VOLTECHNO(ボルテクノ)

ガジェットとモノづくりのニッチな情報を伝えるメディア

2022年2月19日

カッタとは ベースを備えた石材切断の電動工具

カッタとは ベースを備えた石材切断の電動工具

カッタとは、石材専用の切断工具

カッタとは、石材切断の作業に使用する切断工具です。ダイヤモンドホイールを装着してU字溝やヒューム管・窯業系タイル材や装飾用石材などの切り出しに使用します。

ベースによる安定した切断ができるので、コンクリートの直線切断や内装石材の切り出しに重宝する電動工具です。

カッタと呼ばれる電動工具には、丸ノコ形状のタイプとディスクグラインダ形状の2種類がありますが、この記事内では丸ノコ形状のカッタを中心に解説を進めます。

工具的にはベースと取っ手が付いたディスクグラインダ

一見すると丸ノコに近い形状なので木材や金属も切断できるように見えますが、製品としてはディスクグラインダに近い仕様を備える電動工具です。

カッタは同じ径のチップソーを装着する切断工具と比較すると約1.5~3倍の回転速度を持つので、カッタに対するチップソーカッタを装着した作業は推奨されていません。

Φ125mmのディスクの装着に対応するそれぞれの切断工具の回転数。
石材切断専用のカッタが最も回転数が高く、金属切断のチップソーカッターが最も低い。

それぞれの切断工具は、それぞれに適した材料を切断できる製品仕様を備えているので、ディスク径が合うからと言って安易に使いまわし等を行わないようにしましょう。

湿式切断に対応

カッタは、湿式切断に対応できる特徴があります。

石材切断作業においては、ほとんどの場合で汎用性の高いディスクグラインダーの方が優れていますが、カッタの場合は湿式切断にも対応するのでリム形状のダイヤモンドホイールが使用できる利点があります。

綺麗な切断面を特徴とするリム形状のダイヤモンドホイールは、切断中に水を注水して粉じん除去と冷却を同時に行える湿式切断で作業を行わなければなりません。

御影石や大理石などの内装材として使われるタイルを綺麗に切断できるので、キッチン等の人目に付きやすいような場所の石材切り出しに使う作業ではカッタが必須です。

おすすめのカッタ

マキタ 充電式防じんカッタ CC500D

マキタの販売する18V充電式カッタがCC500Dです。125mmのダイヤモンドカッターに対応します

ブラシレスモータと傾斜ベースを備えた防じんタイプの充電式カッタで石材切断の幅広い作業に対応できます。

基本構成は乾式切断の防じん仕様ですが、別売の給水カバーセット(A-71788)を使用すれば湿式切断にも対応できるので、リム式ダイヤモンドカッターも使用できます。

マキタ 85mm充電式カッタ CC301D

カッタとしては珍しいスライド10.8Vバッテリーの85mm小型カッタです。

低出力の充電式カッタですが、標準で湿式切断用のタンクを備えており、ガラス切断用のダイヤモンドカッターが標準付属しているので、薄い板材の切断作業に最適なカッタです。

マキタ 125mm防じんカッタ 4100KB

AC電源で動作する125mmの防じんカッタです。

消費電力1,300Wと回転数12,200min-1の高い仕様を備える高い切断能力を持つカッタで、コンクリートや新建材を効率よくパワフルに切断可能です。

乾式切断のみ・直角切断のみの製品仕様ですが、本体価格が安くて高い切断スピードを持つため、乾式切断用途限定においては最適な1台です。

マキタ 110mmカッター 4101R

マキタ(Makita)
¥29,875 (2022/05/24 19:30:39時点 Amazon調べ-詳細)

AC電源で動作する110mmのカッタです、125mmのダイヤモンドカッターの装着にも対応します。

標準で給水装置を備え、傾斜切断にも対応するカッタです。

製品としては古めのモデルですが、消費電力1,100W・回転数11,000min-1の仕様を備え、充電式のカッタよりも高い切断スピードを搭載しています。

カッタまとめ

カッタ

石材切断専用の電動工具

Return Top