VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

Raspberry PiをUPSライクに使えるバッテリー『Lithium-ion Battery Expansion Board』レビュー!

Raspberry PiをUPSライクに使えるバッテリー『Lithium-ion Battery Expansion Board』レビュー!

Raspberry PiはMicroUSBからの5V供給で動作するコンピュータボードです。USB電源で動作する特徴を生かして、スマホ用のUSB充電器やモバイルバッテリーで動作させることもできるため、ラズパイのコードレス化やUPS化など様々な方法で使用されています。

そんなラズパイのアクセサリとして今回紹介するのは、Raspberry Piの基板の寸法にピッタリ収まる、リチウムイオンバッテリー搭載のバッテリーボード『Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi』です。

簡易UPSになるバッテリーボード!

Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi』は、その名の通り、Raspberry Piに装着できる、3800mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載した拡張ボードです。

モバイルバッテリーでRaspberry Piを動作させると、『勝手に給電が落ちる』『USB給電とバッテリー給電が切り替わらない』などスマホ向けのインテリジェントな機能が搭載されているため、ラズパイに使う電源としてはあまり適切ではありません。

Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi』は、『給電が勝手にOFFにならない』『外部給電とバッテリー給電の自動切換』といったUPS的なシンプルな機能を持った5Vバッテリーボードです。

装着はUSBケーブルで接続するだけ!

Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi接続

今回使用しているRaspberry Piは『Raspberry Pi 3 Model B』です。

『Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi』の装着に通信ケーブルやプログラムの実装の必要はなく、USB電源ケーブルで繋げるだけでバッテリーと外部電源を切り替える動作が可能になります。

Lithium-ion Battery Expansion Boardの動作モード

『Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi』には電源ON/OFFのスライドスイッチが搭載されています。このスライドスイッチは、バッテリー給電のON/OFFを選択するものなので、OFF時であってもMicroUSBに給電されていれば5Vが出力されます。

搭載されているバッテリーは3.7Vの3800mAhのリチウムイオンバッテリーとなっています。容量的には18650セルを1本搭載したモバイルバッテリーとほぼ同等の容量になるでしょう。

  • スライドスイッチの動作

スライドスイッチON時:MicroUSB端子への5V供給が途絶えるとUSB出力はバッテリーに自動切換え
スライドスイッチOFF時:MicroUSB端子への5V供給が途絶えると出力OFF

機能がシンプルなのでラズパイ以外にも使えます

『Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi』はMicroUSB給電とバッテリー給電を自動切り替えるだけの、シンプルな構造になっているバッテリーです。

用途としてはRaspberry Piに取り付けて使われるものですが、出力にUSB端子を採用しているため、スマホやArduinoをはじめとした様々なUSBデバイスにも使うことができ、UPSとして活用できそうです。

出力電流は一般的なUSB充電器と同程度

さて、Raspberry Piには比較的大容量のUSB電源が要求されており、用途によっては2.5Aや3.0Aといった大電流専用電源の使用が要求されています。

この『Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi』の最大出力電流は1.8Aであり、一般的なUSB電源と同程度の出力電流しか備えていません。そのため、データ収集や監視などの通常の用途なら問題ないと思われますが、動画再生や大電流が必要となる外部デバイスの接続には不向きです。

ラズパイのケースが使えなくなるのが残念。。

さて、この『Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi』は、基板の形状がRaspberry Piと同じ寸法になっているため、縦方向に積み重ねることが出来るスマートなアクセサリです。

ですが、Raspberry Piのケースは使えなくなってしまうので、この点を解決するにはケースを自作しなくてはいけません

Lithium-ion Battery Expansion Boardまとめ

今回紹介した『Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi』は、簡易的な5V電源UPSとも言える製品です。

実際、USB電源のデバイスも増えており5V UPSの需要はあると思うのですが、実際にUPSとして使えるモバイルバッテリーは非常に少ないので、この『Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi』のような製品が使えれば、モバイルデバイス用途はさらに広がっていくものと考えられます。

この『Lithium-ion Battery Expansion Board for Raspberry Pi』の魅力的な所は、構造が非常にシンプルになっている点です。USB入力はMicroUSB、出力はUSBコネクタ、そしてバッテリーも交換可能(非推奨)なので非常に用途が幅広いアクセサリです。バッテリーを交換して18650Li-ionセルを並列につなげれば、容量も増やすことが出来るかもしれません。

実際にRaspberry Piに搭載する場合は、Raspberry Piから発せられるバッテリーへの熱の影響に注意が必要です。Raspberry Piからバッテリーが発火するほどの熱は発生しないでしょうが、バッテリー自体は熱によって急速劣化します。ケースや箱に収める場合は、冷却方法も考慮したい所です。

Return Top