VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

マキタ新製品|MUB363D 「世界初」集じん機能を持つ充電式ブロワ、25mLエンジン以上の風量

マキタ新製品|MUB363D 「世界初」集じん機能を持つ充電式ブロワ、25mLエンジン以上の風量

株式会社マキタは2019年12月に18V×2本シリーズの新製品、充電式ブロワ『MUB363D』を販売する。

本製品は充電式ブロワとしては世界初となる「集じん機能」を搭載したブロワで、25mLエンジンブロワ以上の風量を搭載している。製品展開はブロワのみの「MUB363DPG2」と、パーツ付替で集じん機能に対応するバキュームキット付の「MUB363DG2V」で展開される。

世界初「集じん機能」を搭載する充電式ブロワ

株式会社マキタが2019年12月に販売するのは、18V×2本シリーズの充電式ブロワ「MUB363D」だ。

MUB363Dは世界初の「集じん機能」を搭載する充電式ブロワとなっており、ブロワモードでの吹き飛ばしの他、バキュームモードでの屋外清掃にも対応している。

ブロワとしての仕様は前モデルの「MUB362D」と同等の最大風量13.4m3/minとなっている。

パーツ付け替えで「充電式バキューム」にチェンジ

バキュームキット付きの「MUB363DG2V」ではバキュームキットが付属しており、それを装着すると充電式バキュームとして集じん機能が使用できる。

バキューム能は落ち葉への集じんなどに使用する機能で、道路やタイル張りの通路の清掃作業に用いられる機能だ。従来の製品だとエンジン式のブロワにしか搭載されていなかった機能だが、今回の充電式化によって屋外以外でのシーンでバキュームを使用できるようになった。

MUB363Dにはマルチング機能が搭載されており、金属製のシュレッダにより吸込み後の枯葉を細かく粉砕し体積を減らす機能が搭載されている。

別売りのバキュームキットセット[A-70328]を装着すればバキュームキットが付属していない仕様でも集じん機能が使用できる。

コンセプトは優秀、作業量次第の充電式バキューム

充電式ブロワにバキュームを搭載したコンセプトは非常に優秀だ。従来のエンジン式バキュームは排ガスや騒音の観点から屋内や密集地での運用が難しかったのだが、充電式化によって低騒音化排ガス0が実現され、住宅密集地やビニールハウス内での清掃業務など新しい市場への開拓も期待できる製品となっている。

ただし、懸念されるのはやはり連続使用時間だろう。エンジンバキュームは1回の給油当たりで1時間は連続使用できるのに対し、充電式でエンジン式と同等の作業量を確保するにはポータブル電源ユニットのPDC01が必要となる。ランニングコストではエンジン式よりも安いなる充電式園芸工具だが、初期コストを考えると高くなるのが痛い点だ。

既に屋外で運用されているエンジンブロワの代わりとするのは難しい製品だが、これまでエンジンブロワを使用できなかった市場へも浸透できる製品と考えれば、非常に魅力的な製品と言えるだろう。

Return Top