VOLTECHNO(ボルテクノ)

ガジェットとモノづくりのニッチな情報を伝えるメディア

Makita VC006GM Brushless 40L M-Class wet/dry Vacuumを発表、80Vmax動作の充電式集じん機

Makita VC006GM Brushless 40L M-Class wet/dry Vacuumを発表、80Vmax動作の充電式集じん機

Makita NZ(マキタニュージーランド)は公式Facebookページ上で、2023年1月に80Vmax Brushless 40L M-Class wet/dry Vacuum VC006GMの発売を予告した。40Vmaxバッテリー×2本装着する80Vmaxシリーズの充電式集じん機で乾湿両用仕様の40Lタンクを備える。日本地域での販売は未定。

Makita Brushless 40L M-Class wet/dry Vacuum VC006GM

Makita NZ(ニュージーランド)は、2023年1月に公式Facebookページ上で80Vmax Makita Brushless 40L M-Class wet/dry Vacuum VC006GMの発売を予告しました。

VC006GMは、40Vmaxバッテリー2本で動作する80Vmaxシリーズ初の充電式集じんです。

充電式でトップクラスの集じん容量40L大型タンクと乾湿両用構造を搭載しており、幅広い集じん作業に対応する仕様を備えています。

吸込仕事率 350Wの仕様を備え、BL4080Fバッテリー×2装着時には最大モード時 約40分の連続動作に対応します。

発売予告時点でニュージーランド地域で販売が予告されており、日本地域での発売は未定です。

製品仕様 (40Vmaxモデル VC001G比較)

製品名 VC006GM VC001G
外観
集じん対応 乾湿両用
吸込仕事率 350W 310W
シリーズ 80Vmax 40Vmax
動作音 69dB(A) 61dB(A)
最大風量 3.7m³/min 3.2m³/min
最大真空度 18kPa 23kPa
最大稼働時間 約40分(BL4080F×2) 約44分
無線連動 AWS ×
集じん容量 40L 8L
水タンク容量 30L 6L
重量 17kg 10.0kg
寸法 586×385×598mm 366×334×397mm
本体価格 59,000円(税別)
販売年月 2021年11月

製品の特徴
「80Vmaxシリーズの大容量タンクモデル」

VC006GMは、80Vmaxシリーズ初となる充電式集じん機です。

充電式集じん機としてはトップクラスのタンク容量となる40Lの仕様を備え、BL4080Fバッテリー×2装着で最大40分の連続作業に対応します。

乾湿両用仕様を備えているので、液体の吸い込み作業にも対応し最大30Lの吸い込み作業が可能です。

マキタ無線連動AWSに対応

マキタの無線連動 AWSに対応するので、充電式製品との集じん連動動作に対応します。

マックパック連結に標準対応

集じん機上部にはマックパック連結に対応するラッチ部品が付属しています。

現行のマックパックシリーズを装着して電動工具の収納・運搬が可能です。

性能的には40Vmaxモデルと大差ないものの…

80Vmaxシリーズ初の集じん機なので性能的な向上を期待したい製品ではあったのですが、集じん機それ自体の性能向上はそこまでのものではなく、どちらかと言えばタンク容量の大型化をコンセプトにしたような製品です。

本機に関しては40VmaxモデルのVC001Gと吸込仕事率や持続時間に大きな違いが無く、わざわざバッテリー2本挿入を必須とする80Vmax仕様にすた意味をあまり感じられない製品です。個人的な印象として40Vmax仕様のままでも同じような性能にすることは十分可能だったのではないか?とも思っています。

製品仕様的な特徴を挙げるなら、充電式集じん機として珍しい無線連動AWS対応の乾湿両用モデルである点です。パワーカッター等の湿式切断作業に対応できるモデルであり、湿式作業時のタンクは30Lまで吸引可能なので、屋内での切断作業等もバッテリー式でクリーンに完結できるのが利点と言えそうです。

ちなみに、製品中の”M-Class”は粉じんを吸い込んだ時の捕捉率を表す規格のようです。この規格にはL/M/Hの3つのクラスがあり、VC006GMが対応するM-Classでは2um以下の粉じんを99.9%補足する性能を持ち、木材・石材・塗料作業に対応できるクラスだそうです。

まとめ

Makita VC006GM Brushless 40L M-Class wet/dry Vacuum

VOLTECHNO製品評価 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

80Vmaxシリーズの大容量充電式集じん機(日本未発売製品)

良い点
  • タンク容量が充電式トップクラス
  • 乾湿両用で無線連動対応
悪い点
  • 集じん性能的には40Vmaxモデルと大差なし

よく比較される工具

マキタ VC001G

2021年11月発売

マキタ VC865D

2020年4月発売

関連アクセサリ・別販売品・消耗品

40Vmaxバッテリー

40Vmax充電器

¥11,616 (2023/01/28 20:58:15時点 楽天市場調べ-詳細)
¥22,521 (2023/01/28 21:06:32時点 楽天市場調べ-詳細)

40Vmaxパワーソースキット(2口充電器セット)

Return Top