VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

【コードレスコンプレッサ】電源不要!バッテリーで空気工具が使える!DeWALT DCC2560T1

【コードレスコンプレッサ】電源不要!バッテリーで空気工具が使える!DeWALT DCC2560T1

バッテリーで動く建築用コンプレッサーが登場


DEWALT DCC2560T1 FLEXVOLT 60V MAX 2.5 gallon Cordless Air Compressor Kit [並行輸入品]

2017年夏にDeWALTからリチウムイオンバッテリーで動作するコンプレッサーが発売された。これまでも、12Vで動作するコンプレッサーやバッテリーで動作するコンプレッサーは販売されていたが、釘打機で使用できるバッテリー式のコンプレッサーは恐らく初めてだろう。

同社は60VのリチウムイオンバッテリーであるFLEXVOLTシリーズを展開しており、バッテリーながら釘打機に使用できるコンプレッサーにできたのも60Vの高電圧だからこそ実現できたものだ。

DeWALT DCC2560T1のスペック

コードレスコンプレッサーDeWALT DCC2560T1スペック

上記の表はDCC2560T1のスペックである。米国基準の表記となるため、要点をまとめたものを下に記した。

  • 常圧のみ。空気取出口(1個)
  • 取り出し可能圧力 0.93MPa
  • エアタンク容量 9.5L
  • モータ消費電力 約300W
  • 本体重量  9.75kg

コードレスコンプレッサーで出来る作業は?

コードレスコンプレッサーDeWALT DCC2560T1内装

DCC2560T1は小型のコンプレッサーであり、吐出し空気量は大きくないコンプレッサーだ。タンクは9.5Lとそこそこのタンク容量を持つが、常圧コンプレッサーであるためタンク容量ほどエア容量は少なく、エア使用量が多い空気工具を使うとエア不足になりやすい。そのため、使用できる空気工具はフィニッシュネイラピンネイラ・タッカなどのエア使用量が少ない空気工具に限られそうだ。

なお、DCC2560T1は常圧専用のコンプレッサーであり、日本で主流の高圧釘打機には使用できないため注意が必要だ。

コードレスコンプレッサーDeWALT DCC2560T1空気入れ

コードレスコンプレッサは日本でも発売する?

コードレスコンプレッサーDCC2560T1は60VバッテリーFLEXVOLTを持つDeWALTと、常圧の空気工具主流の北米地域だからこそ実現したコンプレッサーだ。

日本でもコードレスコンプレッサーの登場が期待されるが、高圧主流の日本市場では高圧コンプレッサーが必要であり、そのためのモータは非常に高出力なものになる。日本の電動工具メーカーが持つバッテリーではこのような動かすのは難しいと考えられるため、日本の電動工具メーカーから釘打機に使えるコードレスコンプレッサが発売する見込みは薄そうだ。

Return Top