VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2020年3月13日

MAX 鉄筋結束機「RB-610T」ツインタイアに大径機モデル登場

鉄筋結束機ツインタイアを展開するマックス株式会社は、対象径をD38×D16×D16まで対応させた大径機「RB-610T」を販売しました。

対象径が大きくなったことで、手作業で行うことが多かった柱や梁、耐圧スラブ、橋脚の下部工などへ鉄筋結束機が活用できるようになり、人材の早期戦力化や作業者の負担低減を実現しています。

大径鉄筋対応のツインタイア大径モデル「RB-610T」

マックス株式会社が展開する鉄筋結束機「ツインタイア」シリーズに、新しく大径鉄筋結束に対応した「RB-610T」が加わりました。

RB-610Tでは先端差し込み口を大きくして「大径鉄筋」に対応させることで、最小D16×D16の2本組みから最大D38×D16×D16の3本組みまで幅広い結束状況に対応します。

従来、太い鉄筋に対しては、手作業による鉄筋結束が一般的でしたが、TB-610Tによって、大型ビル・マンションの梁柱や耐圧スラブ・橋梁やトンネルまで様々な現場で使用できるようになりました。

鉄筋の幅広い組み合わせ結束に対応

RB-610Tでは先端の差し込み口を広くしたことで、結束できる対象鉄筋径が大幅に拡大しています。また、7mmの薄型アームを採用したことで結束前の鉄筋交差部も見やすくなっています。

[クリックで拡大]
[クリックで拡大]
[クリックで拡大]

1リールで100回以上の結束をサポート

[クリックで拡大]

ツインタイヤでは、結束時のワイヤで輪を作り引き戻すため従来品より結束力が1.5倍強力になり、1リール当たりの結束数も約2倍になり、リールの交換頻度が削減されています。

トリガーを引いた時の1回あたりの結束時間は、D16×D16の満充電時で0.7秒以下と素早い結束が可能で、ハッカーを使った熟練者並みの素早い結束作業が実現できています。

タイワイヤも、下記の4種類をラインナップしており、作業に応じた様々な線材をサポートします。(4種とも1梱包入数30巻で、最小出荷単位は1個です)

[クリックで拡大]

RB-610T 製品仕様

商品名RB-610T
寸法(H × W × L)300×120×352 mm
質量 2.5kg
対象鉄筋・D16×D16~D32×D29
・D38×D16×D16
・D25×D25×D16×D16
1回結束時間0.7秒以下(D16×D16の満充電時)
1充電当たりの結束数・4000回(4.0Ahバッテリ)
・1500回(1.5Ahバッテリ)
1リールの結束回数目安・D16 × D16 205回
・D38 × D16 × D16 140回
ミミ高さ14mm
安全装置トリガロック
付属品・六角棒スパナ2.5
・キャリングケース
使用可能ワイヤ・TW1060T(JP) なまし鉄線
・TW1060T-EG(JP) 亜鉛メッキ線
・TW1060T-PC(JP) 被覆線
・TW1060T-S(JP) ステンレス線

用途によってRB-440Tと使い分け

RB-610Tは前モデル ツインタイヤのRB-440Tより大口径となり、対応する鉄筋径も大きくなりましたが、RB-440Tに対して完全な上位機種となる訳ではありません。

鉄筋径細い鉄筋の締結では、作業性でRB-440Tが最適なケースもあり、鉄筋径の合計がΦ30以下となる場合ではRB-440Tでしか作業できません。またミミ高さについてもRB-610Tが14mmに対し、RB-440Tが12mmと違いがあります。

RB-440TとRB-610Tは、対応結束径が違うクラス別の製品として使い分けを行う製品となりそうです。

別販売部品

なまし鉄線Φ1.0mm [TW90600]

亜鉛メッキ線Φ1.0mm [TW90605]

ポリエステルコート線Φ1.1mm [TW90610]

ステンレス線Φ1.0mm

Return Top