VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

マキタ DA450D 充電式13mmアングルドリルを発売、18Vモデルで大径穴あけ

マキタ DA450D 充電式13mmアングルドリルを発売、18Vモデルで大径穴あけ

電動工具を製造・販売する株式会社マキタ(本社:愛知県安城市)は、2021年2月に18V対応の充電式13mmアングルドリル DA450Dを発売する。AC機を超える高速穴あけとコンパクトヘッドと軽量ボディの優れた取り回しを実現。

マキタ 13mm充電式アングルドリル DA450D

電動工具を製造・販売する株式会社マキタは、2021年1月に18V対応の充電式13mmアングルドリル DA450Dを発売する。

DA450Dは、18Vバッテリー対応の充電式アングルドリル。保持しやすい縦長ボディとハンドル位置によって軸心を推しやすく振り回されにくいのが特徴。

充電式ながらハイパワーブラシレスモータと内部構造の最適化によってAC機を超える約65%アップの穴あけスピードを実現。

1充電あたりの作業量は、ラワンΦ21×板厚30mm時で約680本、SPFΦ50×板厚38mm時で約140本。

販売仕様は、充電器とバッテリーが付属するDA450DRGXと本体のみのDA450DZKの2仕様で展開される。

  • DA450DRGX 税別82,700円
    バッテリBL1860B×2本・充電器DC18RF・ケース付
  • DA450DZK 税別39,800円
    ケース付

WH36DC製品仕様 (前機種WH36DA比較)

製品名 DA450D
最大穴あけ能力   鉄工:13mm
  木工:38mm
  座彫り:65mm
ホールソー:127mm
チャック能力 2~13mm
無負荷回転数 高速:0~450min-1
低速:0~1,400min-1
1充電作業量 ラワンΦ21×板厚30mm:約680本
 SPFΦ50×板厚38mm:約140本
重量 3.2kg
寸法 434×82×142mm

製品の特徴「AC機を超える約65%の穴あけスピードアップ」

ハイパワーブラシレスモータの搭載と内部構造の最適化によって、AC機比で約65%穴あけスピードアップの高出力を実現。

最大穴あけ能力は、鉄工Φ13mm、木工Φ38mm、座彫りΦ65mm、ホールソーΦ127mmに対応します。

持ちやすいコンパクトヘッド

従来機のACドリル比較でヘッドハイト長さを-23mm短縮、持ちやすいコンパクトヘッドで快適な穴あけを実現します。

本体ボディは、保持しやすい縦長ボディとハンドルによって軸芯を押しやすく、振り回されにくい構造が特徴です。

ワンタッチ 2段速度切替

レバー操作でワンタッチ速度切替。低速側で重負荷作業、高速側で低負荷作業に対応。

折り畳み式のフックを搭載

脚立やパイプに掛けられる折り畳み式のフックを搭載。

チャックキーの紛失を防止するキーホルダ

ビット交換に使用するチャックキーは本体側面のキーホルダに収納。チャックキーの紛失を防止します。

アングルドリルシリーズで攻めるマキタ

今回販売されたDA450Dは18Vシリーズのアングルドリルです。軽量・小型で取り回しに優れた高出力モデルなので、大型モデル程のパワーはいらないけど取り回しに優れたアングルドリルが欲しいと考えている方にお勧めの製品です。

類似製品では2018年6月発売のDA460Dが展開されています。こちらは18V×2シリーズの製品で重量・大径穴あけに適したモデルになっており、木工50mm・座彫118mmなどの配管などの大径穴あけに適していますが、重量が約6kgと重いので、取り回しの面ではDA450Dに軍配が上がるでしょう。

また、軽量クラスでは、10mm 充電式アングルドリルDA350DRFも展開されています。こちらは木工25mmまでですが1.6kgと軽量で手軽に使えるのが特徴です。

今回のDA450Dの販売によって、小径・大径・重量大径と用途に応じたアングルドリルのラインナップが揃ったので、充電式のアングルドリルが必要なら、とりあえずマキタバッテリーシリーズから選んでおけば間違いないでしょう。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥37,891 (2021/03/02 16:42:47時点 Amazon調べ-詳細)
Return Top