VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

サビ取りの強い味方 ゴム砥石『五万石スティック』がすごい!

普段、サビ取りにはピカールを愛用している筆者ですが、一定以上進行してしまったサビや広い面積のサビだとピカールでうまくサビ取りすることができません。

そこで今回はサビ取りの強い味方、ゴム砥石『五万石スティック』を紹介します。

『五万石スティック』とは?

オカスギ五万石スティック

ゴム砥石とは通常の砥石と違い、結合剤に特殊なゴムを使用した砥石のことです。結合剤にゴムを使用しているため普通の砥石のように砥粒は入っていても、軟らかいのが特徴です。

ゴム砥石は通常の砥石と違い、削る相手の表面をならうように変形するので、凹凸ができにくく滑らかな仕上がりになるのが特徴です。もちろんゴムだからと言ってサビ取りする能力が劣るわけではなく、仕上げ後のバリや傷も出来にくいので用途によっては通常の砥石よりも使いやすくなっています。

五万石スティックはこのゴム砥石を使いやすい大きさにしてアルミ棒スティックに取り付けたもので、手の届きにくいスミの部分や凹凸の部分などに手軽に使用することができます。

この五万石スティックは現場や工場に使う産業用に使う仕上げ用ゴム砥石なだけあって、サビ取りや機械のメンテナンスなどで特に強い力を発揮します。

実際に磨いてみた

オカスギ五万石スティック#120,#220,#320

検証のためどこまでサビ取りできるか実際に使って試してみます。今回使用する五万石スティックは粒度#40から#320までの5本セットになったAL-12s-5を使用します。

また、ゴム砥石は通常の砥石よりも切削性が高いそうなので、#120くらいから削り始めてもよさそうです。

錆びた6角ビット

錆びたビット

まずは錆びてしまったベッセルの6角ビットを五万石スティックで研磨してみます。

安価なビットは表面処理されていないので取り扱い方によっては簡単に錆びてしまいます。このような赤錆に対して五万石スティックはどこまでサビ取りできるのでしょうか。

錆びたビットを五万石スティックでサビ取り
初めは#120で研磨。この段階でサビは全部とれており、あとはもっと細かい粒度のものに変えて仕上げを行うだけ。
錆びたビットを五万石スティックでサビ取り中仕上げ
#220に変更。仕上げ状態は全く変わらない、サビ取りだけなら#120だけで済むんじゃないかと思い始める。
錆びたビットを五万石スティックでサビ取り仕上げ
最後の仕上げに#320。#120で研磨していた時と全く変わらない。後工程不要が売りの五万石スティックだが、その宣伝文句をホントに体験することができた。
錆びたビットと磨いたビット比較
別の錆びたビットと比較したところ。五万石スティックで研磨したほうは新品同様の状態になっている。研磨による寸法変化はほとんどなさそうだ

ダクトレール用スポットライト

次はスポットライトの軸の部分に発生したサビを研磨してみます。

錆びの状態から推測すると、これはクロムメッキ特有のピンホールに起因するサビのようです。メタルラックなどによく発生するサビですね。

普段ならこれくらいのサビはピカールで処理してしまいますが、今回は検証も兼ねて五万石スティックだけでサビ取りしてみます。

錆びたスポット照明
スポットライトの軸部分が錆びてしまった。サビの状態からクロームめっき品によく発生するピンホールに起因するサビのようだ。
錆びたスポット照明を五万石スティックでサビ取り
クロムメッキのサビは深くないことが多いため、初めから#320のスティックを使う。めっきを削りきってしまわないように軽く磨く
スポット照明サビ取り
サビを全て磨いたところ。サビは奇麗に取れて新品同様の輝きになった。

形状オーダーもできる五万石スティック

今回はサビ取りについて紹介しましたが、五万石スティックは研磨後の焼け取りや酸化被膜取りなど幅広い研磨作業に対応したゴム砥石です。

元々産業用途に使われるゴム砥石のため、通常の平型形状の他に丸型や三角型など様々な形状の砥石を扱っており、さらにはネジ溝型など様々な形状に対応したゴム砥石を発注することができます。個人用途でも農業機械や船舶のメンテナンスなどで活用できそうです。

Return Top