VOLTECHNO(ボルテクノ)

ガジェットとモノづくりのニッチな情報を伝えるメディア

2022年5月5日

Makita Makstorシリーズを販売、引き出しトレーでマックパック連結にも対応

Makita Makstorシリーズを販売、引き出しトレーでマックパック連結にも対応

電動工具を製造・販売するマキタは、2021年4月に新型の連結ケース Makstorシリーズを販売します。連結したままでも中身を取り出せるトレー収納を搭載し従来システムケースのマックパックとの連結にも対応する。トレー数とケースサイズの異なる4仕様で展開する。欧州・アジアの一部地域でのみ販売し日本では未販売。

記事内で紹介する製品は海外地域の情報であり、日本での正規販売は行われていません。マキタ日本法人及びマキタ取扱店へのお問い合わせはお控え下さい。

Makita マックパック連結対応の新ケース「Makstor」

電動工具を販売するマキタは、新型マックパック Makstor(マクスター)シリーズの販売を2021年4月から開始します。

Makstor 3-4 (P-84311)

Makstorは、ケース同士を連結したまま中身を取り出せるトレー収納の採用により消耗品や手工具・測定機器など細かな現場用品の収納・運搬に役立つケースです。

従来のマックパックシリーズとの連結にも対応しているので、マックパックや関連アクセサリと組み合わせることでより柔軟な輸送・収納環境を実現できます。

販売は欧州・アジアの一部地域のみで、日本での販売は行われていません

Makstorシリーズ製品仕様

製品名 Makstor 3-4  Makstor 3-6  Makstor 3-12  Makstor 4-5
外観
商品コード P-84311 P-84333 P-84327 P-84349
大トレー 1 2
中トレー 1 6 1
小トレー 2 12 2
寸法 395x295x215mm 395x295x320 mm

Makstor製品の特徴「待望の引き出しトレー式システムケース」

マックパックやHiKOKIシステムケースを愛用しているシステムケースユーザーの方ならご存じだと思いますが、従来のシステムケースは連結状態では中身を取り出すことができず、小物の収納にも向かない欠点がありました。

Makstorの引き出しトレーならケース同士を連結したまま中身を取り出すことができるので、トレーごとに消耗品や手工具のような細かい作業道具の収納も行えます。

もちろん同じsystainer規格に準拠するHiKOKIのシステムケースとも連結可能です。

パーティションでトレー内の仕切りも可

Makstorはパーティションも付属しているので、トレーの中でさらに細かく仕切できます。

ネジやビットなど、種類が多くて数の多い消耗品などもパーティションで仕切れば用途別に細かく収納できて利便性も上がります。

トレー前面にはラベルを入れるスペースもあるので、一目で何が収納しているのかを確認できます。

日本市場で販売されていないのが残念

魅力的なMakstorシリーズですが、欧州・アジアの一部で販売が行われているのみで、現時点で日本での販売アナウンスはありません

実は、MAKSTORに限らず海外マキタではいくつかのsystainer規格に準拠するストレージボックスを販売していますが、日本ではケースタイプのマックパックシリーズしか展開していません。

マックパック自体、実店舗での取り扱いが少ないことを考えれば、陳列・保管場所も限られている日本特有の販売事情も含め、メーカー・営業所・販売店など工具販売に関わる全ての業種で積極販売を避けている商材になってしまうのは仕方のないことかもしれません。

今後のマキタは、国内物流強化の一環として岡崎・埼玉・岡山に大型物流倉庫の新規建設によって物流のキャパシティは増えると予想されるので、商材強化の一環としてMakstorの日本正式展開が始まる流れに進むことを期待したいところです。

こちらは2018年前後から海外マキタで販売されているTool/Storage-Box。これもマックパックと連結できるので日本販売を期待したいが、コストやライセンスの関係上難しいのかもしれない。

Makstorの類似仕様品はFESTOOLブランドから

残念ながら入手の難しいMakstorシリーズですが、システムケース本家のFESTOOLブランド品であれば日本国内でも入手が可能です。

FESTOOL社のシステナー・ソルテナーのSORTシリーズは、マキタが海外で展開するMAKSTORシリーズと近い仕様を備えるシステムケースです。もちろんマキタ マックパックシリーズとの連結にも対応します。

Makstorシリーズ まとめ

Makita Makstor

VOLTECHNO製品評価 5 out of 5 stars (5 / 5)

引き出しトレー方式のシステムケース、マックパックと連結可能。日本未販売

良い点
  • 引き出しトレー搭載のシステムケース
  • マックパック(systainer規格)と連結対応
  • トレーパーティション付属
悪い点
  • 日本未販売品
  • 単価が高い

マキタ マックパックシリーズ

マキタ(Makita)
¥2,981 (2022/07/05 16:41:24時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥4,624 (2022/07/05 16:41:25時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥4,329 (2022/07/05 16:41:25時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥5,214 (2022/07/05 16:41:26時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥7,216 (2022/07/05 07:56:03時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥7,091 (2022/07/05 07:56:04時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥16,700 (2022/07/06 06:51:41時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥12,927 (2022/07/05 16:41:26時点 Amazon調べ-詳細)

マックパック インナー材

マキタ(Makita)
¥4,059 (2022/07/05 16:41:27時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥3,473 (2022/07/05 16:41:28時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥3,922 (2022/07/05 16:41:28時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥666 (2022/07/05 16:41:29時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥666 (2022/07/05 16:41:29時点 Amazon調べ-詳細)
Return Top