VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2020年9月12日

Amazon Echoがいよいよ発売!Plusのスマートホームハブ機能おさらいとAlexa対応機器まとめ

Amazon Echoがいよいよ発売!Plusのスマートホームハブ機能おさらいとAlexa対応機器まとめ

Amazon Echoでできること


Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

Amazon EchoとはAmazonの開発したクラウド上のAIアシスタント『Alexa』に対応したAmazon純正のスマートスピーカーです。

同じようなサービスにはGoogleのGoogle HomeやLINEのClovaがありますが、Alexaはできること(スキル)の数が多く、11月15日の発売日にスキルを提供する関連会社は100社以上にのぼり、250種類ものスキルが提供されるようです。

アマゾン、日本語版「Alexa」スキルの一覧を大公開!:ロボスタ

Amazon Echoは海外で他社に先駆け2014年に発売されており、海外市場のシェアは70%とAmazon Echoがほぼ一強のようです。スマートスピーカの価格も他社より安価でAmazonが提供するコンテンツとの連動もでき、個人でのスキル開発も可能なようで、今後更なるコンテンツの充実が期待されます。

現時点でもAlexaで提供されるスキルには天気予報ニュースの読み上げ銀行残高の確認乗換案内・Amazon Music Unlimitedなどコンテンツが豊富で、今までパソコンやスマホの画面上で行っていたことがハンズフリーによる対話形式で実現できるようになります。

ちなみに、Alexaに対応したスマートスピーカーはAmazon以外からも発売される予定だそうで、オーディオメーカーとして有名なオンキヨーなどがスマートスピーカーP3を開発しています。

スマートホームハブ機能とは?

Amazon Echo Plus (Newモデル)、スマートホームハブ内蔵、ホワイト

Amazon Echo最上位モデルのAmazon Echo Plusにはスマートホーム・ハブ機能が搭載されています。

スマートホーム・ハブ機能とはAmazon Echo Plusのみに搭載されている機能で、Echo Plus自体がスマートホームを繋げるハブを内蔵しており

スマートホームデバイスは『スマートハブ』と呼ばれるZigBee無線規格に対応した中継器が必要でした。PhilipsやGEなど異なるメーカーのスマートホームデバイスが増えるとそれに対応したハブも増えるので、接続設定やハブの台数など煩雑になったりします。

このAmazon Echo Plusには初めからスマートホームデバイスに対応したハブ機能が内蔵されており、Alexaに対応したスマートホームデバイスであれば音声指示を行うだけでデバイスを検索し自動で初期設定を開始してくれます。

ですが、Amazon Echo Plus内蔵のスマートホーム・ハブ機能に対応した製品はまだ少なく、現時点ではPhilips Hue ランプのみが対応しているようです。

ちなみに、スマートホーム・ハブが内蔵されていないEcho DotやEchoでスマートホームデバイスが使えないのか?と思うかもしれませんが、その場合は今まで通りスマートホーム・ハブと連動させることでスマートデバイスを操作させることができます。

AmazonAlexa認定取得製品とは?

AmazonAlexaに対応した製品は購入ページにこのロゴが記載される。Amazon Echoに対応した製品を購入する場合はこのロゴが記載されているか確認しよう。

Amazon Echo最大の特徴はスマートホームデバイスと連携できることです。例えば、話しかけるだけで照明のオン・オフを操作したり、ドアのカギを掛けたり、テレビのチャンネルを変えたりと自分の周りの家電を音声で操作できるようになります。

しかしながら、このようなスマートデバイスは登場して間もないため規格や設定などが統一されておらず、どのスマートデバイスがどのスマートスピーカーに対応してるかわかりにくかったりします。

Amazon購入ページに記載されているAmazon Alexa認定取得製品ロゴが記載されていれば、Amazon Echoで操作できることが一目でわかります。

Amazon Echo発売時点でAmazon Alexaに対応している製品

スマートIoT照明 Philips Hueランプ

created by Rinker
フィリップスライティング(Philips Lighting)
¥4,900 (2020/12/04 22:50:53時点 Amazon調べ-詳細)

Philips Hueランプはスマートフォンなどでオン・オフできるLED照明です。

Philips Hueランプはバリエーションが豊富で、標準的なE26金口の電球タイプの他にポータブルタイプのHue GoリボンタイプのHue ライトリボンなどがあります。これら全てのタイプの照明をAmazon Echoで制御できれば使い道が広がりそうです。

現在、Echo Plusの購入キャンペーンでHue ホワイトグラデーションシングルランプが追加費用なしで購入できるキャンペーンを実施しています。

Amazon Echo PlusがあればHueブリッジなしで直接Hueランプを制御することができますが、Echo Plus以外の場合はHueブリッジというPhilipsのハブが別途必要になるので注意が必要です。

スマートリモコン LinkJapan eRemote

eRemoteはハンズフリーで家電を操作できるスマートリモコンです。

eRemoteはネットワークに対応した学習リモコンで、リモコンの赤外線を記憶させることで無線LAN経由で家電を操作できるようになるスマートデバイスです。eRemoteは元々スマートフォンで操作するスマートリモコンでしたが、Alexaにも対応しており音声制御でテレビやエアコンの操作ができるようになります。

ただし、現時点では情報が少なくAmazon Echoだけで使えるのか、Echo Plusの内蔵スマートホーム・ハブが必要なのかは不明です。

Qrio Smart Lock

Smart Lockはドアのカギを遠隔操作するスマートデバイスです。

スマホでドアのカギを開閉できる「スマートロック」ですが、これもAlexaの発表と共にAlexaに対応したようです。今まで通り鍵での開閉も可能です。

注意点として、Alexaを使った場合のSmart Lock操作は「施錠」のみで「解除」する事はできないようです。また、Amazon Alexaとの連携ではどのEchoシリーズでもSmart LockとQrio Hubがセットで必要になるので注意が必要です。

Return Top