VOLTECHNO(ボルテクノ)

ガジェットとモノづくりのニッチな情報を伝えるメディア

2024年5月2日

マキタ CF003G 充電式産業扇を発売、羽根径450mmの大風量モデル

マキタ CF003G 充電式産業扇を発売、羽根径450mmの大風量モデル

電動工具を製造・販売する株式会社マキタ(本社:愛知県安城市)は、2023年6月に40Vmaxシリーズの充電式産業扇 CF003Gを発売する。450mmの大径羽根仕様を備えており、大風量で広い空間の送風、換気に対応する。40Vmaxに加えて18Vバッテリーの装着も可能な仕様を備える。本体標準小売価格は53,500円(税別)

マキタ 充電式産業扇 CF003G

電動工具を製造・販売する株式会社マキタは、2023年6月に40Vmax 充電式産業扇 CF003Gを発売します。

CF003Gは、羽根径450mm仕様の充電式ファンです。最大風量120m3/min、最大風速300m/minのAC電源動作の産業扇と同等の仕様を備えており、BL4080Fバッテリー装着時には最大風速時で約3時間50分の動作に対応します。

風量の無段階調節機能や18V/40Vmaxのバッテリー同時取り付け機能に対応しており、マックパックカートとの装着も可能です。

販売仕様は、本体のみのCF003GZのみ販売します。

製品仕様 (40Vmaxモデル 充電式ファン比較)

製品名 CF003G CF002G CF001G
外観
刃長 450mm 330mm 235mm
風速 最大300m/min 強:240m/min
中:170m/min
弱:120m/min
強:190m/min
中:150m/min
弱:120m/min
風量 38~120m3
バッテリー 18V/40Vmax 18V/40Vmax 40V
AC動作
重量 7.9kg 3.8kg 2.0kg
寸法 312×633×770mm 261×439×602mm 143×333×463mm
本体価格 53,500円(税別) 17,800円(税別) 13,900円(税別)
販売年月 2023年06月 2020年05月 2021年04月

製品の特徴
「450mm径仕様の充電式産業扇」

CF003Gは、羽根径450mmの仕様を備える大型の充電式ファンです。このサイズになると産業扇とも呼ばれるクラスになります。

充電式モデルながらも最大風量 120m3/minの製品仕様によって業務用AC電源産業扇にも匹敵する性能を備えており、工場設置から屋外作業、ガレージの早急な換気など、大風量を必要とする用途に活用できます。

40Vmaxと18Vバッテリの同時取り付けに対応

40Vmaxバッテリーと18Vバッテリーの両方の装着に対応しており、同時取り付けも可能です。

バッテリー 稼働時間
BL4025 最大:約1時間15分
最小:約10時間40分
BL4040 最大:約1時間55分
最小:約17時間10分
BL4040F 最大:約1時間55分
最小:約17時間10分
BL4050F 最大:約2時間30分
最小:約21時間20分
BL4080F 最大:約3時間50分
最小:約34時間20分
BL1815N 最大:23分
最小:約3時間10分
BL1820B 最大:約30分
最小:約4時間15分
BL1830B 最大:約1時間15分
最小:約6時間25分
BL1850B 最大:約1時間10分
最小:約10時間40分
BL1860B 最大:約1時間15分
最小:約12時間50分

風量無段階調整機能

ダイヤル操作での風量無段階調節機能を搭載、38~120m3/minの範囲で風の強さを調節できます。

マックパックカートに装着可

台座の爪部分にマックパックカートの接続ラッチを取り付け可能。カートの装着で運搬も容易になります。

ナカトミ 45cmアルミ充電ファン RCF-45ASとの違い

450mm羽仕様でバッテリー搭載の充電式ファンとしては、ナカトミ RCF-45ASが近いモデルになります。

製品仕様として450mmの羽根を備えたモデルですが、性能差は大きく、マキタCF003Gはナカトミ RCF-45ASの約2倍の製品スペックを備えています。

ただし価格差はそれ以上に大きく、CF003Gは実売価格3万円後半になると予想されますが、RCF-45ASは実売価格1万円で販売しています。性能差ではマキタ CF003Gが優位となるものの、とりあえずAC電源なしの大型ファン産業扇が欲しいと思っている方であればRCF-45AS一択となるでしょう。

製品名 CF003G RCF-45AS
外観
羽径 450mm 450mm
風速 最大300m/min 最大150m/min
風量 38~120m³ 最大75m³
バッテリー 18V/40Vmax 内蔵22.2Vバッテリー
AC動作
防水 × IPX4
重量 7.9kg 3.8kg
寸法 312×633×770mm 220×610×570mm
本体価格 53,500円(税別) オープン価格
販売年月 2023年06月 2022年03月

ついに登場した本格サイズの業務用産業扇だが

今回発売した充電式産業扇は450mm羽根のモデルであり、その製品性能はAC動作の産業扇にも匹敵する仕様を備えています。これまでのバッテリー動作のファンは市販扇風機に若干届かない製品仕様だったので、AC電源で動作する扇風機を置き換えられるスペックを持っています。

製品のコンセプトとしては充電式の産業扇なので、電動工具市場としては新ジャンルの製品となる訳ですが、少し考え込んでしまうのは売価53,500円と高めに設定されている点です。バッテリーを含めると、6~7万円くらいのコストになるわけですが、AC動作の45cm産業扇ならその1/10のコストで買えてしまいます。

この辺りはマキタ品質を確保した部分や競合他社品よりも長い製品ライフサイクルを想定しているため、その影響をコストに反映したものと考えられますが、既にある程度普及が進んでいる製品に対して、10倍近いコストを容認できるユーザーはどこまでいるのかと考えてしまう部分もあります。とは言え、最近のマキタはこのあたりの既存市場の存在を無視してでも製品を販売する傾向が強いので、もはや価格が高くても売れるときは売れると開き直っている面があるのかもしれません。

また、この価格帯であればブラシレスモータを搭載してほしかったところなのですが、カタログにBLモータロゴの記載が無いため、ブラシモータ仕様と推測されます。

まとめ

マキタ 充電式産業扇 CF003G

VOLTECHNO製品評価 4 out of 5 stars (4 / 5)

455mm羽搭載の大型充電式ファン、18V/40Vmax共用

良い点
  • AC電源動作の産業扇に匹敵する仕様
  • 40Vmaxと18Vバッテリの同時装着に対応
  • 無段階調節機能を搭載
  • マックパックカート装着に対応
悪い点
  • 価格が高い

よく比較される工具

マキタ CF001G

2020年5月発売

マキタ CF002G

2021年4月発売

関連アクセサリ・別販売品・消耗品

40Vmaxシリーズ 標準バッテリ

40Vmaxシリーズ 高出力Fバッテリ

バッテリアダプタ

40Vmaxシリーズ 充電器

40Vmaxシリーズ パワーソースキット(1口充電器セット)

40Vmaxシリーズ パワーソースキット(2口充電器セット)

ポータブル電源

バッテリチェッカ

マキタ 18Vシリーズバッテリ

マキタ(Makita)
¥9,180 (2024/05/27 15:37:32時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥14,500 (2024/05/27 12:20:14時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリアダプタ

充電器

パワーソースキット

ポータブル電源

バッテリチェッカ

Return Top