VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

マキタ SK507DGZ 充電式屋内・屋外兼用墨出し器を発売、スマホアプリで省力化

マキタ SK507DGZ 充電式屋内・屋外兼用墨出し器を発売、スマホアプリで省力化

電動工具を製造・販売する株式会社マキタ(本社:愛知県安城市)は、2021年4月にスライド10.8Vバッテリー対応の充電式屋内・屋外兼用墨出し器 SK507GDZを発売する。製品はフルライン SK507GDZ/おおがね・通り芯・ろく SK314GDZ/おおがね・ろく SK211GDZの3モデルで展開する。スマホアプリによる遠隔操作にも対応。

マキタ 充電式屋内・屋外兼用墨出し器 SK507DGZ

電動工具を製造・販売する株式会社マキタは、2021年3月に10.8Vスライドバッテリーで動作する新型の充電式屋内・屋外兼用墨出し器 SK507DGZを発売します。

SK507DGZは、Bluetoothを使ったスマホアプリの遠隔操作に対応する墨出し器です。アプリによる遠隔操作で連続矩出しなどの作業を効率化させ、受光確認やモード切替など多彩な機能をスマホ上から行えるのが特徴です。

連続点灯時間はBL1040B装着時フルラインで13時間を実現。別売りのADP09を使用すれば単3形電池での動作にも対応します。

製品展開は、フルライン仕様のSK507GDZ、おおがね・通り芯・ろく仕様のSK314GDZ、おおがね・ろく仕様のSK211GDZで展開されます。

販売仕様は本体のみのDZのみ展開。バッテリー・充電器は別売です。

  • SK507GDZ 277,000円(税抜)
    フルライン
  • SK314GDZ 227,000円(税抜)
    おおがね・通り芯・ろく
  • SK211GDZ 208,000円(税抜)
    おおがね・ろく

スマホアプリのiOS版・Android版は下記リンクからダウンロードできます。

製品仕様

製品名 SK504GDZ SK314GDZ SK211GDZ
レーザー フルライン おおがね・通り芯・ろく おおがね・ろく
光源 緑色半導体レーザー
光出力 10mW以下
波長 510~530nm
ライン幅 ソフト:0~2,000min-1
指示方式 ジンバル機構による
自動鉛直指示/マグネットダンパー式
指示精度 ±1mm
大矩直角制度 90°±0.01°
鉛直指示範囲 ±1.5°
対応バッテリー 10.8Vバッテリー/単3乾電池
重量 1.9kg
寸法 101×255mm

連続使用時間(全点灯時)

  バッテリ BL1015 BL1040B ADP09
SK507GDZ エコ 約7時間 約20時間 約3時間
通常 約5時間 約13時間 約2時間
高光度
超高光度
SK314GDZ エコ 約14時間 約36時間 約5時間
通常 約9時間 約23時間 約4時間
高光度 約5時間 約15時間 約2時間
超高光度
SK211GDZ エコ 約13時間 約42時間 約6時間
通常 約11時間 約28時間 約5時間
高光度 約7時間 約18時間 約3時間
超高光度 約5時間 約13時間 約2時間

製品の特徴「スマホアプリの遠隔操作に対応」

SK507DGZは、スマートフォンを使用した遠隔操作に対応しているのが特徴です。

従来方式では、本体設置の度に、毎回受光期まで戻って自動追尾をスタートさせなければなりませんでしたが、スマホアプリによる操作によってその場から「アプリで自動追尾ボタンをタップ」するだけで受光器との行き来を減らし、間仕切りの墨出し効率を高めます。

明るさ約1.5倍の超高輝度モード搭載

明るさ約1.5倍の超高輝度モードを搭載。明るい場所での視認性が向上しています。

アプリで操作できる5機能

アプリ操作による5つの遠隔操作機能を搭載。スマホからの操作で墨出し作業を効率化します。

リモコン操作をスマホ画面に、多機能製品の最適解

今回の墨出し器シリーズのメリットは「スマホ操作」「超高輝度照射」「マキタ10.8Vスライドバッテリ対応」の3点です。

カタログ全面でアピールしている機能はスマホ連動ですが、どちらかと言えば視認性を向上させる超高輝度照射を必要とするユーザーの方が多い印象があります。

スマホ連動のレーザー墨出し器は、ムラテックやBOSCHが既に先行しているため、画期的な機能という訳ではありません。ただし、タジマやシンワはスマホ連動の製品を展開していないため、この手の機能に比較的保守的なマキタが業界として早い段階でスマホ連動製品を展開したのは珍しいと言えるでしょう。

スマホ連動の利点は、リモコンが不要になったことでリモコン紛失の心配がなくなったこと、複数台運用時のリモコン混線の心配がなくなる2点です。

盗難防止機能に関しては、「Bluetooth接続中のみ動作が可能にする」のような盛り込んでも良かったと思いますが、その辺りはユーザーの使い勝手に配慮したものと考えられます。

今回の墨出し器シリーズには、電源供給ケーブルA-60171の対応の表記が無く、18V/14.4Vバッテリーでの動作は非対応になるため注意が必要です。

関連アクセサリ・別販売品・消耗品

単3形電池パック

エレベータ三脚

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥3,465 (2021/07/31 17:46:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マキタ(Makita)
¥10,868 (2021/07/31 17:46:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マキタ(Makita)
¥15,496 (2021/07/31 17:46:15時点 Amazon調べ-詳細)

10.8Vスライドバッテリシリーズ 予備バッテリー

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥9,066 (2021/07/31 06:13:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マキタ(Makita)
¥5,535 (2021/07/30 21:28:52時点 Amazon調べ-詳細)

10.8Vスライドバッテリシリーズ 充電器

created by Rinker
¥14,922 (2021/07/31 20:44:29時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事を書いた人

VOLTECHNO編集部
VOLTECHNOはガジェットや電動工具・モノづくりのニッチな情報を伝えるウェブメディアです。
Return Top