VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

電子回路

Tagged
スイッチングICから作るDCDC昇圧コンバーター

スイッチングICから作るDCDC昇圧コンバーター

回路の仕様を決めている時、電源の電圧と電子部品の電圧が合わない場合にはレギュレーターIC等を使用して対応すると思いますが、3端子レギュレータなどで簡単に行える降圧と違い、昇圧となるとスイッチング回路の構成などで敬遠してしまう方も多いと思います。 今回は、昇圧スイッチングICを使って昇圧DCDCコンバーターをブレッドボー...
温度センサICを使った温度測定の基礎

温度センサICを使った温度測定の基礎

温度測定を簡単に実現できる温度センサIC 温度を検出する電子部品には様々なものがありますが、今回使用するセンサーは「温度センサIC」です。 センサなのにIC?と思うかもしれません。ほとんどのセンサ類は抵抗やコンデンサをセンサに応用したものなので、受動部品的な特性を持ちますが、温度センサICはサーミスタなどが持つ「クセ」...
ROHMが展開する新電源ソリューション|TECHNO-FRONTIER 2019 レポート

ROHMが展開する新電源ソリューション|TECHNO-FRONTIER 2019 レポート

「TECHNO-FRONTIER 2019」のROHMブースでは、特徴となる制御ICやSiCなどを中心に、実例を中心としたアプリーケーションの展示が行われた。 展示会が行われる度に新しい発見のあるROHMブースだが、今回は「アナログテクノロジ」コーナーで特に注目した、3つのROHMテクノロジ 昇圧にも対応する「Quic...
プルアップ・プルダウンとは?スイッチ入力に必須の抵抗

プルアップ・プルダウンとは?スイッチ入力に必須の抵抗

スイッチやセンサーなど、外部信号をマイコンに入力する時に必要となるのが『プルアップ』『プルダウン』抵抗です。この抵抗は必須でありながら効果が良く分かっていなかったり、逆に省いてしまっている方もいると思います 本記事では、スイッチ入力に使うプルアップ・プルダウン抵抗について解説します。 スイッチ入力を安定な状態に保つプル...
Arduinoでスイッチを使う方法

Arduinoでスイッチを使う方法

Arduinoでやりたいことを考えていると、Arduinoの動作をスケッチから動作させるだけではなくボタンやレバーなどを使って、色々な動作をさせたいと思うようになります。 今回は、Arduinoに外部からの信号を認識できるようにする第一歩、スイッチを使う方法です。 外部入力のすべての基本はスイッチから Arduinoは...
テスターで電子回路の不良を探すテクニック|電子回路検証のプラクティス

テスターで電子回路の不良を探すテクニック|電子回路検証のプラクティス

電子回路が壊れた、動かないなんて時に使う測定機器と言えばテスターです。とりあえずテスターを使うということは知っていても、実際にどうやって使うのか、どうすれば悪い部分を見つけられるのかがわからない方も多いと思います 今回の記事では、テスターを使ってどうやって電子回路の悪い部分を発見するのか?と言う一例を実際の回路と共に紹...
Arduinoでモーターを動かそう!モーターを動かす方法とスケッチ

Arduinoでモーターを動かそう!モーターを動かす方法とスケッチ

Arduinoでモーターを駆動 私たちの身の回りのものはいろいろなモーターに支えられています。電子工作の分野でも、モーターを使えるようになることで家電やロボットに至るまで様々なプロダクトを開発できるようになります。 ArduinoでもLEDを点灯させた後はモーターを動かしてみようと考える人は多いと思います。しかし、Ar...
クランプメーターUNI T『UT210E』レビュー!直流電流も測定できる安価なクランプ

クランプメーターUNI T『UT210E』レビュー!直流電流も測定できる安価なクランプ

UNI Tのクランプメーター『UT201E』は電流を測定することのできるクランプメーターで、非常に安価な価格帯のクランプでありながら力流電流の測定を行うことが出来ます。 今回、TOMTOP様よりクランプメータのご提供を頂いたので早速レビューしてみたいと思います。 直流電流が測定できるクランプメーターがほしい クランプメ...
【電子回路の基板の作り方】FusionPCBに基板を発注してみた

【電子回路の基板の作り方】FusionPCBに基板を発注してみた

電子回路基板(プリント基板)を作ってみよう! ちょっとした試作や小規模の電子回路ならユニバーサル基板で済ませる事もできますが、回路規模が大規模化してきたり表面実装部品を使おうとするとプリント基板を作った方が早く済むことが多いです。 今までは回路基板を作ろうとした場合、生基板や感光基板を使ったエッチング作業が定番でしたが...
【電子回路】サーミスタを使った温度の測定方法

【電子回路】サーミスタを使った温度の測定方法

サーミスタとは? 電子回路の設計を行う場合は温度という問題を常に考えなければいけません。 室温を測定する機能として必要になるのはもちろんですが、回路を安定化させたり未然に重大な事故を防ぐのための電子回路自身を検出する方法というのは常に考えなければなりません。電子回路設計において回路を故障させないために温度を測定するとい...
基板の色々な作り方の紹介【電子工作】

基板の色々な作り方の紹介【電子工作】

基板の作り方にも色々な方法がある 本屋の電子工作書籍コーナーを見に行ったりすると、電子工作の入門本はあるのに実際に基板を作ってみる段階になると、基板の作成手法まで書いてある本はあまり多くありません。 小規模な回路であれば、ブレッドボードやユニバーサル基板などを使って簡単に回路を構成することが出来ますが、少しでも回路を小...
【Arduino】LEDを点灯させるさまざまな方法

【Arduino】LEDを点灯させるさまざまな方法

ArduinoのスタートアップといえばLチカですが、さらにもう一歩踏み込んでいつもと異なるLEDのつなぎ方やdigitalwrite以外の関数を使ったLEDの点灯をやってみたいと思います。 ArduinoでLEDを点灯させる繋ぎ方 ArduinoでLEDを点灯させる場合配線をちょっと変えれば別の電源から電力を供給してa...
Return Top