VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

TAJIMA R400A 小さいながらもハイパワー、取り回しも良い4方向チャッキングレシプロソー|タジマ新製品

TAJIMA R400A 小さいながらもハイパワー、取り回しも良い4方向チャッキングレシプロソー|タジマ新製品

2019年1月に建築用ツールメーカーのタジマから、充電式レシプロソー『R400A』が発売された。

タジマは2018年に高トルクが特徴の太軸インパクトF300Aを開発し電動工具開発へと参入したが、今回のレシプロソーは同シリーズに連なる新しい電動工具だ。

コンパクトとハイパワーを両立したレシプロソー

レシプロソー『R400A』は、コンペックスや安全帯などで有名なタジマが販売した新型のレシプロソーだ。

国内電動工具メーカーとレシプロソーでは、マキタのJR187D, JR188DやHiKOKIのCR36DAが競合製品となるが、今回発売したタジマのR400Aは、他社製品にも劣らない魅力的なスペックを備えている。

最初に挙げられる特徴が、レシプロソーとして非常にコンパクトサイズに収まっている点だ。

R400Aではモーターを斜め配置によって、一般的なレシプロソーよりも短い全長を実現している。他社が400mmの全長を超える中、R400Aでは386mmの短さを実現している。

2つめに挙げられるのは、コンパクトなサイズになっていながら、スペックは他社製のレシプロソーに全く劣っていないところだ。

コンパクトなレシプロソーとしてはマキタのワンハンドシリーズJR188Dがある。このマキタのレシプロソーは、全長が短くなっているが、その分スペックも落としており、ストローク幅は20mmと切断性能は低下している。

R400Aでは、コンパクトなボディでありながらも業界トップクラスの切断性能の維持を実現しているのが特徴だ。ストローク幅31mmで、切断能力は金属管・外径130mm、木材・厚さ255mmと十分なスペックを備えている。

新構造の4方向チャッキングでどんな作業も柔軟に対応

R400Aの最大の特徴は「4方向チャッキング」の搭載だ。従来のレシプロソーは上下の2通りしか装着方法だったのに対し、R400Aでは左右方向への装着にも対応して4方向の切断ができるようになり、作業の柔軟性は大きく向上している。

4方向チャッキング構造により、横方向への装着も可能になったため、作業の柔軟性は大きく向上した。もちろん従来通りの上下方向の刃の装着にも対応している。
横方向へのブレード装着により、狭い場所でも快適に切断できるようになっている。
角に配置されたパイプ切断などには横方向のブレード装着が最も適した作業となるだろう。マルチツールを使用するよりも素早い切断が可能になり、作業性も大きく向上する。

フックやスピード調整など細かな機能も搭載

R400Aはその他にも様々な細かい機能が搭載されている。

スピード調整を行う調整ダイヤルや、単管などに引掛けるフック、防滴・防じんへの対応など、マキタ・HiKOKIの製品にも劣らないスペックと仕上がっている形だ。

トリガー操作によるスピード調節のほか、ダイヤルによる調節にも対応している。他社のボタン式の切り替えよりも細かい調整が可能だ。
レシプロソーに一般的となったフックもされている。コンパクト形状のレシプロソーでフック付きは初だ。
防滴・防じんにも対応し野外での作業にも対応している。しかしIPXなどの防水規格の適合については確認できず、タジマ独自による機能のようだ

他社モデルとの比較

他社のレシプロソーと比較しても、R400Aの劣っている部分はほとんどありません。

特に取り回ではHiKOKI CR36DAとマキタJR188Dの中間的な大きさとなっており、中間サイズのレシプロソーが欲しいユーザーにとっては選択肢が増えた形となります。

一方では、カタログスペックに記載されていない粘り強さや切断スピードと言った部分だとHiKOKI CR36DA程ではないと考えられます。

製品名 PT-R400A CR36DA JR188D
製品外観
切断能力能力
パイプ
木材
鋼板

130mm
120mm
19mm

130mm
255mm
19mm

130mm
255mm
—-
無負荷ストローク数 2,800min^-1 3,000min^-1 3,000min^-1
ストローク量 31mm 32mm 20mm
本体寸法
長さ×幅×高さmm
386×89×240 457×101×251 316×81×220
質量 3.5kg
バッテリ含む
4.5kg
バッテリ含む
2.8kg
バッテリ含む
電源 18Vバッテリー マルチボルト 18Vバッテリー

今後のシリーズ展開にも期待が持てるタジマの電動工具

タジマは新規参入のメーカーながら、他社にも負けない魅力的なスペックを備えたレシプロソーの販売には驚きだ。正直、タジマの電動工具は太軸インパクトの一発で終わると考えていただけに、このレシプロソーの販売は予想外だった。

更に驚かされたのが、そのスペックだ。電動工具としては新規参入ながら、ユーザーの必要とするスペックを満たし、他社メーカーにはないコンセプトを狙い撃ちしたタジマの開発コンセプトには驚かされる。

コンセプトにおいては非常に優秀なレシプロソーとなった本機だが、欠点となるのは販路やアフターサポート、そして同シリーズのラインナップ数だ。特に、タジマが電動工具を販売しているのを知る人はまだ少ないだろう。

期待されるのは、今後も今回のような電動工具やバッテリーを用いた、同シリーズのラインナップ拡充だ。今後も、タジマの開発する電動工具には注目したい。

Return Top