VOLTECHNO(ボルテクノ)

ガジェットとモノづくりのニッチな情報を伝えるメディア

2023年12月3日

日立工機 WH18DDL コードレスインパクトドライバを発売、独自技術ACSでカムアウトを軽減

日立工機 WH18DDL コードレスインパクトドライバを発売、独自技術ACSでカムアウトを軽減

日立工機株式会社(本社:東京都港区)は、2013年2月に14.4V/18VコードレスインパクトドライバWH18DDLを全国の電動工具取扱販売店などを通じて発売する。クラス最速の高速締付けで作業時間が大幅に短縮する。本体希望小売価格は25,800円(税別)

本記事は、過去の発売情報を元に構成したアーカイブ記事です。

日立工機 WH18DDL コードレスインパクトドライバ

日立工機は、2013年2月から18Vコードレスインパクトドライバ WH18DDLを発売します。

WH18DDLは、従来製品(WH14DBAL2)と比べてねじ締め速度が約35%高速化したコードレスインパクトドライバです。ヘッドの長さも128mmとコンパクトになり、取り回し性に優れているのが特徴です。

日立独自のACS(Active Control System アクティブ コントロール システム)機能により高速に効率の良い作業を実現し、負荷に応じて回転を自動高速化することでねじ締めスピードを飛躍的にアップします。また打撃タイミングを自動最適化して高速時のカムアウトを軽減する機能も搭載しています。

販売仕様は、4.0Ahのバッテリー充電器が付属する(2LLCK)と3.0Ahのバッテリー充電器が付属する(2LSCK)、本体のみの(NN)で展開します。

WH18DDL/WH14DDL 製品仕様

製品名 WH18DDL WH14DDL
外観
能力 小ねじ:4~8mm
テクスねじ:3.5~6mm
普通ボルト:M5~M16
高力ボルト:M5~M12
最大締付トルク 172N・m 167N・m
無負荷回転数 0~3,100min-1 0~3,000min-1
打撃数 0~3,400min-1 0~3,300min-1
動作電圧 18V 14.4V
重量 1.5kg 1.3kg
寸法 128×237mm
本体価格 25,800円(税別) 24,800円(税別)
販売年月 2013年02月

 

 

製品の特徴
「クラス最速 高速締付けで作業時間を大幅短縮」

WH18DDLは、最大締付トルク172N・mを実現しており、従来モデル WH14DBAL2比較でネジ締め時間が約35%高速化しています。

アクティブ コントロール システムでカムアウトを軽減

日立独自のACS(Active Control System アクティブ コントロール システム)機能でより高速に効率の良い作業ができます。負荷に応じて回転を自動高速化し、ねじ締めスピードを飛躍的にアップさせます。打撃タイミングを自動最適化し、高速時のカムアウトを軽減します。

従来モデル比-10mmの最短最小サイズ

本製品は、従来モデル WH14DBAL2から10mm短くなり、全長128mmとコンパクトになりました。作業しやすいサイズで狭所作業に威力を発揮します。

豊富なカラーバリエーション

カラーバリエーションはアグレッシブグリーン(L)、パワフルレッド(R)、ストロングブラック(B)、スピーディーホワイト(S)、アクティブイエロー(Y)の5色で展開します。

2015年2月 限定カラーモデルを発売

2015年2月には期間限定カラーとしてスペシャルレッド(SR)、ソリッドブルー(SB)、ストロングブラック+ゴールド(BG)を展開します。

2015年5月 限定カラーモデルを発売

2015年5月には期間限定カラーとしてミラーシリーズが登場します。カラー展開はミラーシルバー(MS)、ミラーゴールド(MG)、ミラーレッド(MR)、ミラーグリーン(MG)、ミラーブルー(MB)の5色です。

まとめ

日立工機 コードレスインパクトドライバ WH18DDL

VOLTECHNO製品評価 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

クラス最速の高速締付けで作業時間が大幅に短縮

良い点
  • 全長が従来モデル比較で10mm短縮
  • 作業スピードが約35%向上
悪い点

関連アクセサリ・別販売品・消耗品

マルチボルトバッテリー

18Vバッテリー

Bluetooth搭載マルチボルトバッテリー

充電器

Return Top