【電動工具紹介】鉄を切る道具(6):板金加工や窓抜きに!【ニブラ】

二ブラとはパンチングによって金属切断を行う工具の総称です。他の金属切断工具と異なり板金の切断にしか使えませんが、切断が速く、窓開けなども得意な板金切断に特化した工具です

nibbler1

 

鉄を切る道具(1):幅広い用途に使える【ディスクグラインダー】
鉄を切る道具(2):鉄パイプやアングル材を切断するならこれ【高速切断機】
鉄を切る道具(3):切断速度が速く面も焼けない【チップソーカッター】
鉄を切る道具(4):パイプ切断や解体作業に最適【セーバーソー】
鉄を切る道具(5):切断音も切りくずも少ない【バンドソー】
鉄を切る道具(6):板金加工や窓抜きに!【ニブラ】
鉄を切る道具(7):板金切断の専用工具!【シャー】
鉄を切る道具(8):寸切ボルト専用カッター!【全ネジカッター】

ニブラとは?

二ブラとは打ち抜きで板金切断を行う工具の総称です。あまり聞きなれない名前ですが、トタンの加工や筐体・ケースの加工などにはとても便利な工具です。

二ブラでの加工を二ブリングと言います。作業のイメージとしては紙にファイル穴を開ける穴あけパンチをイメージするといいでしょう、穴を開ける作業を少しずつずらして(オーバーラップ)パンチ穴を開けていくと穴が大きくなって切り離すことができますね、原理としてはこれと同じです。

二ブリングによる切断は非常に高精度であり、切断作業自体がとても速いという特徴があります、また切断の自由度が高く曲線形状や窓抜き形状の切り抜きも可能です。また、切断時の切りくずが大きいため作業後の清掃もしやすいという特徴があります。

個人用途で使う場合、筐体やケース加工するようになったら購入すると加工がとても楽になります。

 

どんな作業で使える?

二ブラによる切断はパンチによるせん断なので基本的に板金しか使用することができません。

しかし、二ブラでの切断は他の金属切断に比べ加工時間が短く精度も高いため、後工程の作業を大きく減らすことができます。

特にDIYではアルミ板一枚切断するだけでも金ノコやヤスリを最低限用意しなければなりませんが、二ブラがあればこれ一本ですべて済んでしまうのは大きなメリットです。

 

どんなニブラがある?

ニブラにもさまざまな種類がありますが、原理はすべてパンチングなので基本的な使い方は変わりません。使用方法などに応じて最適なものを選ぶといいでしょう。

電動二ブラ

一般的なのはモーターで動く電動ニブラです。このタイプは電気で動くため場所を選ばず使うことができます。

100V電源で動くものがほとんどですが、一部ではバッテリータイプのニブラも販売されています。

 

エア二ブラ

 

エアモータで動くのがエア二ブラです。

使い方は電動の二ブラと変わりません。動作させるのに圧縮空気を使うためコンプレッサーが必要になりますが、モータと違い稼働時間の制限がないため連続的に金属加工作業を行うことができます。(といっても二ブラの刃の寿命はだいたい200mほどなのでそんなに連続で使えませんが。)

 

ハンド二ブラ

モーターを搭載せず手で二ブリングする二ブラをハンド二ブラと言います。

ハンド二ブラの場合はパンチングというより食い破るように切断をしていきます。モータの二ブラより刃が角ばっているため、窓抜き時などはより直角な穴を開けることができます。

しかし、ハンド二ブラは「打ち抜く」のではなく「食い破る」ように切断するため、切断面や相手材料は少しだけ傷ついたりゆがんだりしてしまうのが欠点です。

値段は\1,000~\3,000と比較的安価です。

 

 

ニブラまとめ

適切な材料 アルミ・薄手の鉄
適切な形状 板金・Cチャネル(薄物のみ)
適さない形状 厚手の材料
利点 安全・火花がでない・精度が高い・切断が速い
欠点 材料形状を選ぶ(ほぼ板金のみ)
総合評価(最大★5) ★★☆☆☆(板金加工に対しては★5)

 

鉄を切る道具(1):幅広い用途に使える【ディスクグラインダー】
鉄を切る道具(2):鉄パイプやアングル材を切断するならこれ【高速切断機】
鉄を切る道具(3):切断速度が速く面も焼けない【チップソーカッター】
鉄を切る道具(4):パイプ切断や解体作業に最適【セーバーソー】
鉄を切る道具(5):切断音も切りくずも少ない【バンドソー】
鉄を切る道具(6):板金加工や窓抜きに!【ニブラ】
鉄を切る道具(7):板金切断の専用工具!【シャー】
鉄を切る道具(8):寸切ボルト専用カッター!【全ネジカッター】