VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

余ったSSDの有効活用!外付けケースでポータブルストレージを作ろう!

OSの起動用ディスクとして長い間128GBのSSDを使用していましたが、容量不足になってしまい、より大きいSSDに換装しました。

その際、今まで使っていたSSDが余ってしまったため、有効活用するためにポータブルストレージ化することにしました。今回は内蔵のHDDやSSDのキットを使った組み立て方法を紹介します。

SSDやHDDのポータブル化にはSSD/HDDケースを使う

ポータブルSSD/HDDケースとは、市販されているUSBのHDDのケースだけで販売されているキットの事です。

自分でストレージを用意してキットの中に組み立てればHDDSSDを選ぶことが出来、自分好みの容量のポータブルストレージを作ることができます。

USB Type-Cに対応したポータブルキットがオススメ


ELUTENG 2.5インチ HDD / SSD ケース USB3.1 GEN 1 Type-C SATA HDDケース 最大2TBまで対応 ポータブル USB C 外付け HDD SSD 5Gbps SATA3 Type C SSD ドライブ Thunderbolt3 ハードディスク UASP対応 2139C3

外付けSSD/HDDケースは複数台搭載しRAIDにも対応した高級モデルや、衝撃に強いミリタリー基準モデルなど様々な種類があります。ですが、今一番オススメなのが、次世代コネクタ規格のUSB Type Cに対応したケースです。

現在主流のコネクタは、Micro Bレセプタクルと呼ばれるAndroidスマホによく使われているMicroBコネクタを拡張した規格です。さて、このMicro Bレセプタクルコネクタ。Micro Bとは下位互換性があり、既存のMicroUSBケーブルをそのまま使うこともできて便利な面もあるのですが、個人的にはコネクタが大きくてかなり使いにくいシロモノです。

一方で、USB Type-Cはコネクタが小さく、抜き差し耐久性も高くてスマホへの採用実績も増えているため、新しくUSB機器を購入するのであれば間違いなくType-Cコネクタのものをおすすめします。

HDD, SSDの組み込み方とセットアップ

SSDをUSB3.0 Type-Cケースキットに組み込んだところ

ケースの組み立て方は非常に簡単で、工具どころかネジすら使いません。

Type-Cキットのふたを開ける
このケースはふたをスライドさせると分解できるようになっている。ねじ止めは不要で工具なしでもOK
USB Type-CキットにSSDを装着する
SSDのセットはコネクタにはめ込むだけで終わる。ズレないようにだけ注意しよう。
USB Type-Cケース組み立て完了
SSDを装着したらふたを閉めて完了。SSDを入れると少し膨らむようで、ケースをはめ込むとしっかりとふたができるので簡単には外れなさそうだ。

ポータブルストレージの使い道は?

さて、最近では大容量のUSBメモリも発売されているため、わざわざSSDを使用する意味も薄いかもしれません。

しかし、せっかく余ったSSDを有効利用できるようになったので、どうせなら適材適所で活用させていきたいところです。

高速のUSBメモリとして

USB3.0に対応したフラッシュメモリは、概ね書き込み速度が100MB/sくらいのものが多いようです。

それに対して元々高速インターフェースであるSATA3を前提としたSSDなら外付けUSB化すれば300MB/s~くらいの速度を出すことが出来ます。これなら、大容量データのやり取りも非常に素早く終わらせることができます。

NASのキャッシュとして

USB接続では、直接NASのキャッシュにすることはできませんが、NASのアプリやバックアップとして使用することができます。

特にDockerなどのストレージへの負荷が高いアプリなどでは、SSDを動作ストレージにすることでHDDへのパフォーマンスを減らすことなく、手軽にDockerを高速化させることが出来ます。

SSD/HDDケースで余ったストレージを有効活用しよう!

SSD/HDDケースは、ハードディスクの交換やパソコンの交換の際の余ったストレージを有効活用することが出来るツールです。

特に、情報漏洩などを心配してHDDなどをそのまま廃棄を依頼するよりは、外付けHDDにして自分で持っといたほうが、ある意味で安心かもしれません。また、ストレージを中古で売るときなども、外付け化することでOSが入ったストレージをデータ削除ソフトで上書き削除することもできるので、1つ持っておくと安心ですね。

Return Top