VOLTECHNO(ボルテクノ)

ガジェットとモノづくりのニッチな情報を伝えるメディア

2022年8月9日

マキタ CW003G 充電式保冷温庫を発売、小形サイズの7Lモデル

マキタ CW003G 充電式保冷温庫を発売、小形サイズの7Lモデル

電動工具を製造・販売する株式会社マキタ(本社:愛知県安城市)は、2021年4月に新型の40Vmax対応 充電式保冷温庫 CW003Gを発売する。40Vmax/18V/AC電源/シガーソケットの4電源に対応し、庫内容量7L仕様で500mlペットボトルを6本収納できる。本体希望販売価格は69,800円(税抜)

マキタ 充電式保冷温庫 CW003G

電動工具を製造・販売する株式会社マキタ(本社:愛知県安城市)は、2021年4月に新型の40Vmax対応 充電式保冷温庫 CW003Gを発売します。

本機はコンプレッサ方式の充電式保冷温庫で温度範囲は-18~60℃の保冷・保温動作に対応し、庫内容量7L仕様を備えるコンパクトサイズモデルです。40Vmax/18V/AC電源/シガーソケットの4電源に対応し幅広い環境での動作に対応します。

動作時間は40Vmaxバッテリー BL4050F装着時に5℃冷却動作で最大16時間30分の連続稼働に対応します。

製品仕様は本体カラーが異なるCW003GZ(ブルー)CW003GZO(オリーブ)の2色で展開します。販売仕様は本体のみのGZで販売されます。

製品仕様 (マキタ保冷温庫シリーズ比較)

製品名 CW001G CW002G CW003G
外観
庫内容量 20L 50L 7L
500mlボトル換算 20本 50本 6本
2Lボトル換算 4本 15本
能力 冷却時:90W
加熱時:42W
冷却時:120W
加熱時:85W
冷却時:65W
加熱時:36W
温度設定(保温) 30/35/40/45/50/55/60℃
温度設定(保冷)  -18/-15/-10/-5/0/5/10℃
対応電源 40Vmax/18V/AC100V/DC12-24
バッテリ差し込み数 2本 2本 1本
冷却方式 コンプレッサ
温蔵方式 ワイヤヒーター
防水保護等級 IPX4
カラー マキタブルー・オリーブ
重量 16.1kg
(BL4050F×2 装着時)
27kg
(BL4050F×2 装着時)
8.8kg
(BL4050F 装着時)
寸法 663×341×372mm 867×465×476mm 456×245×308mm
本体価格 71,500円(税別) 125,800円(税別) 69,800円(税別)
販売年月 2021年6月 2022年7月 2022年4月

製品の特徴
「庫内容量7Lの小型充電式保冷温庫」

本機はバッテリーを搭載して庫内を「冷やす」充電式のクーラーボックスです。2022年モデルでは、庫内容量7LのコンパクトサイズのCW003Gが新たに加わりました。

庫内容量7L・500mLペットボトルが約6本入る庫内寸法で、車の助手席に置いても邪魔になりにくいコンパクトなサイズの充電式保冷温庫です。

ヒータも内蔵しているので、庫内を温める保温モードで庫内を温めることもできます。保温温度設定は30~60℃の7段階で切り替え可能です。

折り畳みできるU型ハンドルを搭載

折り畳み可能なUじハンドルを備え、ハンドル穴部分にショルダーベルトを取り付けて肩掛け移動も可能です。

20LモデルのCW001Gと異なり、キャスターを使わなくても運搬できるので段差やコード・ホースの多い現場でも簡単に運搬できます。

40Vmax/18V/AC100V/シガーソケットに対応

マキタ40Vmax/18Vバッテリー・ACアダプタ100V・シガーライターソケット12-24Vの3電源の動作に対応します。

USB Aポート搭載

バッテリー装着口にはUSB端子を搭載しスマホ・タブレットなどのUSB機器の充電に対応します。USB出力仕様は5V-2.4Aです。。

栓抜き付き

本体側面に栓抜きが付いているので瓶飲料を空けることもできます。キャンプやバーベキューのレジャーで瓶飲料を持ち込むときに活躍します。

防水保護等級IPX4に適合

防水保護等級IPX4に適合(バッテリ使用時のみ)。屋外での使用も安心、軽い雨天下でも動作します。

小型で持ち運びには最適なサイズだが、価格は据え置き

7Lの小型モデルとなったCW003Gは、1人現場や乗用車への常載に適したモデルであり、アウトドア用途などでは少し物足りなくなってしまいそうなクラスです。価格的にも20LモデルのCW001Gと変わりが無く、庫内容量に対する価格設定の高さに敬遠してしまう方も多いと思います。

心情的には割高な印象を受けてしまうものの、製造原価的には冷却機構や電源部分が製造原価の大部分を占めており、庫内容量は原価にそこまで大きな影響を与えるものではないと考えています。それを踏まえれば、サイズの違いで価格のバリエーションを出せなかったのも仕方ないかなと考えています。

このサイズであればコンプレッサ方式ではなくペルチェ方式にすることでより安く・よりコンパクトになりますが、冷却能力や稼働時間が大きく落ちてしまう欠点が生まれてしまいます。実際ペルチェ方式のHiKOKI UL18DAなどは市場からほぼ一掃されてしまったので、例え安くできようとも、CW180Dの発売以降に定着してしまったコンプレッサ冷却方式から戻せるものではないと判断したのかもしれません。

賛否両論な製品仕様ですが、製品のバリエーション展開の一環として捉えるならば悪く無い仕様かなと見ています。冷温庫のバリエーションは基本的に小さくするか大きくするしかなく、このサイズを求めているユーザーは一定数いるでしょうし、毎年酷暑に耐えている一人親方の方などには刺さる仕様ではないでしょうか。

余談ですが、25LモデルのCW001Gや今回のCW003G、さらにHiKOKI UL18DBなど充電式保冷温庫のような大型製品が増えている昨今、陳列棚や倉庫スペースを圧迫する製品は加速度的に増えており、この先の販売スペースをどうやって確保するかが販売店の悩みの種になってしまいそうです。

CW003G まとめ

マキタ 充電式保冷温庫 CW003G

VOLTECHNO製品評価 4 out of 5 stars (4 / 5)

7L仕様のコンパクトサイズ充電式保冷温庫

良い点
  • コンパクトサイズのコンプレッサ式保冷温庫
  • バッテリ込10kg以下の重量
  • 可搬性に優れる
  • 栓抜き付き
悪い点
  • 価格は高め
  • 500mLペットボトル6本分しか入らない

よく比較される工具

マキタ CW002G

2022年7月発売

HiKOKI UL18DC

2022年6月発売

マキタ CW001G

2021年6月発売

HiKOKI UL18DB

2021年6月発売

マキタ CW180D

2020年5月発売

関連アクセサリ・別販売品・消耗品

40Vmaxシリーズ 予備バッテリ

40Vmaxシリーズ 充電器

¥11,616 (2022/10/03 18:32:38時点 楽天市場調べ-詳細)
¥22,521 (2022/10/03 18:32:38時点 楽天市場調べ-詳細)

40Vmaxシリーズ パワーソースキット

ポータブル電源

Return Top