VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

HiKOKI 初回修理保証付き電動工具を展開【Amazon限定】

HiKOKI 初回修理保証付き電動工具を展開【Amazon限定】

電動工具ブランドHiKOKIを展開する工機ホールディングス株式会社は、2020年7月からAmazon購入限定で「初回修理保証付き電動工具」の販売を開始します。修理保証期間は2年間で初回のみ修理が無償での対応。対象製品はWH18DDL2/WH36DA/WR36DA/WR36DC/C3606DAの5機種、対象仕様はバッテリー1個付属品のみ。

HiKOKI Amazon限定の2年間初回修理保証を開始

電動工具ブランドHiKOKIを展開する工機ホールディングス株式会社は、2020年7月からAmazon限定の修理保証サービス「初回修理保証付き電動工具」の販売を開始します。

初回修理保証は購入後2年間初回に限り無償修理を受けられるサービス。無償修理はWeb修理受付のみ対応。修理依頼には同封の保証書と購入証明書の同梱が必要。

対象製品は5機種で展開、バッテリー1個仕様のみ

今回実施する修理保証は、Amazonで販売する「初回修理保証付き」仕様を対象にしたサービスです。

2020年7月時点の対象製品はWH18DDL2/WH36DA/WR36DA/WR36DC/C3606DAの5機種、バッテリー1個付属仕様のみ初回修理保証が可能です。

HiKOKI WEB修理受付とは

HiKOKIブランドの製品の修理依頼は、製品を購入した販売店経由の依頼が基本ですが、公式ホームページによるWEBによる修理サービスも受け付けています。

今回のAmazon限定初回修理保証は、WEB修理受付限定の無償修理です。一般的な修理依頼方法の販売店やホームセンターでの修理受付では無償修理の対象になりません。

HiKOKI 「Amazon.co.jp限定」初回修理保証 概要

購入から2年間に限り初回修理保証が無料。無償修理はWeb修理受付で対応、購入証明書(領収書のコピー)と付属している保証書の同梱が必要。修理申込みから修理品が届くまでの日数は約14日間。

保証期間内であっても次の場合は有償修理で対応。

  1. 使用上の誤り、または改造や不当な修理による故障または損傷。
  2. お買い上げ後の衝撃、落下あるいは移動、輸送などによる故障または損傷。
  3. 火災、地震、水害、落雷、その他の天災地変、公害による故障または損傷。
  4. 指定機器以外の用途に使用したことによる故障または損傷。
  5. 本商品内部への水の侵入による故障または損傷、本商品に水没・水濡れなどの痕跡が発見された場合、あるいは結露などによる腐食が発見された場合。
  6. 保管の不備およびお手入れの不備による故障または損傷。
  7. 消耗品、付属品等の交換や、指定の手入れを怠ったことに起因する故障または損傷。
  8. 使用頻度により摩耗する消耗部品を交換する場合。
  9. 工場でのライン作業など連続長時間作業による故障または損傷。
  10. 使用者が特定できない場合(リース、レンタルなど)。
  11. 保証書の提示のない場合。
  12. 購入を証明するものの提示のない場合。
  13. 購入を証明するもののお買い上げ年月日、販売店名の記載がない、もしくは字句が書き換えられた場合。

HiKOKIのWEB修理は、Webフォームによる受付のほか、FAXでの申し込み・フリーダイヤルでの案内にも対応しています。修理受付対応後、ユーザー側で梱包・発送を行い修理品の返送を待ちます。無償修理では送料無料1、代引き手数料は工機HD負担、梱包材は希望により有料で送付。

初回修理保証 対象製品

コードレスインパクトドライバ WH18DDL2(LXPK)

コードレスインパクトドライバ マルチボルト WH36DA(XP)

コードレスインパクトレンチ マルチボルト WR36DA(XP)

コードレスインパクトレンチ マルチボルト WR36DC(XP)

165mmコードレス丸のこ マルチボルト C3606DA (XP)

電動工具販路がEC主体に変わる契機になるか

日本の電動工具市場は電動工具を取り扱う金物屋やプロショップ・ホームセンターのような実店舗のシェアが高く、ネット販売店のEC販路のシェアは低い傾向にあります。

実店舗より安く工具を販売しているネット販売店ですが、決済手段やアフターサポートが不明な点など、ユーザー側からの心理的な不安が根強く、未だ実店舗を超える販売形態に届かないのが実情です。

今回のHiKOKIが実施したAmazon限定の初回修理保証は、日本の電動工具市場の販路を実販売店主体からEC販売に大きく転換させる1つのきっかけになるかもしれません。近年のHiKOKIは競合他社にシェアを取られているため、EC販路でシェア拡大を狙う戦略に舵を切ったものと予想されます。特にEC販路でのプロ向け電動工具では、この施策が今後大きな影響力を持つかもしれません。

販売店に強く依存する電動工具市場を考えれば、実際の販売店の手前もあり、特定の販売サイトを優遇する販売戦略は敬遠されていた経緯もあり、ある意味で外資ファンドらしい販売戦略です。

ちなみに「初回修理保証」はバッテリー1個付属仕様だけですが、予備バッテリーがもう1個必要であれば楽天市場の10,000円以下で販売されている別売りのBSL36A18バッテリーを購入するのがおすすめです。なんと初回修理保証が無い2個仕様を買うよりも安くなります。

脚注

  1. 電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」修理受付サービスを拡充し、より充実した工具のアフターサービスを提供 有償修理だけでなく、無償修理※1も対象に
Return Top