VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2020年5月17日

HiKOKI、コードレスコンクリートバイブレータ「UV3628DA」を発売

HiKOKI、コードレスコンクリートバイブレータ「UV3628DA」を発売

電動工具ブランドHiKOKIを展開する工機ホールディングス株式会社は、2020年5月にコードレスコンクリートバイブレータ UV3628DAを発売します。マルチボルト36Vバッテリーに対応しており、振動部直径Φ28mm、AC製品以上の作業能力を持つ充電式のコンクリートバイブレータ―です。

HiKOKI コードレスコンクリートバイブレータ UV3628DA

電動工具ブランドHiKOKIを展開する工機ホールディングス株式会社は、2020年5月にコードレスコンクリートバイブレータ UV3628DAを発売します。

UV3628DAはマルチボルト36Vシリーズに対応するコードレスのコンクリートバイブレータ―です。直径Φ28mmの振動部、ブラシレスモーター搭載、大型バッテリーBSL36B18の付属など、作業能力と作業量を兼ね備えた充電式のコンクリートバイブレータ―です。

コクリートバイブレータとは

生コンクリートの中に振動を与えることで気泡を除去し、コンクリートの強度を高める工具です。コンクリート内の気泡を除去して、砂などの骨材とセメントを均等均質化させて強度の高いコンクリートにします。コンクリートバイブレータは型枠に流し込んだコンクリートに差し込んで5秒~15秒間振動させて使用します。

製品の特長「コードレスでAC機以上の作業能力」

マルチボルト36Vバッテリーとブラシレスモーターの搭載により、AC製品のUV28Mよりも優れた作業能力を搭載しているのが特徴です。

モード切替機能を搭載

UV3628DAは作業に合わせた2モードを搭載しているのが特徴です。

パワーモード(振動数15,200min-1)ではベタ基礎などの広範囲の打設・絞固め作業に使用し、コンクリートの流動性を高くし作業効率を向上させます。ノーマルモード(振動数12,000min-1)では段差仕上げや立ち上がりの絞固め・細い型枠の流出防止など細かい場所での作業に使用します。

1充電当たりの作業量はパワーモードで約45分、ノーマルモードで約60分と十分な作業時間を実現しています。1

生コンクリートから工具本体を守る保護構造、その他特徴

  • 電池保護カバー

生コンクリートの侵入を防ぐバッテリーカバー。大型バッテリーBSL36B18も完璧に保護

  • トリガスイッチ防塵カバー

トリガスイッチ保護カバーで生コンクリートの内部侵入による動作不具合を防止

  • 前面設置の吸排気口

吸排気口を前面に設置、本体を地面に置いても生コンクリートが付着・内部に吸込みにくい構造

  • BSL36B18バッテリー付属
BSL36B18スペック

UV3628DA(WP)では、大型バッテリーマルチボルトBSL36B18が付属。36V, 4.0Ahの大容量(18V時 8.0Ah)

製品仕様(他社品比較)

※優位点は太字

製品名UV3628DAマキタ VR350D
外観
振動部Φ28mmΦ25mm
振幅1.0mm
無負荷振動数12,000min-1
15,200min-1
13,000min-1
モーターブラシレスブラシモーター
重量4.2kg3.2kg
機体寸法1,045×224×1091,083×250×95
3軸合成値3.0m/s2

HiKOKI初のコードレスコンクリートバイブレータ

今回発売されたコードレスコンクリートバイブレータ―は、日立工機時代から取り扱いがなかったため、UV3628DAはHiKOKI初のコードレス製品となります。

36Vマルチボルトとブラシレスモーターによる高い作業能力を持つのが特徴で、バッテリー付属仕様UV3628DA(WP)では大型バッテリーBSL36B18も付属するので非常に使い勝手の良いコンクリートバイブレータ―になると考えられます。

マルチボルト36Vで動作するのでACアダプタET36Aでの使用にも対応すると思われますが、電池保護カバーに肝心のコード穴が空いていないようです。また、ET36A本体のボックスやアダプタには冷却のための通風孔が搭載されているため、風窓からコンクリートが入り込んでしまい故障の原因になってしまうため、バッテリーでの使用限定の製品となるでしょう。

参考

脚注

  1. BSL36B18バッテリー使用時の連続作業時間。数値は参考値です。材料や条件により異なります。
Return Top