VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2021年3月25日

マキタ EM407MP タフロータリーハサミ刃、スプリット新アタッチメント

マキタ EM407MP タフロータリーハサミ刃、スプリット新アタッチメント

電動工具を製造・販売する株式会社マキタ(本社:愛知県安城市)は、2020年2月にスプリット式草刈機に対応する新型のタフロータリーハサミ刃アタッチメント「EM407MP」を発売する。

EM407MP スプリット草刈機対応タフロータリーハサミ刃

電動工具を販売する株式会社マキタは、2020年7月にスプリット式の草刈機に対応する新型のタフロータリーハサミ刃アタッチメント EM407MPを発表しました。

EM407MPは、2つの刃が双方向に回転する上下刃のハサミ切りで草を切断する刈払機用ブレード用のアタッチメントでsづ。チップソーやナイロンコードに比べ接触物の飛散やキックバックの心配が少なく、高い安全性と切断能力を両立しているのが特徴です。

石飛が気になる住宅街や駐車場周りの道路維持管理や、ゴルフ場・公園の整備作業でも安心して草刈が出来ます。

  • EM407MP (A-71582) 44,500円(税別)
    適合機種:MUX01G / MUX60D / MUX18D / MUX362D / MUX360D / MEX2650LH

EM407MPアタッチメント仕様

名称 タフロータリーハサミ刃アタッチメント
部品番号 A-71582
長さ 965mm
草刈刃 230mm
重量 2.5kg
適合モデル MUX01G / MUX60D / MUX18D
MUX362D / MUX360D / MEX2650LH
1充電稼働時間 MUX01G 4.0Ahバッテリ:高速 約16分/中速 20分/低速 31分
MUX60D 18V 6.0Ahバッテリ×2:高速 約33分/中速 36分/低速 46分
MUX18D 18V 6.0Ahバッテリー:高速 約15分/低速 16分

製品の特徴「安全性と切断性能を両立した刈払ブレード」

タフロータリー EM407MPは、上下刃の低速逆回転によるハサミ式切断が特徴のブレード刃で、草刈り時に発生しやすい石飛やキックバックを軽減しています。

チップソーと異なり、全周に渡り切断面が広がっているので効率よく作業を進められます。

マキタ スプリット草刈機シリーズに適合

ハサミ式の刈払ブレードは各刈払機アクセサリメーカーから販売されていますが、構造の複雑さや減速ギアによって回転数や排気量が制限されています。

タフロータリー EM407MPは、マキタスプリット草刈り機シリーズの全てのシリーズに適合しているため、回転数や排気量を気にすることなく使用できます。

タフロータリーは三陽金属のツインブレードのOEMと推測

今回販売したEM407MPは、外観や内部構造が三陽金属株式会社の MUSOU ツインブレードと類似しているため、OEMのマキタ販売品と推測されます。

チップソーカッターに類似した刈払ブレードですが、地面に置いて使用する・ゆっくり動かして使用するなど、チップソーとは使い方でいくつかの相違点もあるため注意が必要です。

ツインブレードは安全性に優れ、高い切れ味を持つのも特徴ですが、複雑な機構と減速ギアを搭載しているため、作業効率の低下やアタッチメント破損を防ぐための定期的なメンテナンスが推奨されています。

マキタから販売されているタフロータリーも類似構造になっていると推測される為、グリスやディスクグラインダー・ダイヤモンドによる定期的なメンテナンスを忘れないようにしましょう。

マキタ タフロータリーハサミ刃対応スプリット草刈機

Return Top