VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

US Makita、18Vバッテリーで動作する暖房ブランケット「DCB200A」を発売

US Makita、18Vバッテリーで動作する暖房ブランケット「DCB200A」を発売

Makita USAは2019年8月に18Vバッテリーで動作するコードレス発熱ブランケット「DCB200A」を発売した。

バッテリーで発熱するブランケットは、ひざ掛けやケープとしても使用できるようになっており、屋外作業での休憩や災害時の防災グッズとしても多用できそうだ。

本記事で紹介する製品はMakita USAの情報を元にしております、マキタ日本法人への直接のお問い合わせ等はお控え下さい。

マキタバッテリーで発熱するブランケット

空調服、暖房ジャケットと作業服周りのラインナップ拡充を進めてきたマキタだが、今年のマキタの暖房ウェアはジャケットではなく発熱機能付きのブランケットとなったようだ。

このブランケットはアダプター経由でのマキタバッテリー装着が可能で、HIGH・MEDIUM・LOWの3つの発熱モードを搭載している。BL1860Bバッテリーを使用した時ではHIGHモードで10時間LOWモードで35時間の連続使用が可能となっている。

ブランケットのサイズは70cm×140cmと若干小さく、ブランケットとしてよりもひざ掛けとして使うことが多そうだ。

発熱面はブランケットのほんの一部の場所(図中4)に限られている。ひざ掛けとして使用した場合はひざのみ、ケープとして使うと背中だけ暖かくなる構造になっている。
バッテリーアダプタは新型となっている。ブランケット用の出力端子の他、USB端子が1口搭載されている。出力は2.4Aとこれまでのアダプタの中では出力が高くなっているが、QuickChargeやアップル系の独自充電仕様には対応していないようだ。

ケープとしても使用可能

このブランケットはひざ掛けとしてだけではなく、ボタン留めによってケープや腰巻のように使用する事も可能になっている。素材もポリエステル製で雨風に強くなっており、軽い雨や強風を凌ぐのにも活用できそうだ。

冬用の暖房器具として使用するには少し力不足かもしれないが、外でも使いやすく持ち運びやすい現場用のブランケットとして考えれば面白いアイテムと言えるだろう。

Screenshot

Makita USA – Product Details -DCB200A

Lithium-Ion Cordless Heated Blanket, Blanket Only。
Return Top