VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディア

2021年10月17日

マキタ MLM001CZ 充電式芝刈機を発売、1充電で2,000坪の芝刈り作業に対応

マキタ MLM001CZ 充電式芝刈機を発売、1充電で2,000坪の芝刈り作業に対応

電動工具を製造・販売する株式会社マキタ(本社:愛知県安城市)は2021年2月にコネクタ接続方式の充電式芝刈機 MLM001CZを発売する。コネクタ接続方式では初の充電式芝刈機、ポータブル電源PDC1200装着で最大2,080坪の芝刈面積に対応する。

マキタ 充電式芝刈機 MLM001CZ

電動工具を製造・販売する株式会社マキタは、2021年3月にコネクタ接続の充電式芝刈機 MLM001CZを発売する。

MLM001CZは、刈込幅530mm コネクタ接続式の充電式芝刈機です。大容量バッテリーのポータブル電源の装着により1度の充電で広い面積の芝刈作業に対応。対応ポータブル電源はPDC01とPDC1200の2機種。PDC01の使用時では18Vスライドバッテリーの運用にも対応する。

自走モーター搭載による芝刈り作業の負担軽減、高剛性のスチール・アルミデッキによる高い耐久性、芝刈りの作業効率を向上させる刃物形状の最適化や、サイドディスチャージ・マルチング機能など各種機能を搭載。

1充電あたりの作業面積はPDC1200装着時で自走時 約1,540坪(5,100m2)、手押し時 約2,080坪(6,900m2)。

販売仕様は、本体のみのMLM001CZを展開する。

  • MLM001CZ 本体のみ 129,000円(税抜)

MLM001CZ製品仕様

製品名 MLM001CZ
刈込幅 530mm
刈込み高さ 20~100mm(10段階)
回転数 標準モード:2,800min-1
静音モード:2,300min-1
動作電圧 36V
重量 46kg
寸法 1,630-1,715×590×990-1,095mm

製品の特徴「コネクタ接続の充電式芝刈機」

MLM001CZは、コネクタ接続対応モデル初の充電式芝刈機です。

コネクタ接続とは、マキタのポータブル電源PDC01/PDC1200等からコネクタ直差しで動作するマキタ独自の方式です。背負い式の電源による大容量を生かした長時間駆動が特徴のシリーズです。

電動工具用バッテリーとして国内最大のポータブル電源 PDC1200装着時では、自走時に約1,540坪(5,100m2)、手押し時に約2,080坪(6,900m2)の面積の芝刈りを1充電で対応できます。

PDC01を使用時では従来の18Vスライドバッテリーにも対応し、自走時に約510坪(1,700m2)、手押し時に約690坪(1,700m2)の作業量に対応します。

環境に応じて切り替えられる機能切り替え3モードを搭載

  • 標準モード(2,800min-1)
    高回転でパワフルに刈り込み。落ち葉掃除にも便利
  • ソフトノーロードモード(2,300/2,800min-1)
    低負荷時は低回転、高負荷時は高回転に自動変速
  • 静音モード(2,800min-1)
    低回転で騒音が気になる場所に最適

自走用独立モータユニットを搭載

独立式の自走モーターを搭載、刈込作業時の押し込みの負担を補助します。

2.5~5.0km/hの範囲での無段変速可能に対応し、自走用の独立モーターなので刃物を回転させない自立移動もできます。

MLM001CZでは加速性能が大幅にアップ、0.5秒で全速に達するので一歩目から素早い作業性を実現。速度調整レバーで操作すれば穏やかな自走スタートも可能です。

最適刃物形状

高負荷時の回転落ちを低減する最適刃物形状。

刃物前方傾斜

後方での2度切りを防止する刃物前方傾斜。芝刈り作業時のエネルギーロスを低減。

マルチング

刈った芝を細かく砕き、肥料として芝生に撒きなおすマルチング機能を搭載。

サイドディスチャージ機能

刈った芝を横に排出して効率よく作業を進めるサイドディスチャージ機能を搭載。

IPX4防水保護等級に適合

防水保護等級IPX4(あらゆる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響を受けない。)に適合。

コネクタ接続モデルの第3段、エンジンを置き換えられる仕様

MLM001CZはコネクタ接続対応の第3段製品です。

コネクタ接続モデルは、大容量バッテリーの特徴を生かした連続稼働や大型機器に対応できる点が魅力です。

芝刈機に関しては、2020年5月にバッテリー4本搭載のMLM462Dを発売していますが、今回のMLM001CZは従来モデルとは比べ物にならないほどの圧倒的な作業量を持ち、ほとんどの用途でエンジン式を置き換えられるほどのスペックを持ちます。

価格に関しては本体価格でエンジン式とほぼ同等。バッテリーがPDC1200の実売価格15万円と初期コストがかかりますが、草刈り機MUR201CZ・ブロワMUB001CZにも転用できる魅力があります。

排ガス規制で脱エンジン化が進むこの時勢の中、エンジン機器から置き換える製品を選ぶのであればマキタ一択になるでしょう。

MLM001CZ まとめ

マキタ 充電式芝刈機 MLM001CZ

VOLTECHNO製品評価 4 out of 5 stars (4 / 5)

マキタポータブル電源専用のコネクタ接続芝刈機

18V×2モデルマキタ MLM532DZ
良い点
  • 1充電あたりの作業量が多い
  • PDC01を使えば18Vバッテリーで動作可
悪い点
  • ポータブル電源が別途必要

マキタ コネクタ接続シリーズ

ポータブル電源

Return Top