VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2021年10月16日

HiKOKI CK18DA コードレスボードカッタを発売、上向き作業に最適なガン形状タイプ

HiKOKI CK18DA コードレスボードカッタを発売、上向き作業に最適なガン形状タイプ

電動・エア工具を製造・販売する工機ホールディングス株式会社(東京都港区)は、電動工具ブランド HiKOKI(ハイコーキ)から18Vコードレスボードカッタ CK18DAを2021年5月24日(月)より全国の電動工具取扱販売店などを通じて発売する。

HiKOKI 18Vコードレスボードカッタ CK18DA

電動工具ブランド HiKOKIを展開する工機ホールディングス株式会社は、2021年5月24日(月)より18Vコードレスボードカッタ CK18DAを発売します。

CK18DAは、2015年に発売したコードレスナイフカッタ CK18DSALの後継モデルです。

HiKOKI従来18Vスライドバッテリーやマルチボルトバッテリーに対応。最大切断能力は、石こうボード時で厚み30mm、普通合板で15mmまで切断できます。

1充電当たりの作業量は、BSL36A18バッテリー装着時で約320m(石こうボード12.5mm厚時)

販売仕様は、バッテリー充電器が付属する(XP)と本体のみの(NN)仕様で展開されます。

  • CK18DSAL(XP) 急速充電器UC18YDL2・バッテリーBSL36A18・システムケース3付属 64,300円(税抜)
  • (NN) 本体のみ 29,800円(税抜)

CK18DA製品仕様 (CK18DSAL, マキタ SD180D比較)

製品名 CK18DA CK18DSAL マキタ SD180D
外観
石こうボード切断能力 30mm
普通合板切断能力 15mm
ストローク数 0~6,500 min-1 6,500 min-1 0~6,000 min-1
ストローク量 非開示 4mm 6mm
重量 1.9kg 2.0kg 1.9kg
寸法 249×277×80mm 334mm×221mm 263×290×79mm
本体価格 29,800円 39,300円 32,780円
販売年月 2021年5月 2015年9月 2015年11月

製品の特徴「上向き天井開口がラクになるガンタイプ」

天井の石こうボードの開口作業に特化した形状で、不安定な体勢でも快適に作業できます。

重心がトリガに近いためバランスがよく、疲れにくい設計となっています。ハンドルの角度を変更したことで身体からの距離が近くなり、作業がしやすくなりました。

集じんダストボックス&ダストキャップで粉落ちを抑制

上向き作業時の集じん率70%以上の集じん効率で、粉が落ちにくい設計です。

本体に収納可能なダストキャップにより、移動時に本体を下に向けた際にも粉じんの漏れが軽減されます。

フックを標準付属

作業中の仮置きに便利なフックを標準付属しています。

作業後すぐに工具が置けて両手が使えるので、作業がスムーズにできます。また、フックを使用することで、刃先が上向きになり、粉も落ちにくくなっています。

開口材を挟んで仮保持できる本体形状

 本体に引っかけて仮保持できるので、開口材を楽に降ろせます。

三面ブレード(石こうボード用標準付属)

前後に切断可能な石こうボード用の三面刃(0037-7476)が標準付属しています。木工用ブレード(0037-7477)の三面刃も同時発売。

従来のナイフカッタと同じようにカッターナイフ刃も装着可。

LEDライト搭載

LEDライトを搭載し、薄暗い現場でも位置合わせの際、墨線が見やすくなっています。

システムケース3付属 (XP)仕様のみ

積み重ねてスタックできるシステムケース3が標準付属。

HiKOKIのシステムケースシリーズやマキタのマックパックと連結可。

脱ナイフカッタ、他社追従の形状でニーズを掴む

このボードカッタの他社品では、パナソニック 角穴カッター EZ45A3やマキタ ボードカッタ SD180Dがガンタイプのボートカッタが先行していました。これまでHiKOKIが取り扱っていたのは日立工機時代から長らくナイフカッタ形状のみだったので、今回のCK18DAの形状を長年待ち望んでいたユーザーも多いのではないでしょうか。

長年続いた日立工機ナイフカッタの系譜。先代のCK18DSALがナイフカッタ形状最後のモデルになるのかもしれない。

製品的な仕様としては、パナソニックやマキタのボードカッタと大きな違いはありません。切断スピードについても概ね他社相当になるでしょう。

唯一残念な点は、集じん機を接続するダストコレクタケースのアクセサリ展開が無い点でしょうか。

ボードカッタに集じん機を接続するシーンは少ないと思いますが、Bluetoothバッテリーを持つHiKOKIなら容易に集じん機連動を実現できるので、粉じんの発生しやすい作業に使う製品なら、ダストコレクタケースを別売アクセサリで追加した方がHiKOKI無線連動の強みを生かせたのではないかと考えています。

CK18DAまとめ

HiKOKI 18Vコードレスボードカッタ CK18DA

VOLTECHNO製品評価 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

HiKOKI初のガン形状タイプコードレスボードカッタ、18V動作

旧モデルHiKOKI CK18DSAL
競合製品マキタ SD180D
パナソニック EZ45A3
良い点
  • 上向き作業で粉が落ちにくい
  • 仮保持できる本体形状
悪い点
  • 集じん機取り付けアクセサリなし

関連アクセサリ・別販売品・消耗品

HiKOKI 18Vバッテリー

HiKOKI 充電器

システムケース(マキタ マックパックと連結可)

created by Rinker
HiKOKI(ハイコーキ)
¥4,000 (2021/10/19 19:24:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HiKOKI(ハイコーキ)
¥3,649 (2021/10/19 19:24:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HiKOKI(ハイコーキ)
¥4,004 (2021/10/19 19:24:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HiKOKI(ハイコーキ)
¥7,830 (2021/10/19 19:24:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HiKOKI(ハイコーキ)
¥11,726 (2021/10/19 19:24:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マキタ(Makita)
¥6,166 (2021/10/19 20:00:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マキタ(Makita)
¥6,936 (2021/10/20 12:29:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マキタ(Makita)
¥14,921 (2021/10/20 11:17:38時点 Amazon調べ-詳細)

関連製品

Return Top