具メーカーBlack & Deckerが販売する10.8Vの電動工具『GoPak』シリーズだ。 10.8Vで動作するGoPakシリーズバッテリーにはMicroUSB端子が装着されており、USB端子からバッテリー充電が可能になっている。これまでの電動工具の...
【電動工具コラム】海外の電動工具は輸入して日本で使えるか

【電動工具コラム】海外の電動工具は輸入して日本で使えるか

本サイトでは国内の電動工具情報に限らず、海外の電動工具情報も紹介しているため日本で販売されていない電動工具に興味持つ方がいるかもしれません。 しかし、海外の電動工具を日本で利用するのは難点も多く、輸入してまで使用するのはお勧めする事ができません。本記事では、海外電動工具を日本市場で利用する場合のメリットとデメリットを解...
2019年版|電動工具ブランド・メーカー徹底解説ガイド

2019年版|電動工具ブランド・メーカー徹底解説ガイド

2017年から2018年かけては数多くの電動工具メーカーが買収、資本変更され、前回の記事を執筆した時から電動工具市場は大きく変化しました、本記事では電動工具メーカーや変更されたブランドについて再調査を行い、メーカー毎のポジションや特徴をまとめています。 本記事では、国内主力の電動工具メーカーと、海外電動工具メーカーの有...
プロ電動工具とホームセンターや通販サイトの格安電動工具の違い【電動工具コラム】

プロ電動工具とホームセンターや通販サイトの格安電動工具の違い【電動工具コラム】

DIYユーザー憧れのプロ向けブランド電動工具ですが、安い価格で売られている電動工具との違いについて知らない方も多いと思います、今回はそんなプロ向け、DIY向け、格安ブランドの違いについてのコラムです。 ホームセンターや通販サイトで存在感を増す格安電動工具ブランド ホームセンターへ電動工具を選びに行くと、マキタやHiKO...
【工具動向コラム】スマホ連動電動工具やBluetooth搭載工具の現状など

【工具動向コラム】スマホ連動電動工具やBluetooth搭載工具の現状など

IoTと騒いで数年、業界を牽引する製品は現れず 2016年にIoT電動工具の特集記事を執筆し、その後も電動工具各社のIoT化された電動工具についてリサーチを続けていましたが、それから3年経過した現在でも業界標準と成り得るようなスマート電動工具は展開されておりません。 電動工具を使用する建設業や設備施工業などはIT化から...
電動工具のバッテリーの選び方

電動工具のバッテリーの選び方

電動工具のバッテリーには様々な種類があって、何が違うのか迷ってしまう人も多いと思います。 今回は電動工具のバッテリーの選び方やスペックについての解説を行います。 バッテリーの基準は「電圧」と「容量」 電動工具のバッテリーには様々な種類があり、何を選べばよいのか悩んでしまう方も思います。 バッテリーには大きさや形状、容量...
【AP DC18Vシリーズ】充電式ヒートガン|アストロプロダクツ

【AP DC18Vシリーズ】充電式ヒートガン|アストロプロダクツ

近年、ホームセンターを中心としたプライベートブランドの電動工具だが、プロ向けショップの販社系のプライベートブランドでも展開が進んでおり、DIYユーザーとプロの中間に位置するセミプロ用途の需要を満たす電動工具として注目されている。 今回紹介するのは、工具販売プロショップのアストロプロダクツが展開するDC18Vシリーズが取...
存在感を増す10.8V電動工具、18Vとの違い

存在感を増す10.8V電動工具、18Vとの違い

最近、軽量手軽な電動工具として注目されているのが10.8Vバッテリーの電動工具です。 10.8Vの電動工具は過去にも販売されていましたが、ここ数年間で急激に10.8V電動工具は存在感を増しているシリーズでもあります。本記事では10.8V電動工具の特徴や展開された理由などを解説します。 軽量小型で取り回しに優れる10.8...
ブラシレスモーターとブラシ電動工具の修理費の違いについて

ブラシレスモーターとブラシ電動工具の修理費の違いについて

電動工具を修理に出す時、修理の見積金額が高くなって驚く方も多いと思います。 本記事は電動工具を修理に出す場合の事情などを、販売店からの情報収集や私的見解も含めまとめた記事になります。 電子部品とユニット化で修理部品の単価が上昇 電動工具の修理単価が上がった大きな要素には『ブラシレスモーター』化が挙げられます。 ブラシレ...
80Vのリチウムイオンバッテリー!エンジンにも匹敵する園芸工具メーカー|GREENWORKS 海外製品情報

80Vのリチウムイオンバッテリー!エンジンにも匹敵する園芸工具メーカー|GREENWORKS 海外製品情報

園芸工具にカテゴライズされる草刈り機やチェーンソーなどのエンジン工具は環境問題や排ガス規制を受けてバッテリーとモーターを使用する電動式への移行が進んでいます。 混合燃料やオイルなどの手間もなく手軽に使用できる電動式の園芸工具ですが、パワーはエンジン式には敵わないため、エンジンと同等の使い勝手と言うわけにはいかないのが電...
『CL280FD』 ブラシレスモーター搭載!吸込仕事率60Wの強力クリーナー|マキタ新製品

『CL280FD』 ブラシレスモーター搭載!吸込仕事率60Wの強力クリーナー|マキタ新製品

マキタから2019年2月に発売されたクリーナー『CL280FD』はブラシレスモーターを搭載した、業界初のハイエンドスティッククリーナーだ。 今回のCL280FDシリーズは、電動工具メーカーが販売するスティッククリーナーとして、初めてブラシレスモーターを搭載したクリーナーだ。ブラシレスモーターの搭載によりカーボンブラシの...
『コンボイエレキテル』業界トップクラスの性能!手動に近い感覚で使えるコーキングガン|タジマ新製品

『コンボイエレキテル』業界トップクラスの性能!手動に近い感覚で使えるコーキングガン|タジマ新製品

2019年1月に 建築用ハンドツールメーカーのタジマから、充電式コーキングガン『コンボイエレキテル』が発売された。 タジマはハンドツールで有名なメーカーだが、最近では電動工具分野にも進出しており、太軸インパクトやコンパクトでパワフルなレシプロソーなども展開している。今回タジマが発売するのは、同社が展開するコーキングガン...
Return Top