VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

Ah? Wh?とは バッテリーの持ち時間や容量の読み方

Ah? Wh?とは バッテリーの持ち時間や容量の読み方

スマートフォンからモバイルバッテリーまで、今やモバイル機器は生活に切り離せないデバイスとなっています。電話からブラウジング、ゲームSNSまで色々な事をスマホ一個でできるようになった現在、モバイルバッテリーを持つのも一般的になりました。

今回はモバイルバッテリーや電動工具のバッテリーなどに記載されている、バッテリー容量の表記について解説します。

スマホやモバイルバッテリーの容量を表す「mAh」

モバイルバッテリーやスマホに記載されている「mAh」を見ると、数字が大きいほど「バッテリーが持つ!」とか「大容量!」と大きく書いてあることから「この数字が大きいほど容量も大きいんだな」とざっくり理解している人は多いと思います。

このバッテリー容量を表している「mAh」について解説していきます

「mAh」 は〇〇mAの電流を1時間(h)流し続ける

このスマホによく記載されている「mAh」は「ミリ アンペア アワー」と読みます。3つのアルファベットにはそれぞれ意味があり、組み合わさることでバッテリーの容量を表す意味となっています。

「A(アンペア)」は理科で習う電流の単位であるアンペアです。「m(ミリ)」は千分の一を表す記号で、1A=1,000mAとなります。最後の「h(アワー)」は1時間を表す英単語hourです。

この3つを組み合わせると「mAh(ミリアンペアアワー)」は「〇〇mAの電流を1時間流し続けられる」のを表す単位となります。

「3000mAh」なら3000mAを1時間、もしくは1500mAを2時間

例えば3000mAhのバッテリーの容量を使って、消費電流が3000mAの機器であれば1時間の間、放電できる分の容量を持っていることがわかります。

では、電流を変えるとどうなるでしょうか。

半分の1500mAに減らすと、放電できる時間は倍の2時間になります。逆に電流を倍の6000mAになると放電できる時間は30分になります。

20,000mAhのモバイルバッテリーでなら5,000mAhのスマホを4回分

スマホのバッテリー容量が5,000mAhなら20,000mAhのモバイルバッテリーを使用すると約4回分の容量となります。

実際に充電した場合には、バッテリー充電の他にスマホ自体の動作やロスも発生するため、ピッタリ4回分とはなりません。

バッテリーと機器の電圧が違う場合はWhで考える

「mAh」はモバイルバッテリーでスマートフォンなどを充電した時の「同じ電圧のバッテリー」を充電した時のケースにしか使えません。エネループ鉛蓄電池などでスマホで充電する場合には、考え方が少し変わります。

電圧の違うバッテリー間で充電する場合は、電流(mA)ではなく電力(Wh)として考えないとバッテリーの容量を比較する事ができません。

Wh(ワットアワー)とはAhに電圧(V)を掛けた単位です。例えば、スマホのモバイルバッテリーが10,000mAhの場合、3.6Vを掛け算して36,000mWhとなります。

電動工具のバッテリーをスマホに充電する場合

例として電動工具のバッテリーをスマホに充電する場合を考えてみます。

スマホやモバイルバッテリーに使われているバッテリーは3.6Vで動作しています。モバイルバッテリーの出力は5Vとなっていますが、USB5Vの規格に合わせるために出力を昇圧しているだけであり、内部に使われているバッテリーは3.6Vです。

電動工具の18V6.0AhのバッテリーをWhに計算すると108Whになります、さらにmWhに換算すると108,000mWhとなります。

Return Top