VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

【Nintendo Switch】プロコンのスティックの調子が悪くなったのでレバーを洗浄修理する

【Nintendo Switch】プロコンのスティックの調子が悪くなったのでレバーを洗浄修理する

最近は記事執筆中の気分転換としてSplatoonをプレイしているわけですが、愛用しているプロコントローラ(プロコン)の左スティックの動きが悪くなってしまいました。

今回は、そんなプロコン左スティックの動作不良を修理方法を解説していきます。

プロコンの左スティックは動作不良が発生しやすい(らしい)

プロコンの左スティックが不良になった補正画面

ある日、このプロコンを使ってゲームをプレイしていると、急にキャラの移動が失速したり、不意に止まったりと挙動不審な動きが目立つようになってしまいました。

もしや、と思いSwitchのスティック補正設定で確認してみると、スティックを前に倒しても前に移動しない、移動してもガクガク震えている状態になっていたことがわかりました。

どうやらこの不良は、プロコンで特に発生しやすいらしく(特にSplatoonプレイ時)様々なユーザーが発生の同様の報告を上げています。

スティック不良は修理依頼が鉄板?

さて、この左スティックの不良問題なのですが、webや通販サイトを見てみると「修理に出しても再発した!」等の情報も寄せられているようで、どうやら修理に出しても解決にはならないようです。

となると、修理依頼は根本的な対策にはならないようなので、修理送付の手間や修理完了までのリードタイムを考えると自力で直すのがベターなのでは?と思いました

プロコンスティックの分解修理に用意するもの

  • エアーダスター
  • コンタクトスプレー
  • #1プラスドライバー
  • #0プラスドライバー

今回用意するものはこの4つです。プラスドライバーについては#0だけでも分解できますが、ネジ頭を痛める可能性が高いので、できるだけ#1を用意しましょう。

プロコンスティックの分解方法

プロコングリップ分解

最初に分解するのはグリップ部分の固定ネジです。この部分は左右で一本ずつのネジで固定されており、ネジを外すとグリップも取り外すことができます。

プロコンのバッテリーカバー分解

次は、プロコン裏側のバッテリーカバーの分解です。バッテリーカバーは写真の丸部分の4箇所でネジ止めされており、このネジを外すと半透明のカバーば外すことができます。

この時、バッテリーも取り外せるようになるので、安全のためにバッテリーを抜いておきます。

プロコン基板カバー分解

最後に、基板を収めているケースの固定ネジ5本を取り外すと、プロコンの基板が露出します。この時、内部に両面テープが張られているため分解するときに若干、力を必要とします。基板は2枚に別れてフラットケーブルで繋がっている構造になっているため、フラットケーブルを傷つけないよう注意してください。

コンタクトスプレーでレバーを清掃

プロコンスティックのエアー清掃

はじめに、動作不良となったレバーのホコリをエアーダスターで払います。全体的に風を吹きかけてホコリや粉を取り除きましょう。レバーも動かしながら風を送って隙間の部分のゴミも取るようにします。

プロコンのコンタクトスプレーでレバー洗浄

次に、コンタクトスプレーをレバー全体に吹きかけます。重要なのが、汚れを吹き飛ばす強い噴射で全体的に洗浄することです。この時、薬剤が飛び散るのでティッシュなどを置いて飛び散らないようにしましょう。

注意点としては、コンタクトスプレーの成分はフラットケーブルなどのフィルム素材の成分を侵すので、できるだけ付着しないようにします。

最後に、コンタクトスプレーの余分な残留成分を除去するためにもう一度レバー全体にエアーダスターを吹きかけます、これでレバーの清掃は完了です。

再組み立て

ここまでできたら、あとは分解と逆の工程で組み立てるだけです。

ネジの閉め忘れやバッテリーの取付を忘れたままバッテリーカバーを取り付けてしまったりするので注意しましょう。

レバー清掃後スティックは正常になったか

さて、元通り組み立てができたらもう一度コントローラの補正設定を表示して、スティックの動作を確認してみます。

画像でもわかる通り、左スティックの動きは完璧に治りました。スティックを前に倒してもぶれたりせず、2,3戦Splatoonでガチマッチに行っても再発しません。

今後同じ不良が発生しないようにグリスを塗布する

この不良はスティックの軸が削れる事で発生する粉で壊れてしまっていると言われています。

というわけで、スティックが削れてまた同じ不良が発生しないように、スティックの軸部分にプラスチックグリスを塗布しておきます。

スティック軸にグリスを塗ると滑りも良くなり、操作性も格段に上がります。

プロコン修理まとめ

さて、今回の左スティック動作不良問題はそこそこ多発しており、一般的には粉の侵入が原因と言われているようです。

はじめにエアーダスターによる清掃だけを行っていましたが、効果があるのは一瞬だけで、すぐに元の不良現象が再発してしまう状態でした。

そこで今回、コンタクトスプレーを使ってレバー洗浄まで行って、初めてレバー接点の接触不良を解消することができました。レバー洗浄を行ってから一週間ほど経っていますが、これまで左スティック不良は再発しておらず、快適に操作することができています。

さて、今回の修理を実施する場合の注意点ですが「メーカー保証外」となること、「今後致命的な破損に至る可能性がある」ことに留意してください。

メーカー保証外になるのは当然ですが、プラスチックや電子部品に薬剤を塗布すると、数年経過した後でケミカルクラック(溶剤亀裂)や電子部品の破損を引き起こす場合があります。

今は問題がなくても、後々この修理が原因で問題が起きる可能性もあるので、参考にする場合は注意してください。

Return Top