VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

新着記事

【HiKOKI (旧日立工機)新製品】C7RSHD/C3607DRA|クラス最高水準の低騒音!堅実に進化した卓上スライド丸ノコ

【HiKOKI (旧日立工機)新製品】C7RSHD/C3607DRA|クラス最高水準の低騒音!堅実に進化した卓上スラ...

HiKOKI(旧 日立工機)から、新型190mm卓上スライド丸ノコのC7RSHDが発売された。また、マルチボルトシリーズとして待望のコードレス卓上スライド丸ノコC3607DRAも発売され、マルチボルトシリーズの製品も充実してきた。 今回は新しくなった新型の卓上スライド丸ノコについて、前機種C7RSHCとの違いも含めて解...
【レビュー】ScanSnap iX1500|ドキュメントスキャナの最新フラッグシップモデル

【レビュー】ScanSnap iX1500|ドキュメントスキャナの最新フラッグシップモデル

2018年10月にイメージスキャナでトップシェアのPFUから、ドキュメントスキャナ『ScanSnap iX1500』が発売されました。 今回発売されたiX1500は、前機種iX500の後継機種となるフラッグシップモデルで、約6年ぶりのモデルチェンジとなります。今回は、iX1500を1ヶ月使って約25,000枚をスキャン...
工具も柄入りの時代、エア釘打ち機は迷彩柄で差をつけろ|SK11 SA-F35L-X1CA

工具も柄入りの時代、エア釘打ち機は迷彩柄で差をつけろ|SK11 SA-F35L-X1CA

現在のように電動工具に色が付くようになったのは10年程前からだ。かつて電動工具と言えばのっぺりとした単色のものしかなかったのだ。 マキタは青、日立工機は緑と、メーカーイメージカラーの電動工具しかなかったのだが、リチウムイオンバッテリーのコードレス電動工具が広まると、赤や黄緑色など鮮やかな電動工具が販売されるようになった...
コネクタを作って綺麗な配線、安全確実な圧着の方法|電子工作、次のステップ

コネクタを作って綺麗な配線、安全確実な圧着の方法|電子工作、次のステップ

プリント基板にリード線をはんだする人は多いと思います。1点物の回路ならまだしも、数個作る場合や保守性が必要になってくると、リード線を直接はんだ付けしてしまうと手間になってしまう事が多いです。 コネクタを作れば、見た目も美しく、配線の引き回しや組立分解なども簡単になるため、メリットは非常に大きくなります。 配線の接続はは...
Return Top