VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2020年7月4日

SUZUKID 小型軽量のノンガス100V直流インバータ半自動溶接機Buddyを発売

SUZUKID 小型軽量のノンガス100V直流インバータ半自動溶接機Buddyを発売

溶接機・溶接用品を製造・販売するスター電器製造株式会社(本社:神奈川県藤沢市)は、溶接機ブランド「SUZUKID」から、最新のノンガス100V直流インバータを搭載したノンガス半自動溶接機「Buddy SBD-80」を、2020年5月からインターネット通販限定で販売を開始した。

最新インバータ搭載 ノンガス半自動溶接機 Buddy SBD-80

溶接機ブランド「SUZUKID」を展開するスター電器製造株式会社は、2020年5月から100V直流インバータを搭載したノンガス半自動溶接機「Buddy SBD-80」をインターネット通販限定で販売を開始します。

Buddy SBD-80は、最新の100V直流インバータを搭載した小型軽量の半自動溶接機で、従来の同クラス主力モデルArcury80 LunaⅡ比で約40%の軽量化、使用率は35%へ増強、リアクターボックスなしでの薄物溶接対応を実現した、性能を大きく向上したモデルです。

ノンガス100V直流インバータ搭載・小型軽量で高性能

Buddy SBD-80はノンガス100V直流インバータ搭載ノンガス半自動溶接機です。

新型の100V直流インバータを搭載し、安定したアークによって幅広い電流域での作業性を実現。軟鉄0.8~5mmまで(コンセント入力時0.8~3.2mm)の溶接作業に対応。使用率は、2次電流80A時で35%、45A以下で100%と十分な作業量を備えているのが特徴です。

安全面も配慮されており、電源スイッチをONしただけではワイヤに通電せず、トーチのトリガスイッチがオンになってからアークが飛ぶ安全設計です。

半自動溶接機とは

半自動溶接機とは、溶接材として長いワイヤを使用するアーク溶接機を指す。溶接機・溶接トーチ・溶接ワイヤ・ワイヤ供給装置から構成される。CO2溶接、MAG溶接、MIG溶接などのガスシールドアーク溶接の場合、シールドガスも併用する。

リールから溶接材(ワイヤ)を連続的に供給できるため、安定したアークを持続でき、ワイヤが続く限り連続した溶接が可能なので、被覆アーク溶接(手棒溶接)より作業能力が高く、広い範囲の溶接に適する。

ノンガス溶接機とは

シールドガスを使用して溶接を行うガスシールド溶接に対し、ノンガスワイヤと呼ばれる専用ワイヤによるシールドガスを使用しない溶接に対応した半自動溶接機。

ワイヤのみで溶接できる手軽さや屋外作業に対応できる利点がある。ガスシールド溶接に比べヒューム・スパッタも多くビード外観も劣るが強度は同等。ワイヤの品質によって溶接の仕上がりが大きく左右される為、専用品やメーカ純正品の使用が望ましい。

より小さく・より軽い。コンパクトボディで持ち運び自由

数ある半自動溶接機の中でも、Buddyはトップクラスの軽量ボディ6.3kgで持ち運びしやすい溶接機になっています。

従来の半自動溶接機(Arcury80 LunaⅡ)と比較して、約40%の軽量化を実現しており、本体内部にワイヤを収納する方式を採用。溶接に必要な周辺機器を装着した状態でも片手で持ち運べる手軽さが特徴です。

リアクターボックス不要!薄板0.8mm溶接に対応

新型のインバータ搭載によって従来機種以上にアークの発生を安定化できるようになり、リアクターボックス(SR-80)なしでの薄物溶接にも対応しました。

薄板の溶接を行う場合でも、設置場所や配線を複雑化させることなく、すっきりとした作業場で溶接を行うことができます。

PSE(電気用品安全法)適合 コストと安全性を兼ね備えた溶接機

半自動溶接機を始めとするアーク溶接機は、電気用品安全法の特定電気用品以外の電気用品1に該当しているため、国内で販売する溶接機は、PSEに適合する必要があります。特に、一般的なAC100V/15Aのコンセントでは、一般家電にも電気を供給しているため、他の電気製品にノイズによる影響を与えない回路的な構造も必要になります。

国内メーカーであるスター電器製造株式会社の溶接機はPSEへの適合はもちろんのこと、Buddyでは電気用品安全法のノイズ規制基準(EMC規制)もクリアした市場に数少ない高品質な溶接機で、一般家庭のAC100V電源の使用でも安心して使用することができます。

Buddy製品仕様(従来機種Arcury80 LunaⅡ比較)

※改良点は太字

品名BuddyArcury80 LunaⅡ
外観
型式SBD-80SAY-80L2
定格入力電力24.4A25A
定格入力容量2.44kVA2.5kVA
定格出力電流DC80ADC75A
出力電流DC30A~80ADC40A~75A
使用率35%(80A)
60%(60A)
100%(45A)
20%(75A)
適用ワイヤ0.8φ0.8φ
溶接可能板厚軟鉄 0.8mm~5mm
ステン 0.8mm~1.5mm
軟鉄 1mm~5mm
ステン 0.8mm~1.2
※リアクターボックス
軟鉄 0.8mm~1.2mm
ワイヤホルダ本体内蔵側面カバー
寸法152W×317L×273H211W×330L×235H
質量6.3kg11kg
販売参考価格30,000円38,000円
発売年2020年2009年
製品情報製品PV製品ページ
カタログ
製品PV

溶接機の新たなスタンダード、家庭・DIY用に最高の1台を

SUZUKIDのブランドは国内の溶接機市場に強いシェアを持ち、幅広い製品ラインナップと高品質な製品を提供している企業です。溶接機市場で高い評価を得ると同時に、溶接の普及活動にも貢献しており、溶接業界のリーディングカンパニーとして様々な展開を行っています。

PSE(電気用品安全法)に適合しているので、農機具の修理など業務用途での現場の要求にも応えながら、安全面も配慮されているのが大きなメリットです。ノイズ規制基準もクリアしているため、家庭用コンセントAC100Vで使用する場合でも他の家電に影響を与える心配が少ない安心感もあります。

Buddy SBD-80は、本格的に使用するユーザーの要求に応えられる非常に性能の高い半自動溶接機でありながら、非常に高いコストパフォーマンスも実現しており、家庭・DIY用の溶接機の新たなスタンダードモデルと言えるでしょう。

通販サイトでは中国メーカー品の低価格な溶接機も販売されていますが、本来、アーク溶接機はPSE(電気用品安全法)に適合する必要があります。過去にはPSEに適合していないモバイルバッテリー2やクリーナーの互換バッテリーが発火・事故3になる事例が多数発生した事例もありました。今や、PSE適合は製品品質や安全性を確保する1つのキーワードとなっています。

国内で販売されている製品であっても海外の格安製品は安全規格に適合しているとも限らず、電気用品安全法や労働安全衛生規則、各メーカーが持つ安全構造のノウハウがない点も不安要素となります。

SUZUKIDの製品は、国内メーカーの品質、そして性能・価格・デザインに優れた溶接機と言えます。入門用・熟練者限らず、溶接機購入の際には名機とも言える溶接機 Buddy SBD-80をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

溶接機で製作されたオリジナル溶接作業テーブル。門扉からフェンスの製作・補修からカー・バイク・農機具メンテナンスまで幅広い用途に使える実践的な溶接機

溶接用品・Buddy用消耗品

コンパクトな新型被覆アーク溶接機「Sticky」も発売中

本記事で紹介したBuddyは、半自動溶接機ですが、溶接機を使用するより小型な被覆アーク溶接機「Sticky」も販売されています。

溶接棒を多用する場合や屋外での作業が多い環境では、こちらのStickyもおすすめです。

脚注

  1. 特定電気用品以外の電気用品(341品目)一覧|経済産業省
  2. モバイルバッテリー「1.リコール製品のモバイルバッテリーから発火」|NITE
  3. ネットモールで充電式掃除機用として販売されたSHENZHEN OLLOP TECHNOLOGY社製バッテリーパックの使用を中止してください|経済産業省
Return Top