VOLTECHNO(ボルテクノ)

ガジェットとモノづくりのニッチな情報を伝えるメディア

2023年8月6日

マキタ CL284FD 充電式クリーナを発売、18Vモデルで吸込仕事率125W

マキタ CL284FD 充電式クリーナを発売、18Vモデルで吸込仕事率125W

電動工具を製造・販売する株式会社マキタ(本社:愛知県安城市)は、2023年2月に充電式クリーナ CL284FD/CL285FD/CL286FDを発売する。集じん仕様を異なる3製品を展開し18Vバッテリーモデルで最大125Wの吸込仕事率を実現する。希望小売本体価格は20,800円(税抜)

マキタ 充電式クリーナ CL284FD/CL285FD/CL286FD

電動工具を製造・販売する株式会社マキタは、2023年2月に充電式クリーナ CL284FD/CL285FD/CL286FDを発売します。

今回の充電式クリーナは、18Vバッテリーながら最大吸込仕事率125Wを実現しパワフルな吸引力と静音化を実現した充電式クリーナです。

ブラシレスモータの搭載とモータ制御の最適化によって18V充電式クリーナながらもトップクラスの吸込仕事率を達成しています。

製品仕様は集じん仕様が異なる「カプセル式/CL284FD」「紙パック式/CL285FD」「サイクロン一体式/CL286FD」の3仕様で展開します。販売仕様はバッテリ充電器が付属するFDRF仕様と本体のみのFDZ仕様で販売します。

  • CL284FDRFW バッテリBL1830B・充電器DC18RF付属 希望小売価格48,500円(税抜)
  • CL284FDRFO バッテリBL1830B・充電器DC18RF付属 希望小売価格48,500円(税抜)
  • CL284FDZW 本体のみ 希望小売価格20,800円(税抜)
  • CL284FDZO 本体のみ 希望小売価格20,800円(税抜)
  • CL285FDRFW バッテリBL1830B・充電器DC18RF付属 希望小売価格49,200円(税抜)
  • CL285FDRFO バッテリBL1830B・充電器DC18RF付属 希望小売価格49,200円(税抜)
  • CL285FDZW 本体のみ 希望小売価格21,500円(税抜)
  • CL285FDZO 本体のみ 希望小売価格21,500円(税抜)
  • CL286FDRFW バッテリBL1830B・充電器DC18RF付属 希望小売価格51,700円(税抜)
  • CL286FDRFO バッテリBL1830B・充電器DC18RF付属 希望小売価格51,700円(税抜)
  • CL286FDZW 本体のみ 希望小売価格24,000円(税抜)
  • CL286FDZO 本体のみ 希望小売価格24,000円(税抜)

製品仕様(マキタ従来モデル比較)

製品名 CL284FD CL285FD CL286FD
外観
種類 カプセル式 紙パック式 サイクロン式
スイッチ ワンタッチ ワンタッチ ワンタッチ
最大吸込仕事率
(高性能フィルタEX)
パワフル:125W
強:70W
標準:45W
エコ:20W
パワフル:125W
強:70W
標準:45W
エコ:20W
パワフル:100W
強:60W
標準:35W
エコ:15W
集じん容量 730mL 500+330mL 250mL
連続使用時間 パワフル:約8分
強:約15分
標準:約21分
エコ:約38分
パワフル:約8分
強:約15分
標準:約21分
エコ:約38分
パワフル:約8分
強:約15分
標準:約21分
エコ:約38分
バッテリー 18V 18V 18V
重量 1.5kg 1.6kg 1.7kg
寸法 1,066×113×153mm 1,066×113×153mm 1,066×113×177mm
本体価格 20,800円(税別) 21,500円(税別) 24,000円(税別)
販売年月 2023年2月 2023年2月 2023年2月

 

製品の特徴
「18Vバッテリーモデルで吸込仕事率125W仕様」

今回のマキタ18V充電式クリーナシリーズは、18V動作ながらも最大吸込仕事率125Wを達成したクリーナです。

これまで吸込仕事率100W超のクリーナは36V動作のクリーナでしか展開されていませんでしたが、今回のマキタクリーナは18Vながらも36Vモデル相当の吸込仕事率を実現しています。

HiKOKI コードレスクリーナ R36DBとの違い

今回のマキタ18V充電式クリーナと競合するモデルはHiKOKI R36DAです。

HiKOKIのマルチボルトバッテリーはユーザーが意識することなく18Vと36Vを兼用できるので、実用的には36V動作であるHiKOKI R36DBが性能面で優位な製品となります。

とは言え、市場のマキタバッテリー普及や製品ラインアップではマキタ18Vシリーズの方が圧倒的に優勢であり、吸込仕事率的には実用差はほとんどないと考えられるので、性能の高いマキタ18V充電式クリーナを求めていたユーザーとしては買いの製品と言えるでしょう。

製品名 CL284FD R36DB
外観
種類 カプセル式 カプセル式
スイッチ ワンタッチ ワンタッチ
最大吸込仕事率
(高性能フィルタEX)
パワフル:125W
強:70W
標準:45W
エコ:20W
強:150W
標準:65W
弱:35W
集じん容量 730mL 560mL
連続使用時間 パワフル:約8分
強:約15分
標準:約21分
エコ:約38分
強:約15分
標準:約30分
弱:約60分
バッテリー 18V マルチボルト36V
重量 1.5kg 1.6kg
寸法 1,066×113×153mm 1,022×112×180mm
本体価格 20,800円(税別) 19,400円(税別)
販売年月 2023年2月 2022年3月

連続使用時間の短さが欠点だが18Vの汎用性は魅力

今回のマキタ18V充電式クリーナは、18V動作の充電式クリーナとしては高い性能を有する製品です。とは言え、他社製品では京セラインダストリアルツールズ DHC181L5がHEPAフィルタ内臓で吸込仕事率100Wのクリーナーを実現しているので、18Vクラスの高性能仕様クリーナーとしては比較的後手の製品です。

マキタの充電式シリーズ展開としては、40Vmaxクリーナーを高出力モデルとしてアピールしたい戦略があったものと考えられますが、普及度の関係上18Vモデルを出さざるを得なくなった印象があります。この辺りは40Vmax展開において色々と練り直しが行われていると予想しています。

吸込仕事率の点では実用的に18Vも40maxモデルに大きな違いはありませんが、標準付属の18V-3.0Ahバッテリーだとパワフルモード動作時に8分しか動かせないので、別売の18V-6.0Ahバッテリーを使用するのがおすすめかもしれません。

まとめ

マキタ 充電式クリーナ CL284FD/CL285FD/CL286FD

VOLTECHNO製品評価 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)

18Vバッテリー動作の充電式クリーナ、最大吸込仕事率125W

良い点
  • 吸込仕事率125Wの高出力
悪い点
  • 付属仕様のバッテリーが3.0Ah

CL284FD(カプセル式)

CL285FD(紙パック式)

CL286FD(サイクロン一体式)

よく比較される工具

HiKOKI R36DB

2022年9月発売

マキタ CL001G

2021年2月発売

マキタ CL002G

2021年11月発売

マキタ CL003G

2022年3月発売

関連アクセサリ・別販売品・消耗品

ノズルアタッチメント

ブラシアタッチメント

ソフトバッグ

マキタ(Makita)
¥2,606 (2024/04/24 07:55:08時点 Amazon調べ-詳細)

ロック付きサイクロンアタッチメント

ロック付きパイプ

マキタ 18Vシリーズ予備バッテリー

バッテリアダプタ

充電器

¥5,870 (2024/04/24 11:25:58時点 楽天市場調べ-詳細)
¥14,850 (2024/04/24 21:33:34時点 楽天市場調べ-詳細)
¥22,799 (2024/04/24 02:10:11時点 楽天市場調べ-詳細)

パワーソースキット

ポータブル電源

バッテリチェッカ

Return Top