VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2021年3月21日

HiKOKI G18DSL2 コードレスディスクグラインダを発売、過負荷耐力アップ

HiKOKI G18DSL2 コードレスディスクグラインダを発売、過負荷耐力アップ

電動・エア工具を製造・販売する工機ホールディングス株式会社(東京都港区)は、電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」からコードレスディスクグラインダ G18DSL2、G14DSL2を、2020年1月25日より全国の電動工具取扱販売店などを通じて発売する。

コードレスディスクグラインダ G18DSL2/G14DSL2

電動工具ブランド HiKOKIを展開する工機ホールディングス株式会社は、2021年1月25日にコードレスディスクグラインダ G18DSL2を発売する。

G18DSL2は、2008年に発売を開始したG18DSLの後継モデルです。約10年ぶりのモデルチェンジとなり、過負荷耐力が大幅に向上。高負荷がかかった際も動作が止まりにくく、安心して作業できるのが特徴。

14.4Vバッテリー対応のG14DSL2も同時発売。

販売仕様はバッテリー・充電器・ケースが付属する(XP)仕様と本体のみの(NN)仕様で展開される。

  • G18DSL2(18Vモデル)
    • G18DSL2(XP) 希望小売価格 \51,300
      マルチボルト蓄電池BSL36A18・急速充電器UC18YDL2・ケース付
    • G18DSL2(NN) 希望小売価格 \19,000
      本体のみ
  • G14DSL2(14.4Vモデル)
    • G14DSL2(XP) 希望小売価格 \44,400
      マルチボルト蓄電池BSL36A18・急速充電器UC18YDL2・ケース付
    • G14DSL2(NN) 希望小売価格 \17,000
      本体のみ

G18DSL2製品仕様 (前機種G18DSL比較)

製品名 G18DSL WH36DA
外観
対応ディスク 100mm
無負荷回転数 9,000min-1 9,100min-1
重量 2.0kg
寸法 303×60mm 293×60mm

製品の特徴「従来モデル比で過負荷体力が向上」

過負荷耐力の向上により、高負荷がかかった際も動作が止まりにくく安心して作業できます。G 18DSL2は従来機種のG18DSLに比べて約1.6倍、G14DSL2では約2.6倍、過負荷耐力が向上しています。

日立工機時代から続くロングセラーモデルのリニューアル

G18DSLは日立工機のリチウムイオンバッテリー初期の時代から販売が継続されているモデルで、電動工具の中でも特に長い期間販売が続いたモデルです。

性能面ではブラシレスモータ搭載のグラインダには及びませんが、価格の安さから「とりあえずグラインダを1台」な需要には最も最適な1台です。14.4Vモデルの販売も継続されたので、14.4Vバッテリーユーザーの方も安心です。

技術的な背景で考えれば、ブラシモータによる性能向上は限界が来ているため、この10年で劇的に変わった部品のバッテリーに合わせ、現行バッテリーの出力に合わせてリニューアルした製品と考えるのが自然でしょうか。

カタログ値にある「過負荷体力 約1.6倍アップ」に関しては表現が曖昧で数値として参考にはなりませんが、長年続いた定番機種がリニューアルされて販売継続されるのも、ある意味で良い戦略です。

別販売品・関連アクセサリ・消耗品

ベベルワイヤブラシ用アクセサリ

カップワイヤブラシ用アクセサリ

切断砥石用ホイルガード アクセサリ

ダイヤモンドカッター用集じんアダプタ

ダイヤモンドカップホイール用集じんアダプタ

18Vバッテリー

HiKOKI 充電器

HiKOKI コードレス集じん機連動アクセサリ

Return Top