VOLTECHNO(ボルテクノ)

ガジェットとモノづくりのニッチな情報を伝えるメディア

2024年2月9日

HiKOKI WR36DE コードレスインパクトレンチを発売、ハイパワー&コンパクトの630N・mモデル

HiKOKI WR36DE コードレスインパクトレンチを発売、ハイパワー&コンパクトの630N・mモデル

電動・エア工具を製造・販売する工機ホールディングス株式会社(本社:東京都港区)は、電動工具ブランド HiKOKI(ハイコーキ)からコードレスインパクトレンチ WR36DEを全国の電動工具取扱販売店などを通じて発売する。最大締付トルク 630N・m仕様でBluetoothによるスマホカスタイマイズ機能を搭載する。本体希望小売価格は46,800円(税抜)

HiKOKI コードレスインパクトレンチ WR36DE

電動工具ブランド HiKOKIを展開する工機ホールディングス株式会社は、コードレスインパクトレンチ WR36DEを発売します。

WR36DEは、最大締付トルク630N・m、最大ゆるめトルク900N・mの仕様を持つミドルクラスのインパクトレンチです。

ボルトの締め過ぎを防止するオートストップ機能(正転)、緩め過ぎによるナットの落下防止を補助するオートスロー機能(逆転)などの制御機能を追加したほか、Bluetooth®で連動することでスマートフォンの専用アプリから回転数、オートストップ時間やLEDライト点灯時間などを調整でき、作業に応じた使いやすさを追求できる製品仕様になっています。

販売仕様はバッテリー充電器が付属する(2XPSZ)と本体のみの(NN)で展開します。

  • WR36DE(2XPSZ) マルチボルト蓄電池 BSL36A18BX×2・充電器UC18YDL2・ケース付属 希望小売価格104,800円(税抜)
  • WR36DE(NN) 本体のみ 希望小売価格46,800円(税抜)

WR36DE 製品仕様(2kgモデル WR36DD比較)

製品名 WR36DE WR36DD
外観
締付能力 普通ボルト:M10~M24
高力ボルト:M10~M20
普通ボルト:M10~M24
高力ボルト:M10~M20
最大締付トルク 630N・m
(M24高力ボルト)
630N・m
(M24高力ボルト)
最大緩めトルク 900N・m 900N・m
先端形状 12.7sq 19sq
モーター ブラシレスモータ ブラシレスモータ
無負荷回転数 2,400min-1 2,400min-1
打撃数 3,400min-1 3,400min-1
Bluetooth
振動3軸合成値 13.5m/s2 11.7m/s2
防じん防水 IP56 IP56
重量 2.7kg 2.7kg
寸法 169×278×36mm 144×251×32mm
本体価格 46,800円(税抜) 46,800円(税別)
販売年月 2023年10月 2021年6月

製品の特徴
「18バッテリーに対応したAS001Gが登場」

マルチボルト蓄電池とブラシレスモーターを搭載し、トップクラスのスピードとクラス最強のトルクを実現しています。

18V従来製品WR18DSHLに比べ、締付けスピードが約1.5倍、ボルト緩めスピードが約2.8倍速くなりました。

オートストップ機能で締め過ぎ防止

さまざまな作業に対応できる4段階設定で、あらかじめ設定された時間で自動停止するので、締め過ぎによるボルトの破損を防止します。

オートスロー機能でナットの脱落防止を補助

逆転時は、ボルトのゆるみを検知した後、一時停止し、その後、低速で再起動するオートスローモードも搭載。設定された時間・回転速度に自動で停止・変速し、ナットの脱落防止を補助します。(スイッチ引き量が最大の時のみ。)

Bluetoothアプリ連携で動作カスタマイズに対応

お手持ちのスマートフォンに専用アプリ「HiKOKI TOOLS」をダウンロードしてBluetooth®蓄電池を取り付けると、4段階で「オートストップ機能の回転数(パワー)」、0.1~10秒(0.1秒刻み)で「オートストップ時間」の調整ができます。

HiKOKI TOOLS

HiKOKI TOOLS

Koki Holdings Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

防水防じんIP56に適合

防じん防水保護等級IP56に適合、屋外作業時の急な雨天や粉じんの舞う環境下での作業にも対応します。

マキタ 充電式インパクトレンチ TW007Gとの比較

WR36DEと同じクラスのコードレスインパクトレンチとしては、マキタ TW007Gが挙げられます。

製品仕様の比較としては、HiKOKI WR36DEとマキタTW007Gはほぼ同じスペックを持つ製品です。

機能的な面の比較だとHiKOKI WR36DEはBluetooth接続によるカスタム機能を持ち、マキタ TW007Gは本体価格が若干安いので市場価格ではマキタの方が入手しやすいものと考えられます。

製品名 WR36DE TW007G
外観
締付能力 普通ボルト:M10~M24
高力ボルト:M10~M20
普通ボルト:M10~M24
高力ボルト:M10~M20
最大締付トルク 630N・m
(M24高力ボルト)
650N・m
(M24高力ボルト)
最大緩めトルク 900N・m
先端形状 12.7sq 12.7sq
モーター ブラシレスモータ ブラシレスモータ
無負荷回転数 2,400min-1 2,300min-1
打撃数 3,400min-1 2,900min-1
Bluetooth ×
振動3軸合成値 13.5m/s2 19.7m/s2
防じん防水 IP56 IP56
重量 2.7kg 2.6kg
寸法 169×278×36mm 170×86×285mm
本体価格 46,800円(税抜) 43,900円(税別)
販売年月 2023年10月 2021年6月

プロ向け電動工具の性能向上 頭打ちを感じる新製品

製品仕様の面では、2021年6月に発売したWR36DDの19sqソケット仕様を12.7sqソケット仕様に変更したモデルであり、この2年間における性能向上や付加機能の追加などはほとんどない製品となっています。

加えて、WR36DEは海外地域では既に販売されており、HiKOKIの北米ブランドmetabo HPTでは2021年11月から展開されているモデルでした。

日本国内における実際のユーザー心情的な部分を想定すると、現行のHiKOKIユーザーは19sqソケットモデルのWR36DDを既に購入しており、どうしても12.7sqモデルが必要なユーザーはマキタTW007Gに移行してしまっていると考えられるので、今更12.7sqモデルのWR36DEが日本で出ても購入するユーザーはほとんど残っていないのではないか?と思っています。

HiKOKIが600N・mクラスのインパクトレンチを追加した理由ですが、マキタTW007Gへの対抗やユーザー要望を受けて仕様追加、あとは昨今の開発力低下に対してとりあえず製品展開を行った、などの理由が考えられます。

話は変わりますが、ここ1年くらいのHiKOKI新製品は代わり映えが無いマイナーチェンジだけの新製品が目立ちます。電動工具市場的に性能向上や付加価値創造の点で限界に差し迫っている感じがあるので、ある意味で仕方のない新製品と言えるのかもしれません。

まとめ

HiKOKI コードレスインパクトレンチ WR36DE

VOLTECHNO製品評価 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

12.7sqソケット搭載の600N・mクラスインパクトレンチ

良い点
悪い点

よく比較される工具

HiKOKI WH36DD

2021年6月発売

マキタ TW007G

2021年6月発売

関連アクセサリ・別販売品・消耗品

マルチボルトバッテリー

Bluetooth搭載マルチボルトバッテリー

背負い式電源

マルチボルト対応ACアダプタ

要対応機種確認

HiKOKI 充電器

Return Top