VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

Milwaukee『M18 PACKOUT Radio + Charger』を発表、バッテリーが充電できるPACKOUT対応ラジオ

Milwaukee『M18 PACKOUT Radio + Charger』を発表、バッテリーが充電できるPACKOUT対応ラジオ

アメリカを中心に展開する電動工具ブランドMilwaukeeは、2019年10月にストレージボックスシリーズ「PACKOUT」の「M18 Fuel」バッテリー対応のラジオ兼充電器「M18 PACKOUT Radio + Charger」を発表しました。

M18 Packout Radio + Chargerは、Milwaukeeの電動工具ストレージボックス「PACKOUT」に装着できるラジオで、バッテリーの充電機能も備えた製品となっています。

10スピーカーシステムを搭載した全周360°をカバーする高音質ラジオ

M18 PACKOUT Radio + Chargerは4つのフルレンジスピーカー4つのツイーター、そしてサブウーファーパッシブラジエーターの計10つのスピーカーを備えた高音質ラジオです。

ラジオとしての最大の特徴は、広い屋内や屋外など場所を問わず聞こえるように配置されたスピーカーです。

特に、M18 PACKOUT Radio + Chargerは工具や消耗品を収納できるPACKOUTのキャリーに搭載して運用されることが想定されているため、休憩場所などの広くて現場から少し離れた場所に設置しても音声が十分に聞こえるような工夫として、360度全周にスピーカーを配置しています。

ラジオの角4か所にはそれぞれフルレンジスピーカーとツイーターが搭載されています。
本体裏側にはウーファーとパッシブラジエーターを搭載。迫力のある低音を実現。
4か所に配置されたスピーカーにより360度全方位で音声が聞こえる構造になっているのが特徴。広い現場や屋外などでもこれ一台で対応できます。

ラジオの他にも、BluetoothやAUX入力に対応

AM/FMのラジオ受信の他にも、BluetoothやAUX入力などの外部入力にも対応しています。

側面にはバッテリースロットを兼ねた収納スペースも搭載されているため、スマホ再生時にはスマホ保管ボックスとしても使用できます。充電用のUSB端子も備えているため、スマホ充電も可能です。

スマホとバッテリー収納のイメージ図。実際の側面パネルカバーは黒色で中身は見えません。

PACKOUT Modular Storage Systemで工具と一緒に運搬

M18 PACKOUT Radio + Chargerは名前の通り、同社の「PACKOUT Modular Storage System」に対応しています。

これまでのPACKOUT Modular Storage Systemとも互換性があり、ストレージボックスと一緒にキャリーに搭載できるので、積み降ろしからの運搬作業なども一度に行う事ができます。ラジオ本体の耐久性も約110kg(250ポンド)の積載まで対応するので、ある程度の工具を載せても問題ありません。

一般的な現場用ラジオは、電動工具収納用ケースと形が異なって運搬にも余計な手間がかかっていたので、システムケースとしてラジオもまとめられるようになるのは非常に便利です。

M18 PACKOUT Radio + Chargerはボックスの上に乗せるだけではなく、ラジオの上にさらに積載が可能。消耗品や手工具を収納したナイロンバッグなども一気に運搬できる。
ラジオの上部はストレージボックスボックスがはまる窪みになっている。ラジオ単体で現場にもっていけば、簡易的なオンボードストレージとしてネジやナットの区分けに使える。

バッテリーの充電にも対応

M18 PACKOUT Radio + Chargerはバッテリー充電にも対応しています。

バッテリーの抜き差しは、スマホを収納している側面パネルから行います。システムケースとして屋外に持ち出す事も考慮されているため水・粉じんなどにも強い充電器として使用できます。

電源コードは側面部に巻き付けて収納されます。運搬中に充電器の電源ケーブルが垂れて引っかかったり切断する心配もなさそうです。

システムケースをブランドとして発展させる米国市場

工具の運搬は、電動工具や手工具、消耗品など様々な資材の積み降ろしがあり、その移動作業だけでも相当なものになります。それを1つのストレージシステムにまとめて運搬できるようにしたシステムストレージは土木・建築業界にとって画期的な存在です。

特に、米国の工具市場では、工具を収納するストレージ市場が大きく成長しています。特に、同業の工具メーカー「Stanley Black&Decker」の動向(INVESTOR PRESENTATION Version 7.25.2019)にもあるように、近年ではストレージ(収納)ブランドの構築を積極的に進め、かつての電動工具バッテリーによるユーザー抱え込みを思わせるようなストレージシェア獲得競争が始まりつつあります。

日本の現場事情では、米国のような大きく広い現場ばかりではなく、木造住宅やリフォームなどが中心なので同様の需要があるかは不明ですが、今後は日本国内でも画期的なストレージ展開によるユーザー獲得競争が起きるのかもしれません。

コード収納部の上の金具は栓抜きになっています。アメリカらしい付加機能です。
Return Top