VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

BSL36B18 史上最大容量の電動工具バッテリー 【日立工機新製品情報】

日立工機から新型大容量バッテリーBSL36B18が発売された。

この新型バッテリーは大型の21700サイズのリチウムイオンセルを採用することで、従来のバッテリーよりも大容量の18V 8.0Ah(36V換算で4.0Ah)のバッテリーとなっている。

国内電動工具史上 最大容量のバッテリーBSL36B18

BSL36B18スペック

このBSL36B18は、既存の6.0Ahバッテリーの容量を大きく超えた8.0Ahという大容量バッテリーだ。

ここ数年の電動工具バッテリーは6.0Ahから容量が増加しておらず、これ以上の容量増加はバッテリーの技術革新待ちの状態だったのだが、日立工機ではバッテリーのサイズそのものを大きくすることで、更なる大容量化を実現した。

18Vでは8.0Ahもの容量を持つBSL36B18

BSL36B18スペック

BSL36B18バッテリーは、マルチボルトシリーズに分類されるバッテリーだ。

マルチボルトバッテリーは36Vと18Vに両対応したバッテリーで、36Vマルチボルトシリーズにも既存の18V電動工具にもマルチボルトバッテリーで使用できるのが特徴だ。

大容量となったBSL36B18であっても18V電動工具との互換性を有しており、バッテリー互換性を重視する日立工機の開発の姿勢が見て取れる。

BSL36B18は36V工具装着時で4.0Ah、18V工具装着時に8.0Ahとなっており、国内の電動工具メーカーとしては最も容量が大きい電動工具用バッテリーとなった。海外電動工具メーカーを含めても、2並列構成のバッテリーとしては最も容量が多いバッテリーとなっている。(米国では3並列構成のMilwaukeeの9.0Ahバッテリーが最大)

BSL36B18で使用できない電動工具

しかし、電圧や装着部に互換性は有しているものの、電池自体のサイズが大きくなった事で物理的に干渉してしまい、取り付けられなくなってしまった電動工具もある。実際に使用する場合は使用できない製品のリストの確認が必要だ。

BSL36B18という大型バッテリーは電動工具ユーザーの心を掴むか?


日立工機 コードレスハンマドリル 36V マルチボルト 充電式 SDSmaxシャンク適用 リチウムイオン電池、急速充電器、予備電池付※蓄電池保証書、純正ケース付 DH36DMA(2WP)

電動工具に求められるものといえば『性能』と『取り回し』の2つに絞れるだろう。

両方を兼ね備えた電動工具が開発されればいいのだが、この2つの要素は基本的にトレードオフの関係にあり、高性能の電動工具は自ずと大型・重量な製品になってしまう。そのためこれまで、コードレス電動工具の性能向上の背景には、リチウムイオンバッテリーやブラシレスモーターの発展など、新技術の採用が不可欠であった。

そんな中、日立工機はバッテリーのサイズを大きくして性能向上を図ると言う、トレードオフの根本的な関係から抜け出さない形でコードレス工具の性能向上を目論んだ形になる。

BSL36B18では、大きなセルを採用することで大電流放電が可能になっており、既存の電動工具であっても性能が向上するものと考えられるだろう。

しかし、大きいバッテリーによって稼働時間が伸びても、これまでのバッテリーの重心で考えられた電動工具では、重さで取り回しが悪くなってしまう可能性も否めない。もしかしたら、充電の手間以上の使いづらさも出てくるかもしれない。

電動工具ユーザーは『高い性能』を求めるのか、それとも『取り回しの良さ』を求めるのか、大型のバッテリーセルを採用したBSL36B18は、今後の電動工具の製品展開に一石を投じることとなりそうだ。

Return Top