VOLTECHNO(ボルテクノ)

ガジェットとモノづくりのニッチな情報を伝えるメディア

2022年9月28日

HiKOKI WH18DC コードレスインパクトドライバを発売、18Vクラスのミドルクラスインパクト

HiKOKI WH18DC コードレスインパクトドライバを発売、18Vクラスのミドルクラスインパクト

工機ホールディングス株式会社(本社:東京都港区)は、電動工具ブランド HiKOKI(ハイコーキ)から18VコードレスインパクトドライバWH18DCを全国の電動工具取扱販売店などを通じて発売する。18V動作仕様を備えトリプルハンマ採用により18Vクラス最速のねじ締めを実現する。本体希望小売価格は24,400円(税別)

HiKOKI コードレスインパクトドライバ WH18DC

HiKOKIは、2022年8月31日(水)から18Vコードレスインパクトドライバ WH18DCを発売します。

WH18DCは、18Vモデルの高機能コードレスインパクトドライバです。ヘッド長144mmとコンパクトながら、トリプルハンマによる180N・mの高い締結力やビット振れ低減など取り回し性にも優れています。

パワーやボルト・テクス締結を切り替えられる5モードを搭載し、先端の3点LEDによる照射はビットの影ができにくく暗所でも確実に作業が行えます。

製品仕様はグリーン・ブラック・レッドの3色で展開、販売仕様はバッテリー充電器が付属する(2XP)と本体のみの(NN)で販売します。

  • WH18DC(2XP) バッテリー・充電器・ケース付属 希望小売価格71,500円(税抜)
  • WH18DC(NN) バッテリー・ケース付属 希望小売価格24,400円(税抜)
  • WH18DC(2XPB) バッテリー・充電器・ケース付属 希望小売価格71,500円(税抜)
  • WH18DC(NNB) バッテリー・ケース付属 希望小売価格24,400円(税抜)
  • WH18DC(2XPR) バッテリー・充電器・ケース付属 希望小売価格71,500円(税抜)
  • WH18DC(NNR) バッテリー・ケース付属 希望小売価格24,400円(税抜)

製品仕様 (18Vモデル WH18DB比較)

製品名 WH18DC WH18DB
外観
締付能力 小ねじ:4~8mm
普通ボルト:M5~M16
高力ボルト:M5~M14
テクスねじ:⌀3.5〜6mm
コーススレッド:22〜125 mm
小ねじ:4~8mm
普通ボルト:M5~M16
高力ボルト:M5~M12
最大締め付けトルク 180N・m 172N・m
無負荷回転数 0〜3,700 min -1 0~3,100min-1
打撃数 0〜4,000 min -1 0~3,400min-1
動作電圧 18V
重量 1.6 kg 1.5kg
寸法 116×241×29mm 128×242×29mm
本体価格 24,400円(税別) 22,000円(税別)
販売年月 2022年08月 2019年05月

製品の特徴
「WH36DCを18V仕様にオミットしたインパクトドライバ」

WH18DCは、マルチボルト36Vで動作するWH36DCを18V仕様にしたコードレスインパクトドライバです。

メカ部分のハンマケースやトリプルインパクト・LED3灯構成はWH36DCと近い仕様を備えていますが、モータ性能とBluetoothカスタマイズ機能をオミットした仕様になっています。

カラープレートの装着に対応

コードレスインパクトドライバ WH36DCと同じカラープレートを装着可能。

本体カラーの3色展開と組み合わせて、計15バリエーションのカラーカスタマイズが可能です。

順当に選ぶならマルチボルト36VモデルのWH36DCを推奨

HiKOKIは、何故か旧日立工機の時代からインパクトドライバのバリエーションを増やしたがる企業です。

ブラシレスモータのインパクトドライバは、機能を絞ることによる原価低減の効果が薄く、丸のこやグラインダのようなサイズ・用途によるクラス分けが実作業的に意味を為さないため、製品展開的に中途半端になりやすい製品です。ニッカドバッテリーの時代は電池性能の問題から、電圧によるクラス分けがある程度意味を為していた時代もありましたが、昨今のリチウムの時代では今回のような18Vと36Vを分ける行為はほとんど意味のない製品展開だと捉えています。

今回のWH18DCについても、インパクトドライバそのものとして製品自体に悪いところはないものの、2022年9月時点の実売価格でネットモールを中心に36V上位モデルのWH36DCの方が安く販売されています。18Vモデルの高性能モデルとしてWH18DDL2の後継に位置付けたいのは理解しますが、WH36DCが圧倒的優位のモデルであり、マルチボルトバッテリーが18V互換機能を持つ以上、WH18DCをあえて購入する利点はほとんどありません。

今後、価格戦略や市場在庫量などによっても状況は変わると考えられますが、今のところは性能・価格的に優位性が一切ない製品であり、普通に36VモデルのWH36DCを選択した方がよい状況なので、WH18DCについては一旦様子見とした方がよさそうです。

まとめ

HiKOKI コードレスインパクトドライバ WH18DC

VOLTECHNO製品評価 3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)

製品簡易説明

良い点
悪い点
  • 価格的に選ぶ理由がない

よく比較される工具

HiKOKI WH36DC

2020年10月発売

関連アクセサリ・別販売品・消耗品

カラープレート

HiKOKI 18Vバッテリー

Bluetooth搭載マルチボルトバッテリー

HiKOKI 充電器

Return Top