VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

マキタ新製品|GA001G ディスクグラインダ、重負荷に強く AC工具を超える切断能力

マキタ新製品|GA001G ディスクグラインダ、重負荷に強く AC工具を超える切断能力

マキタは2019年11月に40V MAXシリーズの充電式ディスクグラインダ『GA001G』を販売する。

36Vバッテリーとブラシレスモーターを搭載する本製品は、18Vバッテリーや100V電源のディスクグラインダよりも早い切断スピードを実現しており、防水規格のIPX6に対応した製品となっている。

パワーアップと耐久性を実現した40V MAXグラインダ「GA001G」

makita 40V MAX GA001G

マキタが2019年11月に販売する充電式ディスクグラインダ『GA001G』は、同年10月に発表した40V MAXシリーズの新製品となる。

GA001Gは40V MAXシリーズの充電式グラインダとなり、AC電源のディスクグラインダのような高出力仕様を実現している。

36Vブラシレスモーターの搭載により、AC電源のディスクグラインダよりもパワーが上昇しており、大型ベアリングや高耐久の新型スイッチにより耐久性も向上している。

makita 40V MAX GA001G

ブラシレスモーター搭載によりAC従来機以上の切断能力を実現

makita 40V MAX GA001G

GA001Gは、36Vバッテリーに加えブラシレスモーターの採用によりAC従来機以上の切断スピード18V従来機以上の重負荷連続作業性を実現している。

グラインダは重負荷による連続作業を行うと、電子部品やバッテリーの発熱により故障防止のために保護停止する場合があるが、18Vシリーズの充電式ディスクグラインダの発熱による保護停止作業量と比較して、GA001Gでは2倍の連続作業性が確保されている。

makita 40V MAX GA001G作業量

1充電当たりの作業量については、18V6.0Ahを搭載した時のGA412Dのコンクリート筋付け(10mm)の作業量16.8mと比較すると1回の充電で作業できる量は減少してしまっている。

18Vモデルよりも長い作業量が必要な場合は大型バッテリーのBL4040購入の検討が必要になるようだ。

防水の「マキタ GA001G」か変速の「HiKOKI G3610DA」か

makita 40V MAX GA001G防水

36V対応のディスクグラインダとしては今回のGA001Gの他、HiKOKIからG3610DAが販売されている。

「防水性能」としてはIPX6に対応しているGA001Gが優位であり、40V MAXシリーズバッテリー本体の防水機能もあり、屋外使用が中心であればGA001Gを選びたいところだ。

参考: マルチボルト(36V)コードレスディスクグラインダ(ブレーキ付)G3610DA/G3613DA |HiKOKI

一方、性能的には「変速機能」を搭載したHiKOKI(日立工機)G3610DAの方が用途的に優位となっている。G3610DAは変速機能によってステンレスの研磨から切断作業までオールマイティな作業に対応しており、オートモードの搭載により効率の良い作業も可能となっている。

125mm仕様のGA002Gも展開

makita 40V MAX GA001G

100mm砥石に対応するGA001Gの他、125mm砥石の装着に対応するGA002Gも同時発売している。

40V MAXバッテリーは重負荷での連続作業性に優れるため、18Vバッテリーの125mmディスクグラインダGA512Dを使用していたユーザーなどはGA002Gの方が快適に作業できるだろう。

Return Top