VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

最薄クラスのスマホ・タブレットスタンド MOFT X [PR]

スマホやタブレットのケースには様々な種類があり、スタンドになるスマホケースも販売されています。スタンド付きのケースとなると手帳タイプが一般的ですが、少し大きくてかさばるので敬遠する人も多いのではないでしょうか。そんな中、2019年に張り付けるタイプの薄型スマホスタンドが話題になりました。

今回紹介するのは、スマホやタブレットに張り付けて使用するスタンド「MOFT X」です。

張るだけで使える、クラス最薄スマホ・タブレットスタンド

最近は動画サービスや横置きで遊ぶゲームなども増えて、スマホやタブレットを置いて使用するアプリも増えてきました。

そのまま机に置いて使用すると、無理な態勢になって疲れてしまうのでスタンドを使用する方も多いと思います。

スマホ本体とは別になるスマホスタンドや、手帳タイプのケースをスマホスタンドにするタイプなど、様々なスマホスタンドがありますが、今回紹介するのは縦置き・横置き・角度調節に対応するクラス最薄のスマホ・タブレットスタンド「MOFT X」です。

MOFT Xのスマホサイズなら、スマホリングのようにも使用できる。MOFT Xの表面はスエードにも見えるが、使われているのはファブリック素材。
MOFT Xはスタンドを出した時、横が三角形になるので、横置きスタンドとしても使用できる。スマホ本体に使用して使用するスマホスタンドとしてはなかなかのアイデア。
スマホサイズのMOFT Xはカードも入る、最大3枚まで収納可能。スタンド部分には磁石が入っているため、カードを入れたままの非接触決済には未対応。

MOFT Xの使い方

MOFT X最大の特徴こそ「張る」スタンドという点です。

この粘着シートは、約500回の再貼り付けに対応しており、剥がした時も粘着質がスマホ側に残らない素材を使用しているため、機種変更を予定している場合にも安心して使用できます。

従来のスマホスタンドはケースを兼ねている製品も多く、対応した機種にしか使用できなかったり、分解して組立て式になっていたりと汎用性が低く手間もかかるスタンドでしたが、MOFT Xなら裏面サイズさえ合えば、ほぼ全ての製品に張り付けられるのが特徴です。

MOFT Xの使い方① MOFT Xを張り付けたいタブレットとMOFT Xを準備
タブレットの裏面は付着した汚れを出来るだけ除いておく。
②MOFT Xの粘着保護シートを剥がす。
③タブレットの裏面に張り付けて完成。
④MOFT Xを引っ張ればスタンドになるので、好きな場所に配置できる。この状態の確度は約60度で、人間工学的に最も画面が見やすい角度のよう。
MOFT Xタブレットサイズでも横置きにも対応。
横置き時には、MOFT Xを織り込むことでもう1段階角度調整が出来る。
織り込んだ状態で横スタンドにすればタッチペンでも使いやすい。
タブレットタイプのMOFT X、は置き方を工夫すれば最大6パターンのも角度調整に対応できる。

サイズバリエーションやオプションも豊富

MOFT Xは3つのサイズバリエーションで展開されていて、「スマホ」「タブレットmini」「タブレット」で販売されています。

サイズを選ぶ時の注意点ですが、対応サイズ以下のスマホやタブレットには使用できない点です。特に「スマホ」サイズのMOFT Xを4.0インチのiPhoneSEなどに張り付けてしまうと、横幅がはみ出てしまったり、カメラがふさがってしまうので注意が必要です。

対象スマホタブレットminiタブレット
外観
対応サイズ4.7インチ7.9インチ9.7-13インチ
本体サイズ6.4×10.5×0.47cm17.1×11.6×0.35cm 21×15×0.37cm
重量29g87g137g
角度調節縦時 60°
横時 40°
縦時 25°40°60°
横時 30°40°60°
縦時 25°40°60°
横時 30°40°60°

MOFT X「マグネティックステッカー」「Apple Pencilホルダーセット」

MOFT Xのオプションには、「マグネティックステッカー」と「Apple Pencilホルダーセット」があります。

マグネティックステッカーは、MOFT Xに内蔵された磁石を使って壁に張り付かせるマグネットステッカーです。車やキッチンなどに張り付ければ、ホルダーとして使用できます。

Apple Pencilホルダーセットは名前の通り、Apple Pencilに使用するペンホルダーで、これもMOFT Xの磁石で張り付くようになっています。1世代目のApple PencilはiPad本体に装着できないので、ペンホルダーに装着させれば持ち運びやすいアイテムになります。

Return Top