VOLTECHNO(ボルテクノ)

ガジェットとモノづくりのニッチな情報を伝えるメディア

ミルウォーキー M18 HOSALC 充電機能付きスタンドライトを取り扱い開始、AC&DC対応

ミルウォーキー M18 HOSALC 充電機能付きスタンドライトを取り扱い開始、AC&DC対応

ミルウォーキーツール・ジャパン合同会社(本社:東京都板橋区)は、2022年1月14日(金)よりM18™充電機能付きスタンドライト(M18 HOSALC-0 JP)の日本正式販売を開始する。最大6,000ルーメンの多方面照射型構造で360度投光が可能で、AC電源接続による点灯とバッテリー充電機能を備える。

ミルウォーキー 充電機能付きスタンドライト M18 HOSALC

ミルウォーキーツール・ジャパンは、 2021年11月22日(月) より M18™充電機能付きスタンドライト(M18 HOSALC-0 JP)の日本正式発売を開始します。 販売価格はオンラインストアで71,500円(税込)[2022年1月時点]

明るさは最大6,000ルーメンに向上し多方面照射型構造による360度投光に対応。現場移動に適した持ち運び・収納構造を備え、AC電源接続による点灯動作とバッテリーの充電機能を新たに搭載します。充電仕様は非開示です。

連続点灯時間はM18 8.0Ahバッテリー装着時で最大10時間。USB出力機能を備えスマートフォン等のUSB機器の充電にも対応します。

販売仕様は本体のみ M18 HOSALC-0 JP で販売。充電器・バッテリーは別売です。

製品仕様 (従来モデル M18 SAL比較)

製品名 M18 HOSALC M18 SAL
外観

LED構成
光束量 強:6,000lm
中:4,000lm
弱:1,700lm
強:2,000lm
中:1,300lm
弱:   850lm
点灯時間 強:3.5時間
中: 5時間
弱: 10時間
強:  4時間
中:  6時間
弱:10時間
最大高さ 2.1m
防水防じん IP54
USB出力 5V-2.1A
充電機能 ×
重量 9.6kg 7.7kg
収納寸法 1050×250×265mm
販売価格 65,000円 32,000円
取扱開始月 2022年1月

製品の特徴「AC電源+充電機能搭載のスタンドライト」

AC電源の接続対応により、バッテリー無しでのLED点灯と充電機能を搭載しています。

本体下部にACコードを接続するコネクタを備え、専用ACアダプタやボックスが無いので現場設置の邪魔になりにくくスマートな配線が可能です。

USB出力機能を搭載

新たにUSB出力機能を備えスマートフォンをはじめとするUSB機器の充電にも対応します。取っ手部分は簡易的なスマホホルダーにもなり、落下や紛失の危険性を減らします。

マキタ 充電式スタンドライトML813/ML814との違い

他社類似の製品では、マキタ 充電式スタンドライトML813/ML814があります。

マキタのスタンドライトは、従来モデルM18 SALに強く影響を受けているモデルであり、単純な性能比較だと今回のM18VHOSALCが圧倒的に優位な製品となります。

ただし、機能的に優れていても販売価格の面では倍近い価格差があるので、コストパフォーマンスの点を考慮すると若干悩んでしまうところです。

充電式投光器に関しては、AC電源が使えるのは大きな魅力ですが、AC電源が常時使用できる環境であればAC電源専用の投光器の方が遥かに安上がりに済むため、意外と優先度は低いものと考えています。充電機能に関しても急速充電器相当の機能を備えているとは考えにくいため、軽い付加価値程度に考えるのが良さそうです。

製品名 M18 HOSALC マキタ ML814
外観

LED構成 12灯 27W
光束量 強:6,000lm
中:4,000lm
弱:1,700lm
強:3,000lm
中:1,700lm
弱:   900lm
点灯時間 強:3.5時間
中: 5時間
弱: 10時間
強:  4時間
中:  7時間
弱:12時間
最大高さ 2.1m 2.24m
防水防じん IP55
USB出力 5V-2.1A ×
充電機能 ×
重量 9.6kg 7.2kg
収納寸法 1050×250×265mm 1,000×216×260mm
本体価格 65,000円 39,000円
取扱開始日 2022年1月 2021年10月

M18 HOSALCまとめ

ミルウォーキー 充電機能付きスタンドライト M18 HOSALC

VOLTECHNO製品評価 4 out of 5 stars (4 / 5)

設置スタンド型充電式投光器、AC接続とバッテリー充電機能を搭載

従来モデルM18 SAL
競合製品マキタ ML814
良い点
  • 光束量が増加
  • AC電源点灯に対応
  • バッテリー充電機能を搭載
  • USB機能を搭載
悪い点
  • 販売価格が高い
Return Top