VOLTECHNO(ボルテクノ)

ガジェットとモノづくりのニッチな情報を伝えるメディア

2024年1月14日

マキタ ML010G 充電式エリアライトを発売、最大4本のバッテリー装着に対応

マキタ ML010G 充電式エリアライトを発売、最大4本のバッテリー装着に対応

電動工具を製造・販売する株式会社マキタ(本社:愛知県安城市)は、2023年7月に40Vmaxバッテリー対応の充電式エリアライト ML010Gを発売する。最大5,500lmの最大光束と自立復帰する起き上がりこぼし構造を備える。40Vmaxに加えて18Vバッテリーの装着も可能で最大4本のバッテリー装着に対応。本体標準小売価格は69,600円(税別)

マキタ 充電式エリアライト ML010G

電動工具を製造・販売する株式会社マキタは、2023年7月に40Vmax 充電式エリアライト ML010Gを発売します。

ML010Gは、直立型のLEDライトで、最大5,500lmの光束で一帯を照らす充電式エリアライトです。電源は14.4V/18V/40Vmax/AC電源に対応します。AC動作時には連結電源供給にも対応しており、厳しい屋外環境でも設置しやすエリアライトになっています。

IP54の防じん防水機能を備えているほか、40Vmaxバッテリーと18Vバッテリーの同時装着構造も備えており、最大光束点灯時でもバッテリー1充電時約17時間半の連続点灯時間に対応します。

販売仕様は、本体のみのML010Gのみ販売します。

製品仕様 (従来モデル ML810比較)

製品名 ML010G ML810
外観
最大光束 高モード:5,500lm
中モード:3,000lm
低モード:1,500lm
高モード:5,500lm
中モード:3,000lm
低モード:1,500lm
LED構成 274個(40.4W) 0.2W×202個(40.4W)
バッテリ 14.4V/18V/40Vmax 14.4V/18V
バッテリ装着本数 2本+2本 2本
外部電源 AC100V
外部電源連結 最大8台(本体含む)
本体重量 14.4kg 13.9kg
寸法 420×420×814mm 420×420×787mm
本体価格 69,600円(税抜) 49,900円(税別)
販売年月 2023年07月 2020年6月

 

製品の特徴
「40Vmaxバッテリ対応でバッテリ最大4本装着」

ML010Gは2020年に発売した充電式エリアライトML810のマイナーチェンジモデルです。

エリアライトとしての基本的な製品仕様はML810と同じですが、新たに40Vmaxバッテリーの装着口が設けられ、14.4V/18Vバッテリーと40Vmaxバッテリーを合わせて最大4本のバッテリー同時装着に対応するようになりました。

マキタバッテリーシリーズの最大容量バッテリーをそれぞれ装着すると、5,500lmの高モード時でも最大17時間半の連続点灯が可能です。

バッテリー 高モード 中モード 低モード
BL1860B×2 4.5h 8.5h 16h
BL4040×2 6.5h 11h 21h
BL4050×2 8.5 14h 27h
BL1860B×2
BL4040×2
11h 19.5h 37h
BL1860B×2
BL4050F×2
13h 22.5h 43h
BL4080F×2 13h 23h 43h
BL1860B×2
BL4080F×2
17.5h 59h

自立復帰する起き上がりこぼし構造

ML010Gは自立タイプのエリアライトです。置くだけで自立して不安定な足場でも使用できるので、三脚を組み立てる必要もなく、風や揺れの強い現場でも簡単に設置することができます。

倒れてもライト下部に重心があるため、自立復帰して再設置の手間や破損からライトを守ることができます。自立復帰は最大80度までの角度に対応します。

AC電源接続時は最大8台の連結動作に対応

AC電源動作時には、内臓のコンセント口経由で連結することで最大8台までの連結動作に対応します。

防じん防水IP54適合

DML810 マキタ 充電式ライト

屋外や水を使用する現場でも使える防じん防水保護等級IP54を搭載(バッテリー動作時のみ)

連続点灯時間が増えたのはよい改善点なのだが…

今回リリースしたML010Gは、2020年に発売されたML810の改良モデルで、40Vmaxバッテリーに対応する当然の進化と言えます。しかしながら、40Vmaxシリーズが2019年にリリースされ、ML810もその後の2020年に発売された40Vmax展開後の製品だったことを考慮すると、初めからML810が40Vmaxに対応していてもおかしくなかったと思います。そのあたりは、少し疑問を感じる部分があります。

気になる点として、基本的な製品仕様は大きく変わっていないにもかかわらず、40Vmaxバッテリーへの対応で本体の希望小売価格が2万円上昇してしまったことが挙げられます。この価格上昇は少々高過ぎると感じられます。

個人的な印象としては、原価高の影響と起き上がりこぼしの復帰角度を65度から80度に上昇させたことが価格上昇の一因と予想しています。しかし、このような性能の向上を伴わない価格の上昇を販売店や実際のユーザーにどう説明し理解してもらうかは、一筋縄ではいかない課題となりそうです。

まとめ

マキタ 充電式エリアライト ML010G

VOLTECHNO製品評価 3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

ML810が40Vmaxバッテリーに対応したモデル

良い点
  • バッテリー4本装着に対応
  • 80度傾斜までの復帰に対応
  • AC動作時8台連結に対応
  • IP54に適合
悪い点
  • 販売価格が大きく上昇

よく比較される工具

マキタ ML810

2020年6月発売

関連アクセサリ・別販売品・消耗品

40Vmaxシリーズ 標準バッテリ

40Vmaxシリーズ 高出力Fバッテリ

バッテリアダプタ

40Vmaxシリーズ 充電器

40Vmaxシリーズ パワーソースキット(1口充電器セット)

40Vmaxシリーズ パワーソースキット(2口充電器セット)

ポータブル電源

バッテリチェッカ

マキタ 18Vシリーズバッテリー

マキタ(Makita)
¥9,480 (2024/05/26 15:34:31時点 Amazon調べ-詳細)
マキタ(Makita)
¥15,400 (2024/05/26 12:19:53時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリアダプタ

充電器

パワーソースキット

ポータブル電源

バッテリチェッカ

Return Top