VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

Metaboが提案する電動工具バッテリーの共通化戦略「CORDLESS ALLIANCE SYSTEM」

Metaboが提案する電動工具バッテリーの共通化戦略「CORDLESS ALLIANCE SYSTEM」

電動工具を使用するユーザーにとって、異なるメーカー間でのバッテリー共通化は全てのユーザーの悲願でもあります。しかし、現実の電動工具メーカーはユーザー囲い込みや安全対応などを理由に、メーカー間を超えた統一バッテリーについての協議や、バッテリーのライセンス化などに積極的ではありません。

そんな中、ドイツの電動工具メーカー「metabo」で提案されたのは、電動工具バッテリーのクロスプラットフォーム『コードレスアライアンスシステム』、通称CASです。

メーカーの枠を超えた工具バッテリーの共通規格『CAS』

『コードレスアライアンスシステム』(通称 CAS)とは、ドイツの電動工具メーカーmetaboが提唱するバッテリーのクロスプラットフォームの名称です。これまでの電動工具バッテリーは取付構造や回路構造などの様々な特許に守られた閉ざされた規格で、バッテリーを開発した工具メーカーの製品にしか対応していませんでした。

CASは、metaboが展開する18Vリチウムイオンバッテリー「LiHD」をmetabo以外の工具メーカーにも開放し、メーカー間の垣根を超えてバッテリーを展開してLiHDバッテリーに対応した工具のラインナップ数を増やそうとする戦略です。

「CAS」と言う概念は、MetaboのバッテリーLiHDで実現できることを増やし、工具と作業ごとにバッテリーと充電器を増やさなければいけない問題を一気に解決する事ができる。
参考:Cordless Alliance System Brochure

metaboの工具ラインナップは穴あけ工具や研削工具が中心で、内装関係の工具に乏しい電動工具メーカーですが、CASによって他メーカーの製品をLiHDのラインナップに加える事で、内装や電工関係の工具も充実させ、大手電動工具ブランドに追随する製品ラインナップを揃えています。

他社品との正式な互換性を謳うCASは、実にユーザーフレンドリー

CASが画期的な点は、「CAS」と呼ばれるブランドによって充電器とバッテリーの互換性が保証されており、ユーザーが充電器やバッテリーの相互互換性に関して不要な心配をしなくても済む点です。

更に、CASに対応した製品をユーザーが把握でき、作業に合わせた工具をCASブランドを通じて探せるようになるのも大きなメリットです。

単純な工具バッテリーの流用だけであれば国内でもいくつか事例があります。鉄筋カッターを販売するオグラIKKはそれぞれマキタ、HiKOKIのバッテリーに対応た充電式カッターを販売しており、電工工具を販売するKlaukeはマキタバッテリー対応品を展開しています。この他にも工具バッテリーを使用した他社製製品の実例は数多く存在しています。

しかし、これらは電動工具メーカーが他社にバッテリーを使わせているだけであり、多少のユーザーの囲い込みにこそなりますが、販売戦略やブランド認知としてはほとんど意味を成していないのが現状です。

これらの製品の存在をマキタHiKOKI等の電動工具ユーザー側から知るのは非常に難しく、電動工具のバッテリーに対応する他社品の存在すら知られていない場合がほとんどです。電動工具メーカー側は他社品に関して表立ってバッテリー対応のラインナップとしてアピールを行っていません。

CASが展開するコードレス電動工具

CASはmetaboを含めて、計10社による製品展開が行われており、対応製品は130にも上ります。これらの製品にはCASの対応とそれを表すロゴが与えられており、ユーザーから見てもCAS対応機器がわかりやすくなっています。

CASによってmetaboのLiHDは電動工具に加えてmafell社の丸のこやROTHENBERGER社の電工工具など様々な特徴的な製品をラインナップしています。今後もCASに加わるブランドは増えるようです。

ROKAMAT社が販売する硬質ウレタンフォーム切断機 DRAGONFLY。形状に合わせた自由な切断を可能とする工具。
参考:DRAGONRLY | ROKAMAT
こちらはSTEINEL社から発売予定のコードレスヒートガンとグルーガン。同社のヒートガンはAC電源や独自36Vバッテリーを使用していたが、CASによってバッテリーの幅が広がった。
参考:Cordless Alliance System Brochure

苦手な製品を他社に任すmetaboに好印象

現在の電動工具メーカーは、ラインナップ数を増やすために非常に無理のある製品開発を行っている印象を受けます。マキタのコーヒーメーカーやHiKOKIのテレビなどは注目こそ浴びたかもしれませんが、工具メーカーであるならばより使いやすく、職人がより稼げるような電動工具の開発にこそリソースを注ぐべきと考えています。

metaboのCASの方針は、自社の得意分野にリソースを注力し、他分野の製品展開は他社に任せながらもバッテリーとメーカーの関係を分離しユーザーの選択の幅を広げる非常に画期的な戦略です。

電動工具メーカー製による中途半端なスペックの製品を使用するより、ノウハウと技術を持った専用メーカーの工具と、電動工具メーカーが普及させた高い汎用性のバッテリー製品こそユーザーが最も求めている製品と考えられます。

CASが日本で展開される可能性は限りなく低い

メーカー間の垣根を超えたバッテリーの共通化ですが、日本での展開は難しいかもしれません。

コードレスヒートガンや硬質フォーム断熱ボード切断機など、工具メーカーが取り扱わない製品もコードレス化させているCASですが、CASを展開するmetaboは2016年に工機ホールディングス(旧日立工機)傘下となったため、CASは日本市場では展開されないものと推測されます。

工機ホールディングスは日本市場で日立工機の継承となるHiKOKIブランドを普及させており、HiKOKIブランドのマルチボルトシリーズとCASの母体となるmetaboのLiHDでは、電動工具シェアの奪い合いとなるため、工機ホールディングスがCASを日本で展開する可能性は限りなく低いものと考えています。

Return Top