VOLTECHNO

ガジェットとモノづくりのニッチな部分を伝えるメディアサイト

HiKOKI「マルチボルト」とマキタ「40V MAX」の違い、次世代36V電動工具の違い

HiKOKI「マルチボルト」とマキタ「40V MAX」の違い、次世代36V電動工具の違い

これまでの電動工具は18Vが主流ですが、2019年10月にマキタが「40V MAX」を展開したことで、マキタ、HiKOKI(日立工機)による国内大手2社の電動工具36V化の路線が明確になりました。

この記事では、電動工具36V化のメリットと、電動工具国内2大メーカーのマキタとHiKOKI(日立工機)がそれぞれ展開する36V電動工具シリーズの違いについて解説します。

電動工具の36V化にはどんなメリットがあるか

電動工具の36V化最大のメリットは「高負荷に強くなる」点です。

原理上、 モーターは電圧を高くして電流を少なくするほど効率が上がる特徴があります。18Vから36Vへバッテリー電圧を上げても消費電力が同じモーターであれば、電流が半分になってモーター効率が上がるため、モーター発熱量も減って温度保護による停止なども発生し難くなるため、連続稼働時間を増やせて瞬間的なモータ出力の上限も上げられます。

そのため、モーターなどを使う製品の効率面で電圧を上げる事は大きなメリットとなります。

ただし、現在の36Vバッテリーは18Vバッテリーの配線を変えて36Vに変えたものに過ぎず、バッテリー自体の根本的な性能向上が伴っていません。リチウムイオンバッテリーそのものの性能は従来の18Vバッテリーから大きく変わっていないため、作業量や用途そのものに大きな革新をもたらす訳ではなく、現在の36V化はあくまでも「高出力」に重きを置いた電動工具になります。

そのため、36V電動工具の現在のメリットは、高出力を必要とするような「金物工法のインパクト」や「AC電源の取れない環境のハンマ・グラインダ」など一部の重負荷作業に限られています。

(上)マキタの36VインパクトTD001Gのセールスポイント
(下)HiKOKIの36VインパクトWH36DAのセールスポイント
図は異なるが、基本的な36Vのメリットとしてはほぼ同じ事を言っている。

メーカーによる36V工具の違い

現在、国内メーカーによる36V電動工具はHiKOKI(日立工機)が展開する「マルチボルト」シリーズと、マキタが展開する「40V MAX」シリーズが展開されています。

36V電動工具は、18Vバッテリー以上にメーカーの個性が出ており、マルチボルトでは「18Vシリーズとの互換性」、40V MAXでは「IP56対応の防水防じんバッテリー」と大きな違いがあります。

36Vの電動工具シリーズのどちらかを選ぶのかの基準は、18V電動工具の時と同じく、製品ラインナップ数やメーカーのサポート、周囲とバッテリーを揃える必要性などがそれぞれの特徴から選ぶ事になります。

18Vとの互換機能を搭載するHiKOKIの「マルチボルト」

HiKOKI(日立工機)が展開する36V電動工具は「マルチボルト」シリーズです。

マルチボルトは名前の通り18Vとの互換機能を備えているのが特徴です。マルチボルトバッテリーであればこれまでの18V電動工具とマルチボルト36V電動工具をマルチボルトバッテリー1つで対応できます。そのため、HiKOKI(日立工機)ユーザーであれば、これまで使用してきた電動工具をそのまま使い続ける事が可能です。

マルチボルト対応の36V電動工具であれば、別売りのACアダプタ「ET36A」を使ったAC電源での動作にも対応するので、バッテリーでのコードレス運用からAC電源のような定置運用まで広く対応できるのが大きな強みです。

18V互換機能によるパワーや効率低下の心配はなし

一部の電動工具ユーザーの間では「マルチボルトは18V互換のため36Vの力を発揮できない」と囁かれていますが、HiKOKIのマルチボルトバッテリーは、18Vと36Vどちらの動作でも力を発揮できる構造になっています。

マルチボルトは配線の切り替えによる直並列の切り替えで電圧切り替えを実現しているため、18Vと36Vの互換性を持たせたからと言ってパワーの低下や制限などは発生しません。

マルチボルトの端子構造解説図。(左)18V製品差し込み時、(右)マルチボルト36V製品差し込み時
マルチボルトの電圧切り替えは、バッテリー端子と工具端子間の配線切替によって実現しているため、電圧切り替えに伴う損失やパワー低下などは発生しない。(参考:特開2019-021603)

バッテリーのIP56対応で環境を選ばないマキタ「40V MAX」

マキタが2019年10月に新しく展開した36V電動工具シリーズが「40V MAX」シリーズです。

この36Vシリーズは、電動工具業界として初となる防水防じんの「IP56」に対応しているのが特徴です。そのため、防水対応の電動工具と合わせればバッテリーと工具の両方の防水対応を実現できるシリーズとなっています。

ブランド名こそ「40V MAX」となっていますが、実際の中身は36Vバッテリーであり、リチウムイオンバッテリーは表現上40Vと言っても誤りではないため営業戦略上この名前にしたものと推測されます。

「40V MAX」シリーズは残念ながら、現行の主力シリーズの18V(LXT)シリーズや、これまでに展開していた36Vシリーズとの互換性を搭載していません。

本記事公開時点では、8機種の電動工具がラインナップが予定されており製品数は今後も増えていくと予想されます。

36V電動工具シリーズプラットフォーム比較

シリーズ名 マルチボルト 40V MAX
ブランドロゴ
バッテリー電圧 36V, 18V 36V
バッテリー容量 BSL36A18 2.5Ah
BSL36B18 4.0Ah
BSL36C18 1.5Ah
BL4025 2.5Ah
BL4040 4.0Ah
防水・防じん × IP56
ACアダプタ対応 ET36A ×
ラインナップ数 36V 36モデル
18V 75モデル
8モデル

今後、36V電動工具は主流になるか

36V電動工具は18V電動工具と性能を比較して、買い替えを喚起する程の性能向上を実現している製品なのでしょうか。

実際のところ、36V電動工具はそこまでの性能向上を実現しているとは言い難い製品です。「高負荷に強い」などの利点はありますが、そのメリットを受けられるような使い方をしているユーザーは一部であり、大半のユーザーは現状の18V電動工具やAC電動工具をそのまま運用し続ける方がコスト的な面で遥かに有利です。

ただ、電動工具メーカーが36V化を推進し始めた以上、今後開発される製品は36V対応の製品中心になると考えられます。しばらくは18Vとの互換性が保たれ、18Vと36Vそれぞれの製品が併売されると予想されますが、メーカーが「36Vが普及した」と認識したタイミングで18V新製品が打ち切られる可能性を考えなければなりません。そのため、新しく電動工具を購入する場合や、故障からの買い替えなどのきっかけがあるなら36Vの選択が推奨されるでしょう。(ただし、36Vが普及しなかった場合、36Vシリーズが打ち切られてしまう可能性もゼロではありません)

結論として、現状の36V電動工具は、温度保護や連続作業などで作業が止まっては困るようなユーザーに対しては非常におすすめな製品ですが、今の電動工具に満足しているユーザーに対しては無理して購入する程の製品ではないと言えます。

HiKOKIとマキタどちらの36V電動工具がおすすめか

製品ラインナップ数で36V電動工具を比較するなら、2年間先行した製品ラインナップ数と18Vバッテリーの互換性からHiKOKIのマルチボルトがおすすめです。特に、HiKOKI(日立工機)製品を使い続けたユーザーであれば、マルチボルトを購入してもバッテリーの互換性が保たれるため、ほぼマルチボルト購入1択となるでしょう。

マキタユーザーの場合は、どちらを選んでも本体・充電器・バッテリーの一式購入となるため、マキタユーザーとして40V MAXを購入するか、マルチボルトを選んでHiKOKIデビューするかは悩みどころです。

現時点の36V電動工具はHiKOKIのアドバンテージが非常に強く、製品ラインナップや互換性、大型電池BSL36B18バッテリーやACアダプタが展開されているマルチボルトを選択するのが必然となるでしょう。

現状ではマキタ40V MAXのラインナップ数はあまりにも少なく、今後のマキタのラインナップ拡充ペース次第で状況は大きく変わるかもしれません。しかし、36V電動工具自体が早急に必要となるほどの性能向上を実現した製品ではないため、買い替え等を検討しているのであれば、もうしばらく様子見でも良いかもしれません。

Return Top