VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

工具・DIY

工具とは素材の加工や建築物の施工などに使う様々な道具を指します。このカテゴリでは、工具やDIYに関するコンテンツを記載しています。最新情報や使用している工具のレビュー、工具に関するコラムなど様々なコンテンツを展開していきます。

「電子レンジ」や「電動釘打ち機」など新市場参入を匂わせる様々な特許 [マキタ製品動向]

「電子レンジ」や「電動釘打ち機」など新市場参入を匂わせる様々な特許 [マキタ製品動向]

メーカーにとって生命線となるのは、まさに知的財産たる特許(パテント)の存在だ。今回は、マキタが出願したパテントから、今後の製品展開に大きな影響を与えそうなものや、新市場への展開となりそうなものをいくつか紹介しよう。 ちなみに筆者自身は知財戦略の専門家ではなく、マキタが出願し公開となった特許を紹介した記事となりますので、...
マキタ新製品|GA001G ディスクグラインダ、重負荷に強く AC工具を超える切断能力

マキタ新製品|GA001G ディスクグラインダ、重負荷に強く AC工具を超える切断能力

マキタは2019年11月に40V MAXシリーズの充電式ディスクグラインダ『GA001G』を販売する。 36Vバッテリーとブラシレスモーターを搭載する本製品は、18Vバッテリーや100V電源のディスクグラインダよりも早い切断スピードを実現しており、防水規格のIPX6に対応した製品となっている。 パワーアップと耐久性を実...
マキタ新製品|LS001Gスライドマルノコ、40V MAXバッテリーでAC100V品以上の切断スピードを実現

マキタ新製品|LS001Gスライドマルノコ、40V MAXバッテリーでAC100V品以上の切断スピードを実現

マキタは2019年10月に40V MAXシリーズの充電式スライドマルノコ『LS001G』を販売する。 36Vバッテリーとブラシレスモーターを搭載する本製品は、18Vのスライドマルノコ「LS610D」と比べて安定した「低回転制御」と、100V電源のスライドマルノコよりも早い切断スピードを実現している。 40V MAXバッ...
マキタ新製品|JR001G 防水対応の40V MAXレシプロソー、耐久性と切断速度が向上

マキタ新製品|JR001G 防水対応の40V MAXレシプロソー、耐久性と切断速度が向上

マキタは2019年11月に40V MAXシリーズ対応の充電式レシプロソー『JR001G』を販売する。 36Vバッテリーを搭載するJR001Gは、高い切断性能と耐久性、そして防じん防水構造IP56に対応するレシプロソーとなっている。 40V MAXシリーズのレシプロソー『JR001G』 マキタが2019年11月に販売する...
マキタ新製品|MR203 ステレオペアリングに対応、オーディオメーカー顔負けのBluetoothスピーカー

マキタ新製品|MR203 ステレオペアリングに対応、オーディオメーカー顔負けのBluetoothスピーカー

マキタは2019年11月に新型のBluetoothスピーカー「MR203」を販売する。 前モデルMR202からスピーカーそのものの変更点はないが、MR113に搭載されたステレオペアリング・ダブルモードと、カラー液晶が新たに搭載されるなど、機能面が増強されたモデルとなっている。 2台ステレオモードでステレオサウンドに対応...
マキタの36V戦略はどうなるのか、マキタ40V MAX(XGT)と18V×2本(LXTx2)の違い

マキタの36V戦略はどうなるのか、マキタ40V MAX(XGT)と18V×2本(LXTx2)の違い

現在、マキタの36V電動工具シリーズは、新シリーズの「40V MAX」と18Vバッテリー「18V×2本」の2種類で展開されている。このマキタの36V電圧のシリーズはマキタの電圧バリエーションの中で競合している状態だ 今回は、このマキタ36Vシリーズの違いと今後について予測してみよう。 『18V×2本(LXTx2)』18...
丸くて大きな穴を空ける「ホールソー」の使い方

丸くて大きな穴を空ける「ホールソー」の使い方

ホールソーとは、大きな穴を空けるための切削ビットです。DIYで綺麗に丸い穴を空けるための手軽に使用できます。 今回は、ホールソーの使い方や仕組みなどを紹介していきます。 ホールソーとは ホールソーとは、筒形の本体に刃が付いた穴あけ専用の切削ビットです。ギザギザの刃を回転させて木材の切削を行い、綺麗な円形の穴を空けること...
リチウムイオンバッテリー故障原因の第1位「セルアンバランス」とは

リチウムイオンバッテリー故障原因の第1位「セルアンバランス」とは

電動工具を使用中、突然バッテリーが充電できなくなったり使用できなくなったりした経験がある方も多いと思います。実際、電動工具のバッテリーはスマホやパソコンのバッテリーよりも過酷な環境で使われており、様々な原因を理由としてバッテリーは故障してしまいます。 今回は、電動工具用バッテリーで最も発生しやすい故障「セルアンバランス...
マキタ新製品|LS610D「新スライド構造」の充電式卓上スライド丸のこを発売

マキタ新製品|LS610D「新スライド構造」の充電式卓上スライド丸のこを発売

マキタは2019年9月に、新型の充電式卓上スライド丸ノコ『LS610D』を発売した。 『LS610D』は同社として初となる18Vの卓上スライド丸ノコで、165mmのチップソーに対応し、最大切断能力は高さ46mm幅182mm、無線連動機能AWSに対応する。 「日立」のスライド機構を採用した充電式卓上スライド丸ノコLS61...
HiKOKI新製品|VB3616DA「世界初」のコードレス鉄筋カットベンダ

HiKOKI新製品|VB3616DA「世界初」のコードレス鉄筋カットベンダ

HiKOKIは2019年11月に、コードレス式の鉄筋カットベンダ「VB3616DA」を発売する。 今回発売するVB3616DAは、同社が発売している鉄筋カットベンダVB16Yをマルチボルトシリーズとしてコードレス化したモデルとなる。切断・曲げ能力はD16まで対応し、D13以下の鉄筋では複数本に束ねた作業にも対応する。 ...
HiKOKI新製品|CJ36DA 、マルチボルト対応のコードレスジグソー

HiKOKI新製品|CJ36DA 、マルチボルト対応のコードレスジグソー

HiKOKIは2019年11月に、コードレスジグソー「CJ36DA」を発売する。 今回販売するCJ36DAは、マルチボルト対応のコードレスジグソーで、同社としては初となるブラシレスモーター搭載のジグソーとなる。 マルチボルト対応で切断能力が大幅UPしたジグソー HiKOKI(旧日立工機)が2019年11月に販売するのは...
電動工具で『木に穴を空ける』方法、電動ドリルの使い方を徹底解説

電動工具で『木に穴を空ける』方法、電動ドリルの使い方を徹底解説

電動ドリルはインパクトドライバーに似た電動工具ですが、用途は少し異なり「穴あけ」を得意とする電動工具です。木材から金属、プラスチックまで様々な材料の穴あけが可能で、インパクトドライバーでは対応できない「大きな穴あけ」もできます。 様々な材料に穴を空ける「ドライバドリル」 電動ドリルにはいくつか種類がありますが、その中で...
HiKOKI新製品|180mmチップソー CD3607DA、コードレスで50A鉄管を一発切断 

HiKOKI新製品|180mmチップソー CD3607DA、コードレスで50A鉄管を一発切断 

HiKOKIは2019年11月に、180mmチップソーカッタ「CD3607DA」を発売する。 今回発売するCD3607DAは、180mmディスクを搭載できるマルチボルト対応の36Vコードレスチップソーカッタとなっており、AC品以上の最大出力と切断スピードを実現している。 鉄管50A(60.5mm)を一発切断できるコード...
マキタユーザー注目、マキタバッテリーの小物入れ【MakitaUK】

マキタユーザー注目、マキタバッテリーの小物入れ【MakitaUK】

海外マキタでは日本のマキタでは取り扱っていないユニークなアクセサリを販売しています。 今回紹介するのは、MakitaUK(英国マキタ)で販売されているバッテリー型の小物ケースB-69917です。 イギリスマキタのバッテリー型の小物ケース MakitaUKでは、バッテリー形状の小型ケースB-69917が販売されています。...
Return Top