VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

18V×2本

Tagged
マキタ充電式集塵機4機種を同時発売。VC865DZ,VC155DZ,VC867DZ,VC157DZ

マキタ充電式集塵機4機種を同時発売。VC865DZ,VC155DZ,VC867DZ,VC157DZ

電動工具を販売する株式会社マキタは、2020年3月に充電式集塵機「VC865DZ」「VC155DZ」「VC867DZ」「VC157DZ」の4機種を発売します。 今回の4機種は、従来モデルの18V×2シリーズの充電式集塵機のラインナップを一新させたマイナーチェンジモデルです。AWS搭載モデルやタンク容量を15Lまで増やし...
マキタ、充電式集塵機「VC866D」を発売。清掃シーンに特化したプロ仕様モデル

マキタ、充電式集塵機「VC866D」を発売。清掃シーンに特化したプロ仕様モデル

電動工具を販売する株式会社マキタは、2020年3月に充電式ドライクリーナ「VC866D」を発売します。 VC866Dは、2017年に発売した18V×2シリーズ充電式集じん機の後継モデルです。店舗やオフィスの清掃でも使いやすい49dBの静かな運転音で、従来モデル比20%の運転音低減を実現し、吸込仕事率も90Wに向上して...
マキタ、MUB363D 「世界初」集じん機能を持つ充電式ブロワ、25mLエンジン以上の風量

マキタ、MUB363D 「世界初」集じん機能を持つ充電式ブロワ、25mLエンジン以上の風量

株式会社マキタは2019年12月に18V×2本シリーズの新製品、充電式ブロワ『MUB363D』を販売する。 本製品は充電式ブロワとしては世界初となる「集じん機能」を搭載したブロワで、25mLエンジンブロワ以上の風量を搭載している。製品展開はブロワのみの「MUB363DPG2」と、パーツ付替で集じん機能に対応するバキュー...
マキタが40V MAXを新しく展開した理由【電動工具コラム】

マキタが40V MAXを新しく展開した理由【電動工具コラム】

2019年10月に突如発表されたマキタの40V MAXシリーズですが、パワーや防水機能の搭載が評価され、市場の反応は概ね好評のようです。シリーズの発表と同時に予告された8製品についても非常に早いペースで展開が進み、12月をもって全機種の販売が開始されて第一弾のシリーズ展開としては成功を収めたと考えられます。今後、40V...
マキタの36V戦略はどうなるのか、マキタ40V MAX(XGT)と18V×2本(LXTx2)の違い

マキタの36V戦略はどうなるのか、マキタ40V MAX(XGT)と18V×2本(LXTx2)の違い

現在、マキタの36V電動工具シリーズは、新シリーズの「40V MAX」と18Vバッテリー「18V×2本」の2種類で展開されている。このマキタの36V電圧のシリーズはマキタの電圧バリエーションの中で競合している状態だ 今回は、このマキタ36Vシリーズの違いと今後について予測してみよう。 『18V×2本(LXTx2)』18...
マキタ、18V×2シリーズの充電式 高圧洗浄機「MHW080D」を販売

マキタ、18V×2シリーズの充電式 高圧洗浄機「MHW080D」を販売

株式会社マキタが2019年7月に発売するのは、充電式として同社初となる充電式高圧洗浄機「MHW080D」だ。 同社からはこれまでもAC電源で動作する高圧洗浄機は販売されていたが、今回販売されるのは18V×2リチウムイオンバッテリーシリーズに加わる新しい充電式の高圧洗浄機だ。 工具メーカーの販売するコードレスの高圧洗浄機...
マキタのリチウムイオン18V×2本シリーズをFAQ形式で徹底解説!

マキタのリチウムイオン18V×2本シリーズをFAQ形式で徹底解説!

マキタの36Vシリーズはリチウムイオンバッテリー18Vを2本差し込むことで使用できる36Vの電動工具だ。 手持ちの18Vバッテリーや充電器をそのまま36Vの電動工具として活用できるため、これまでの36V電動工具のように、専用バッテリーや充電器などを用意しなくても使用できるのがポイントになっている。 マキタ リチウムイオ...
Return Top